2023年09月12日

TBS『中居大悟と言いたい女』出演


0FBE05CE-D639-42AA-923B-6DA7D1F53261.jpg

先日お知らせしたバラエティー番組出演について、
情報解禁となったのでお知らせしまーす。

TBS『中居大悟と言いたい女』
2023年9月16日(土)14:00〜

土曜☆ブレイク『中居大悟と言いたい女』|TBSテレビ

歌ネタではなく蕎麦ネタです〜

土曜日の午後というみなさん一番お家に居ない時間かと思いますが
もしお時間合いましたら!












posted by aya at 21:18 | Comment(1) | aya>お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月29日

テレビ出演

B85C5E28-6005-4CE8-89B8-C49DB275D6B9.jpg



今日はTBSにてテレビ出演のお仕事でした〜

歌ではなく蕎麦ネタです!

詳細は近日告知いたしまーす



2E2E4F6A-0339-41E3-A967-BE40792BABD4.jpg

posted by aya at 01:47 | Comment(0) | aya>お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月09日

茨城・常陸津田「だぼう」



まず予約の電話の時点で驚いたのだ。

私はちょっと遠方のお蕎麦屋さんに出かける時は
万が一臨時休業などということがあっては困るので
あらかじめ営業確認の電話をすることにしている。

このお店にも、前もって「今度の○日は営業していらっしゃいますか?」
と 電話で尋ねてみた。
すると、かなりの早口、はっきりとした滑舌による
次の言葉が私の耳を駆け抜けたのだ。

「ハイッ事故事件社会の変動、コロナによる制限がない限り営業いたします!!!!!」

その言葉は少しの澱みもない早口で、イメージとしては
昭和初期の高めの声の男性アナウンサーのような声。
(参考例・前畑ガンバレ(笑))
私は落語に出てくるボンヤリさんのように

「・・・?  いま、なにが聞こえたの・・・?」

と、ぽかーんとしてしまったが、
耳に残った響きを解析してやっと理解した。
それにしても、面白すぎる人が電話に出たぞ!?
女性・・・だったのかな?声の高い男性かな・・・??

何にせよタダモノではないことは
その1分にも満たない電話でも伝わってきた。
そんな人がいるお店、どんなお店なんだろう?
とワクワクしながら当日の夜お店に行った。


IMG_4281.jpeg


緑に囲まれた静かな佇まいは素晴らしいムード。
壁に自由に大胆に書かれた店名が、何となくあの電話で聞いた声と
リンクするような気もしてくる。

IMG_4283.jpeg


この中にどんな世界があるのだろう?
とちょっと立ち止まって深呼吸したくなるような
少し緊張感のある扉。

IMG_4284.jpeg



ところが店内は打って変わって楽しい温かいムード!
店内はすでにお客さんでいっぱいで、どのテーブルも楽しそう。


IMG_4316.jpeg

IMG_4317.jpeg


メニューは美味しそうなものがたくさんあってもう大変。
とりあえずおそばは細打ちと太打ち2種あるので、
宇宙の真理のように当然両方を食べます!!

定番の蕎麦メニュー、おつまみメニューだけでも迷っちゃうのに
別紙の本日のメニューがまたヤバすぎる。

IMG_4288.JPG

ぎゃあああああ
どうすんの!?
(この日一軒目のお蕎麦屋さんならいいのですが、
実はこの日もうすでに○軒目・・・笑)




とりあえず野菜不足になりがちな
蕎麦旅dayなので野菜を食べたくてこちらを。



「海老と豆腐とトマトのサラダ」
IMG_4290.jpeg

このたっぷりかけられているのはマヨネーズではなく
自家製なのかな、マスタードマヨネーズ?
なかなかユニークな美味しさ。


そして今日は私にしては珍しいものを選んでみました。
日頃、私は、天ぷらは天ぷらだけ、
お蕎麦さんとはお蕎麦さんと二人きりで会いたいので、
普段は天ざるはあまり頼まないのだが
(それどころか天ざるを頼んで天ぷらを先に持ってきて欲しいとかわがまま言ったりする・・・ごめんなさい笑)
今日は、この天ざるのメンバーがあまりに魅力的でつい天ざる を選んでしまった。
柳カレイ、海老一尾、かぼちゃ、舞茸
って、 そそられますよねー!


「日替わり天ざる」
IMG_4294.jpeg

IMG_4302.jpeg

エビが大ぶりで美味しい〜
そして舞茸のバリバリッぷりは多分私人生一くらい!?
バリバリすぎて舞茸に到達できる気がしないのは初めて(笑)。


お楽しみの柳ガレイは後から揚げたてがやってきました〜

IMG_4305.jpeg

こ〜れ〜が〜ねーー!!
もう何と言うか、
このメニューを選んだ自分の目の付け所にうっとりしちゃう位の激ウマで!!
(なぜ自分の手柄にする)
でも本当に、 たくさんの本日のメニューの中から
この柳ガレイが一番に目に飛び込んできたんですよねえ〜♡
脂がのって柳ガレイの豊かな旨みが濃厚で最高!!
柳カレイと海老とかぼちゃと舞茸って、
組み合わせが最高すぎませんか?
いや〜〜まいった!ヤラレました!!



そして皆様、先程の天ざるの写真で、お蕎麦見ましたか?
えっ見てないの!?
話を混乱させないようにここまでお蕎麦に ついては、言及せずに書いてきましたが、
私は見た瞬間、ハートを射抜かれて息が止まりそうになりました・・・


だって、これですよ!?

IMG_4295.jpeg

ぎゃーーーーーーー


IMG_4298.jpeg

ギャオ〜ン うぎゃ〜〜〜〜〜〜〜!!(壊れた)


これはね、絶対美味しいです。
やばいです。
どうしよう、期待してたけどそれを遥か超えるものがやってきてしまい
心が大津波状態!!
これってねえ〜茨城蕎麦屋あるあるなんですよねえ〜茨城って本当にすごいところだわ〜


箸先から香りを寄せた瞬間、
全身を突き抜ける感動が電流のように走った。
なんと素晴らしい、黒く香ばしい香り!!
甘さも少しあるが重たさも嫌味も全くない、
男性的でたまらなくいい香りだ。
そしてこれだけゴッツゴツの見た目だが
舌触りは意外と優しさを感じるほど。
ザラザラだけどつぶつぶではない、粗挽きの心地よい舌触り。
このバランスがニクすぎる。
惚れた!!
美味しすぎる!!
最高のお蕎麦だあああああーーー!!



ちなみに、太打ちはこちら。

IMG_4313.jpeg

細打ちとは全く同じおそばで、切り方が違うだけなので
さすがに香りは同じです。
思い切り太くてムッチムチ、モグモグ噛んで食べるお蕎麦。
不思議とこちらの方が粗挽き感を感じない。
どちらかを選べと言われたら、やっぱり細打ちかなぁ〜
でも、どちらも、 味も香りも最高の最高!!


ああ〜 本当に来てよかったあ〜〜〜〜〜




さて、冒頭で書いた謎の電話の声の主であるが・・・

やはり店主の女性の方でした!
帽子を被った姿はちょっと個性的で
溌剌とエネルギーに満ちた話し方もまさにあの時の電話のイメージ。

この方が本当に面白くて、 お客さんは常連の人が多いらしく
後半は各テーブルを回って陽気におしゃべりをしていました。
小耳に挟んだだけでもクスッと笑っちゃった(* ̄∇ ̄*)

常連さんのテーブルだけかと思ったら、私のところにもやってきて
(私が食べた エビの入った天せいろは提供が遅かったらしい)

「エビすみませんねえー
海に捕りにいってたんもんでー!」

と一発私を笑わせて去って行きました(笑)
会計時も笑わせてくれました(笑)





先程、茨城あるあると書きましたが
茨城って本当に名店だらけで困っちゃうんですよね〜〜
命、もといお腹がいくつあっても足りやしない!!(笑)


夢は、1日に一見だけ茨城の蕎麦屋さんに行って
食べたいもの全部食べる♡ことですが
そんな日はおそらく一生来なさそうです・・・

















<h10f10>
posted by aya at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関東の蕎麦>茨城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月02日

経堂「しらかめ」


高遠彩子の「好き過ぎて書けない店」シリーズ!

何度行っても書くのを後回しにしてしまい
全然書けない店というのがある。

あまりにも感激が大き過ぎて、愛が深過ぎて
私なんかの筆ではとても足りない、
どう書けばいいかわからない、と思ってしまうと
ものすごく筆が重くなり結局書かず仕舞いになってしまうのだ。
(書いたとしても動物化して吠えてばかりの文章になる笑)


この店はそんな「書けない店」の典型なのであります〜



大体、この店構えはなんなのよ。

IMG_5016.jpeg

目立たないにも程がある!!
しかもね、かっこつけて目立たないようにしてるとかじゃあ
全然ないんですよね(≧∇≦)
場所も、辺鄙とか奥まってるとかではなくて
駅から続く商店街からすぐの立地で、ちゃんと看板もある。
だけど、ナチュラル〜〜にこうなってるんです。
目立とうという気持ちもかっこつけようという気持ちもないまま
このさりげなさに至っている。
かっこよすぎるやろーーーーー!!
もうこの時点でシビレまくりだぜ!!



店内は薄暗く、ちょっと雑然とした感じもあり、
そこに座ると妙に落ち着く。
薄暗いため蕎麦の写真が映えないことこの上ないが
(好きな人の肌を感動のまま写真に落とし込めないと必要以上に落ち込む)
この店に関しては、それでも全然いいなと思ってしまう。


メニューは昼と夜で違うので、
夜来たら「よるかめ」の方を見るのだが
気になるので「ひるかめ」の方も、全てのページをガン見する。

IMG_5027.jpeg

IMG_5029.jpeg

それぞれめっちゃくちゃ美味しいもの揃いなので
誘惑されまくり〜〜♡




そしてここは店も魅力的だが
店主夫妻のミリョクテキっぷりがヤバイんです。
あんまり書くとキモいのでさらっと書くが
店主はめっちゃめっちゃイケメンだし、
奥さんの可愛さときたらアナタもーもーもー、
見た目も中身もセンスもキャラも(超ナチュラルで日本人離れした個性)
おっさん高遠彩子はもう眩しくって眩しくって目が開けられないのであります。
二人を主人公にして映画撮りたいよね?と本気で思う。
(私はそんなに映画通ではないはずなのになぜか映画を撮ってる夢をよく観ます笑)


仮に店主夫妻に全く出会わなかったとしても
食べるものは全てめちゃくちゃ美味しいので
もう恋に堕ちるしかないのだ。


「鴨ロース」
IMG_5047 (1).jpeg

IMG_5050 (1).jpeg

もう、見ただけで分かりますよね!?
お分かりですよね!?(愛爆発で何故か脅迫口調(笑))
ここの鴨ロースのおいしさはそんじょそこらの鴨ロースとは
全く別物と言ってしまいたい、大気圏ブチ抜け級、宇宙一の美味しさ!!
超薄切りだが一枚一枚の美味しさのパワーがとにかく強烈で
なんだか私にはわからないような
超高級ワインに漬けてましたかっていうような深ーい旨みと甘みがあって
私の脳も体も全部とろんとろんとろけそう。
最近は冷凍するのが当たり前の肉類ですが、ここは何とですよ、
毎日「しめたての鴨」を豊洲から入れているそうで・・・
素材も違うが腕も違う。
ああこれ毎日食べてダメ人間になりたい・・・


そして畳み掛けるように、
私を狂わせるものがどんどんやってきます。


「そばがき」
IMG_5069.jpeg

ここのそばがきを、私がどれほど愛しているか、
私はもう書きたくなんかない。
この愛を文章にするなんて無理だからだ。


IMG_5068.jpeg

ほわーっと香るふくよかな、そして力強さも感じる香り。
ひとくち口に含んで、笑いが止まらなくなった!
なんですかこのスーパースペシャルな食感はーーーー!!
他では経験したことのない、スーパーフワンフワンのそばがき!
口の中でとろけるとかそんなレベルははるか超えて、
もう私が食べているのか私が食べられているのか分からないレベル(意味不明笑)。
ふわふわの〜モワモワの〜、ぽってりふっくらスーパーエアリー!!
その全てが最高の香りに包まれ(うん、益子と言われれば確かに!!♡)
美しい味わいは常に口の中であたらしく生まれ続け、
周りの蕎麦湯がまた濃厚で死ぬほど美味しい!!!

もう、私は壊れましたので失礼します

地球のみなさんさようなら・・・



「穴子の出汁巻き」
IMG_5055.jpeg

IMG_5062.jpeg

これまたね〜〜!!
もうただただニクイとしか言いようのない
腕とセンスの素晴らしさ!!
卵の部分はほんのりとした出汁の味わい、甘みも塩分も控えめで
ホワホワぽってり、その上品さにうっとり。
そこにガツーーンと濃い穴子!
もはや味噌?ってくらいの濃厚さで
そのバランスが本当に素晴らしい。
美味しい!!!



「切り干し大根とクレソンの胡麻和え」
IMG_5051 (1).jpeg

これもメニューのセンスからしてめっちゃ好み!!
クレソンはふわっと軽やか、切り干しはジューシー。
和の甘い味付けが苦手の私には胡麻和えっていうと
苦手なことも多いのだが、ここのはもちろん、
胡麻の風味がとても美味しい。
これは家で真似しよう〜〜♡




そしていよいよ・・・

私が本格的にブッ壊れるときがやってまいりました・・・


「もり」
IMG_5083.jpeg

真っ暗けにつき写真ではその肌の魅力を伝えられないのが
もどかしいですが・・・


IMG_5085.jpeg


箸先から香りを寄せると・・・
深く香ばしくたくましい香りがむわんむわんに香っておりますーー!!
それがずーーっと香りっぱなしどころか、どんどん濃くなるのが嬉しすぎる。
口に含むとパッキリとした硬めの輪郭線、
でありつつ噛み締めると細打ちでしなやかなのが凄い。
噛み締めた味も超濃厚で、舌に押し込まれるように
甘みと滋味深さがガツンガツン伝わってくる。
超濃厚系って、濃厚すぎてちょっとクドイ感じに停滞するイメージのものもあるのだが
「しらかめ」の蕎麦は、そういうポイントには全く触れずに
さらっと超濃厚に吹き抜ける、そんなニクさなのだ。
そばがき同様、栃木県益子のお蕎麦。

ここの蕎麦がスーパー美味しいのは紀元前から決まっていることなのだが
特筆すべきは蕎麦汁の美味しさ。
ご存知のように、私はおいしい手打ち蕎麦には
最初から最後まで蕎麦汁を1回もつけずに完食してしまう大悪党で
それはやはり蕎麦の香りというものが好きすぎるので、蕎麦汁につけると
やはりどうしてもその風味が邪魔でがっかりしてしまうことがほとんどだからである。
特にこの店のようにお蕎麦が猛烈に美味しい店であればあるほど蕎麦汁は付けたくない。
しかしここはねから、つけたらつけたで、ミラクルなことが起こるわけですよ!!
私からすると非常に個性的な汁で、なんというか、タテに深い。
(私の味に対する抽象的な表現は一般的に意味不明であることが多いので無視してください笑)
甘みも出汁らしい甘みがしっかりあるのだが、とてもストイックで横に広がらない味わい。
それが、ひとたび蕎麦をつけると
濃厚な汁の味を飛び越えて蕎麦が香ってくる。蕎麦を鮮やかに味わえる。
なんじゃこりゃ!!!つけても美味しいのやめて欲しいんですけど!!
(最低2枚食べたくなる・・・)



デザートにはこちらをいただきました♡

「牡蠣とあおさのつけ蕎麦」
IMG_5078.jpeg

まずこのビジュアルだけ見たら何事かと思いますよね?
このクリーミーな汁に、せいろ蕎麦をつけて食べるわけです。
これがまあ〜めっちゃめっちゃ美味しい!!

IMG_5091.jpeg

もったりとクリーミー、濃厚な牡蠣シチューみたい。
だがしつこさは全然なく牡蠣の旨みが全体をすっきりと支配している。
バターとか牛乳じゃなく豆乳だからなんですね。(豆乳大好き♡)
ただこれに関しては、この汁自体が美味しすぎるのとかなりすっきりめなため
この汁だけでガブガブ飲みたくなってしまい、
結局つけ汁とお蕎麦、別々に食べるのが私は幸せでした。。。
美味しかったあああ〜〜!



「牡蠣とあおさのつけ蕎麦」があまりにも美味しくて
もう一個デザート頼んじゃいました。
(どんだけお蕎麦が入る胃袋なのか)



「九条ねぎと刻みきつねのぶっかけ」
IMG_5094.jpeg

もう〜 こんなの美味しいに決まってますよね〜



「しらかめ」さんのセンスはほんとーーうにヤバイ!!



もう十分有名だが、これ以上人に知られたくないお店。


このひっそり感、美味しさ、全てのセンスがたまらなく好きなので

このままでいて欲しいお店なんだなあ〜・・・





IMG_5102.jpeg


















<s9switht95>

posted by aya at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月29日

7月/スノーケリング&キャンプ

山の子が海に行ってきたよ〜

今年も楽しいお仲間と、お気に入りの超絶穴場ポイントでスノーケリング&キャンプ!

私は肌が弱いので海はとにかく紫外線との戦いがめちゃめちゃ大変なのですが(山と違ってどうしてもガードしきれない)、それでも海に入ると毎回嬉しくって楽しくって大笑いが止まりません!
(死んじゃうくらいたのしー!!ヤバイー!!って叫んでたね。。って言われました(笑))

ここはものすごーーく海が綺麗な浅瀬の岩場なので、かわいいお魚がいっぱい!
太陽の光を受け止めた水面のゆらめきが水底に映り、目に見えるもの全てがキラキラ青く輝いて、そんなところで可愛いお魚追いかけて四肢を伸ばして泳ぐ喜びときたらもーー!♡
私はもともと泳ぐのが大好きなのでスノーケリングベスト外して泳ぐ方が気持ちよくて好きなのですが、ベストつけないとラッシュガードがめくれてこれまた日焼けの危機だったので大人しくつけて泳いでました。ちーん。

山と違って海にはスマホカメラ持っていかれず(防水ケース買おうよ(笑))写真はテント付近しかないですが、みんなで美味しいもの色々作りまくって(私はいつものベトナムにんじんサラダ)波の音を聞きながら寝て楽しかった〜

あんなに頑張って紫外線対策したのに、やっぱり肌にはいろんなトラブルが起こってしまい(涙)やっぱり私が海に行くのはとてもハードルが高いのですが、8月も懲りずにまた行くんだな〜 (≧∇≦)うひひ


5E81C779-3E29-4869-BFCC-2C0AA82045CA.jpg
集合場所にて。海コーデ〜♪とか言ってられたのもこの辺までで、現地では紫外線との戦いです(笑)




EA7C9DE4-F8C9-483E-9078-4FA3F94A949E.jpg
今回のめっちゃめっちゃ可愛いお仲間、まめちゃん♡



CC802586-510C-4819-B6C6-C6349B8F15FC.jpg
波の音に包まれて眠るしあわせ。いろいろと丸見えではありますが(笑)





9CDD6241-C221-4E21-BDED-AD7E303A5070.jpg
ここのキャンプ場はガチ勢揃いでチャラさがなくとても静かです






5BA86C3D-8FF3-4D18-8C79-D75F7F6D125E.jpg
鮑取りの女・・・は喜多川歌麿ですが鮑取りではありません (≧∇≦)






EF79C626-3BEB-414F-828D-D9680E2B9247.jpg

なにしろ料理のプロもキャンプのプロもいるので美味しいものだらけでした〜




BEEB3360-FAFE-4446-B758-106863447365.jpg
耳の奥記憶を撫でる波の音




















posted by aya at 12:36 | Comment(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする