2017年01月10日

早稲田「汐見」


風の強い日はどきどきする。

街のどこかで目に見えない大きなものが生まれているような、
自分の野生が掘り起こされるような、
不思議な感覚の中で私はどきどきする。


いや、でも今日のは完全に「恋のどきどき」ですね、お蕎麦への(≧∇≦)♡

ずーっとここに、来たかった。

大切に気持ちをあたためて、
楽しみに楽しみにやってきた「汐見」。

IMG_2666.jpg



いやーん コースも楽しそう♡

IMG_2567.jpg

お蕎麦が「せいろ」+「かけ」とは、粋ですねえ〜
そばがき椀てどんなのだろ?
和食の椀物風に出てくるのかな?
そばがきワン? U^ェ^U


でもやっぱりわがままな私は
どこでもアラカルトに惹かれてしまう。

IMG_2566.jpg
(この繊維強靭な和紙もすごい!)



明るく綺麗な店内には、すでにお酒とおつまみでくつろいでいるお客さんたち。
カウンター内の厨房にはパリッとした白衣姿の料理人たちがキビキビと働いていて
いかにも美味しそうなものが出てきそうな気配ムンムン。

IMG_2656 (1).jpg

私が思い描いていた通りの、これぞ名店!な雰囲気に
何も食べてないうちから嬉しさ絶頂気味!!
ぶ、ブレーキをかけねば・・・


しかしブレーキどころか
これではますます加速しちゃうじゃないですか〜

IMG_2615.jpg

どれも美味しそうすぎる・・・♡


IMG_2586.jpg

いいですねえ〜
もう楽しくてたまんないですねえ〜

しかもこんなページも。

IMG_2581.jpg

人肌燗、ぬる燗、上燗、熱燗、飛び切り燗。
それぞれの温度も書いてあり、これは通にはたまらない案内だろう。
好きなお酒をいろんな温度で試したくなるし
外国人に説明したら面白がりそう (≧∇≦)/


まずはおもてなしのこんな一杯。
お酒ではありませんよ〜(^^)

IMG_2568.jpg

あざやかなピンクが美しい、「紅芯大根のあたたかいすり流し」。
新鮮な野菜の風味と上品な出汁が軽やかにまとまっていて
これからの時間に期待高まりまくる素晴らしいスタート (≧∇≦)/


「開運」
IMG_2575.jpg

メニューに「グラス販売」ってありましたが
こういうグラスで来るとは♡
しかも大好きな「開運」。
うーん なんかこれはいつも以上に入り口がすっきりしていて
なんだか飲めちゃいそうで危険危険危険〜
うはっはっはっは〜〜〜(≧∇≦)



というわけでわたくし、例になくウカレて心が宙に飛んでしまい
なんと美しいお通しの写真を撮り忘れるという大失態!!

IMG_2590.jpg

お見苦しい食べかけで申し訳ありません・・・
「擬製豆腐と鯛のお寿司とおひたし」。
アニサキスアレルギー2年目につき「鯛のお寿司」は泣く泣く我慢しましたが
一つ一つが美しくて美味しい!
美味しいお店かどうかってこの時点で分かっちゃいますよね〜♪


「季節野菜の白和え」
IMG_2594.jpg

白和えは大好物なので見るとついオーダーしてしまうが
豆腐と野菜の量のバランスや甘さなどお店によって実に様々。
このスナップエンドウとかぼちゃの白和えは豆腐に対して野菜多めなので
クリーミーでありながらさっぱりヘルシーな印象。
そしてくるみの食感と香ばしさが素晴らしいアクセント。
ブルーとグリーンの色合わせも素敵♡


「そばがき」
IMG_2605.jpg

ぎゃー

なんかすごいの来た!

こっ これは・・・


IMG_2602.jpg

ああああああああ

なんという、たまらない最高のかぐわしさ!!

かぐわしさの海に私自身がとろけて流れてどうにかなりそう・・・・

蕎麦の香りの清澄な美しさ。青い野生。滋味深きかぐわしさ。
全てが最高濃度で、しかも最高のバランスでこのそばがきの中にある。
それが私の全身を染め脳を染め、
本当に食べなくてもいいかなと思うほど(思うだけ(* ̄∇ ̄*) )、
香りだけで数分は恍惚としていられそうだ。
口に含むと程良くホワッもちっとした食感。
(エアリーと言う感じでもないところがまたニクい)
食べ応えもあるのに重さはないのがなんとも粋で、
私にとって「最高のスタンダード」と思える食感!ナニコレ!
それがとんでもない香しさを秘めて私に身を投げかけて来るのだから、
もうもうもう、
本当に美味しすぎて大好きすぎてどうしていいかわかりまへん・・・


食後、この蕎麦の産地を聞いて激しく納得。
数年前幻の大ヒットで私を射抜いた「群馬・赤城の蕎麦」だった。
あちこちの店で食べてどこでも恐ろしく美味しくて大感激、
忘れ得ぬあの時の蕎麦を彷彿とさせる最高の香りだ。




「鴨ハツ塩焼き」
IMG_2606.jpg

これがまた大変に美味しい!
新鮮な鴨ハツの香りと弾力、そして炭火焼きかと思うほどの香ばしさ。
シンプルな料理だからこそ素材の良さと鮮度、そして調理の腕がガツンと伝わる。
うーーーん こんなにも美味しいものばかりでは飲めない私でも
お酒が進んでしまうではないですかぁ〜(≧∇≦)



お次は
「柚子香らない方の出し巻き玉子」。
ってそんな名前のメニューはないんですが
「柚子香る出し巻き玉子」という季節メニューがあるので
柚子好きの方はそちらを(≧∇≦)


実は私、最近また「だし巻き玉子を上手に焼きたい熱」が再燃しておりまして
家で粛々と修行の日々なのです。目指すは京都「菱岩」のだし巻き!
それだけにここの出し巻きもワクワクしていたら・・

なんと〜〜、料理人さんがテーブルで盛り付けてくれるサービス!

IMG_2608.jpg

すごい、これだけ大きなの、焼く時どうやってひっくり返すんだろ?

IMG_2610 (1).jpg

ホッカホカの大きなだし巻き、一体玉子何個分!?

IMG_2614.jpg

ものすごくお腹いっぱいになりそうだ・・・と思いきや。
これがまたありえないくらいジューシーで、
スッキリ感すらある「だし汁フルな出し巻き玉子」なのです!
(こんなにジューシー&大きいのにすどうやってひっくり返すのかますます凄すぎ)
甘さが潔いほど控えめなのも
和食の甘い味付けがとことん苦手な私には大変に嬉しい。美味しい〜〜
調理&盛り付けてくれた女性スタッフのニコニコ笑顔もご馳走でした。



「きのこの天ぷら盛り合わせ」

IMG_2621.jpg

豊かな山の恵みがどっさり!
しいたけ、エリンギ、なめこ、しめじ、紫蘇。
ふんわり優しい薄衣に包まれたきのこの香り。
美味しい〜〜〜 きのこだーいすき!




そして時は満ち。

私は身を正して自分に言い聞かせる。

奇声をあげません。
飛び跳ねません。
変な息や念仏のような唸り声を店内に響かせません。

ああ ついにきちゃった・・・・!!!


IMG_2625.jpg

え・・?

えーーー!?
なんですかそのものすごい緑色は!?
やりすぎではないですか!?

そんなものすごい色してたらものすごい香り方しちゃうのでは・・・


IMG_2633.jpg

(>_<) !!!!!!

う 受け止めきれない・・・!!
ありえない、最高のかぐわしさ!!!
「洗脳」という危険ワードが閃くほど私の脳が一瞬で洗われ
最高に素晴らしい蕎麦の香りが全身を突き抜け染め尽くし何も考えられなくなる。

フレッシュでさわやかな青い野生。
澄み渡る美しいまろやかさ。
素朴さの中でもひときわフレッシュで清い部分。
それらをそのまま、清いまますくい上げ天頂に持って行って上からばら撒かれたかのように
今私の世界はこの蕎麦に染まって何も見えない。何も聞こえない。

その中で辿る食感がさらに私を恍惚の雲の奥に引きずり込む。
ナンデスカこの絶妙な素晴らしい食感は!!
粗挽きの素朴な質感+繊細、洗練の細打ちの舌触り。
噛み締めたコシはどこまでもやさしく、格別の主張しないまま確かにそこにある。
ただただ、ニクい。
こんなお蕎麦がこんな香りで、もうもう何が何だか、どうにかなりそう・・・
店の隅で謎の文言をぶつぶつ唱え蕎麦への賛美は止まらない私は
やっぱり直前の心がけの甲斐なく挙動不審者となってしまいましたが店内の皆様お許しください。

だってこのお蕎麦がおいしすぎて素晴らしすぎて

おお〜ん

おおおおお〜〜〜〜〜〜ん・・・・



というわけであんなに愛したお方はあっという間に目の前からいなくなってしまい
(愛する人を食べちゃった!残虐物語)
悩みましたがやっぱり2枚目をお願いしてしました。
あまりにも美味しすぎると2枚食べるのはバチ当たりなような気すらしてしまうのですが・・

でも、えへへへへへへ

IMG_2636.jpg

今度はさっきよりだいぶ落ち着いて眺められる。
つくづくとすごい緑だ!

IMG_2640.jpg

美しい・・・・
このたまらない粗挽きの肌。震える輪郭線。
蕎麦粒子の一粒一粒が私に語りかけてくるようだ。
(アカンまた発言&挙動不審方向に・・)

蕎麦もそばがき同様群馬・赤城の蕎麦。
今宵こんなにも美味しいお蕎麦に出会わせてくれた蕎麦打ち職人さん、
そして農家さんにも思いを馳せ、心は赤城の蕎麦畑を翔る。


IMG_2647.jpg

これだけの蕎麦粉であるから蕎麦湯も無論美味しい。
汁もまたいい。
軽やかに洗練されつつも下を支える旨みと甘みがあり、私好みの美味しい汁だ。



美しいデザートにも驚かされた。

IMG_2653.jpg

なんと「みかん大福」。
季節の果物を入れた大福をシリーズでやっているらしく、
今は和歌山産の味の濃い「こみかん」を使用しているとのこと。
実は甘いものは滅法苦手のはずの私ですが・・・
これはめちゃくちゃ美味しいぃ〜〜〜〜 (≧∇≦)
もともといちご大福は例外的に好きなのでそのせいもありますが
それにしたってやはり餡のおいしさや量などが大問題。
これは白餡が滑らかで上品で少なめ、求肥も繊細で最高♡


食後若い女性スタッフがテーブルにやってきて
こんなものをくれた。

IMG_2649.jpg

キラキラの瞳でニッコニコしながら

「お店のオリジナルのシール作ったんですけど
 わたしコレ大好きなのでもらってください!
 ね〜、いいですよね〜これ!
 どこかに貼ってくださいね〜〜!」

って、いやいやわたしはシールよりあなたがかわいいですよ、
と言ってしまいたくなる天然かわいい店員さん。
嬉しかったので私はお願いして2枚もらった。
何より、こんな風に若いスタッフが一生懸命しかものびのびと働き、
心から愛されている店というものに感動させられた。
店主の人となりが伺えるというものだ。



暖簾を出ると風はだいぶおさまり
冬とは思えないあたたかな夜になっていた。



さっきこの暖簾に向き合っていた私と同じ。

どきどきはおさまり、今はこんなにあたたかく幸せな気持ちだ。











posted by aya at 10:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

渋谷・東急東横店「総本家 小松庵」初蕎麦2017


年末のお蕎麦屋さんはどこも殺人的に忙しいので
なんとなく毎年お蕎麦屋さんに行くのを控えてしまう私。

しかしそのまま新年に突入するとお蕎麦屋さんの方は
本当なら1月いっぱい休みたいほど疲れ果てているので
新年はお休みのところが多い。
これが私の毎年恒例「新年血中蕎麦粉度の危機」である。

そんな私の強〜い味方は「デパート」!*\(^o^)/* 

デパートならほとんどのところが2日からやってるもんね〜〜〜

というわけで今年もやってきました「小松庵」。

IMG_3322.jpg

デパートの上だけに価格もデパート的ではあるのだが
「総本家 小松庵」のお蕎麦はデパートの上とは思えないくらい美味しい。
こんなお蕎麦がデパ上で食べられるありがたさ。
というわけで毎年のように「初蕎麦」は
新宿かこの渋谷の「小松庵」にお世話になって・・・
いや「救済」していただいているかも(≧∇≦)/


「十割」と「二八」両方食べられるセットを頼むと
お二人がこんなにぴったりと身を寄せ合ってやってまいりました。

IMG_3329.jpg

いやぁ〜〜〜ん なんか妬けるうぅ〜〜〜〜 (≧∇≦)♡
二人の間に入りたい。そこで眠りたい!!


IMG_3326.jpg

しかし眠っている場合ではございません。
ああああ なんていい香り・・・

ムワ〜と深く甘く香る「二八」は
つるりふっくらとした食感。
食べた瞬間、久々のお蕎麦に全身の細胞が鮮やかに蘇るような感動を覚え
思わず「おいしーーー!!」と小さく叫んでしまった。
(久々と言っても2日ぶりなんですけど。。年越し蕎麦実家で食べたしね)

「十割」の方は「二八」より密な質感でやや硬め、香りもスッキリシャープだった。
本日は北海道新得町産「レラノカオリ」新蕎麦。

「二八」の方は当然「蕎麦の香り」+「小麦の香り」がして
「十割」は「蕎麦だけの香り」がする。
それは当たり前なのだが「十割」の方が「蕎麦」の香りが強いかというと
そうとは限らないところがいつも本当に面白い。
「小麦の香りが連れてくる蕎麦の香り」というものもあると、私は思っている。
どちらの方が香るかはお店によって全く違うし
同じお店でもその時々で変わってくるのだから不思議だ。


すっかり血中蕎麦粉度を取り戻した私は
もう意味もなく楽しくて幸せで元気!!

「小松庵」さん、今年も危機から救っていただきありがとうございました〜〜




2011年11月の渋谷東急東横店「総本家 小松庵」

2010年10月の渋谷東急東横店「総本家 小松庵」

posted by aya at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

実家年越し蕎麦


年越し蕎麦は毎年美味しい手打ち蕎麦を送ってくださる
ありがたい、ありがたい、ありがた〜〜〜い方がいらして、
おかげさまで家族揃って美味しい楽しい年越しができました。

私の家族は私以外特に全く蕎麦好きでないのですが
このお蕎麦だけは超別格に美味しいと意見が一致していて
毎年ものすごく楽しみにしているのです。
それだけに茹で役、盛り付け役の私は責任重大、かなりキンチョ〜〜

IMG_3154.jpg

IMG_3151.jpg


そして今回も「そ、そんなにまで」と私がびっくりするほど
奪い合って喜んで食べる家族ととも私も大変美味しくいただきました〜。
姉曰く
「私にとっては年越しに食べるこのお蕎麦とお汁が基本になっちゃっているから
 一年中どこで食べてもイマイチ満足できない」
そうです(* ̄∇ ̄*)




そう、汁がまた絶品過ぎて!
私もこの汁は日本一好きと言っちゃいたいくらい大好きです♡

粉川さん、本当にありがとうございました〜〜!
https://www.amazon.co.jp/dp/4872732510




posted by aya at 14:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | aya>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

2017新年「霧中蕎麦山図」


遅ればせながら
あけましておめでとうございます。

sobafusumae2.jpg


毎年お正月になると物置から引っ張り出してくるこの襖絵、
「霧中蕎麦山図」とともに新年のご挨拶です。
(襖絵好きの私が以前Photoshopで作ったパロディです (≧∇≦))

ちなみに襖絵というのは「座して眺める」ために描かれておりますので
皆様お寺などで襖絵を観る機会にはぜひ正座して眺めてみてくださいね♪
お庭もですけど、見え方が全く違ってきます!
この蕎麦山も座して眺めると香りまで漂ってきますよ〜〜
(ちなみにこれは神田「眠庵」のめちゃくちゃ香るお蕎麦です(≧∇≦)♪)

蕎麦のことばかり書いている変なシンガーですが
本年もいろいろ頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。



posted by aya at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | aya>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

「永田町 黒澤」高橋邦弘さんの蕎麦



IMG_2976.jpg


年の瀬のお蕎麦屋さんはそれこそぶっ倒れそうに忙しい。

蕎麦愛余っていつも熱い思いをぶつけ押しかけお蕎麦屋さんにつきまとう
ストーカーのような私は
この時期だけは一年の反省と感謝を込めてなるべくお蕎麦屋さんに近づかないようにしている。
(しかしそうやって自主的に血中蕎麦濃度を下げたまま新年に突入すると
新年はお休みのお蕎麦屋さんが多いので毎年新年蕎麦飢餓に苦しむことを年末の私は知らない)



でもこの蕎麦会だけは別♡
ご縁あって例年参加させていただいている
「永田町 黒澤」達磨年越し蕎麦の会。

IMG_2977.jpg

IMG_2978.jpg


いつものように一階では高橋邦弘さんが蕎麦打ちをしている。

IMG_2995.jpg

寸分の無駄も狂いもない美しい蕎麦打ち姿と音。


あろうことかなぜか私は素晴らしいお席にご案内いただき
今年も麗しき萬田久子さんと同席させていただきました。
テーブルに「たまたま写り込んでしまった」お姿で
麗しさをおすそ分け〜 (≧∇≦)

IMG_3003.jpg



さすがの手早さでやってきた一枚目!

IMG_3011.jpg
(あっ私が萬田さんにこっそり譲渡した秘密の白い粉が(^^;;))


IMG_3007.jpg

んん〜〜〜〜〜
まろやか爽やかいい香り!
スパーンと抜けるような青い爽やかさよりまるみを帯びた爽やかさで
むっちりとしたコシの中から上品な旨みと甘みが溢れ出す。
最近は常陸秋そばと北海道のブレンドが多かったけれど
今日はいつもとちょっと違う印象のまろやか上品な味わい。
違うとは言っても高橋さんの蕎麦はいつも
「揺るぎなき王道」のど真ん中、圧巻の美味しさだ。


というわけで二枚目〜(≧∇≦)♪

IMG_3015.jpg


いつもながら冷酒も美味しくてなんだか色違いが楽しいどぶろくもありまして
「酒量だけは小鳥」の私は実はかなりぐるんぐるんのオットットトット〜みたいな状況でしたが
シチュエーションがシチュエーションですから
ここ一番頑張っておとなしく座ってました!(≧∇≦)/


三枚目〜(≧∇≦) は「田舎」で♪
IMG_3027.jpg

大好きな、高橋さんの「田舎」!
黒い肌が嬉しい〜

IMG_3036.jpg

お〜
今日はいつもに増してガッチリとたくましそうな曲線。
甘皮特有のたくましく甘い香りがふわ〜♡
口に含むとやはりしっかりめの舌触りで、
強めのコシを噛み締めると甘皮の旨みと甘みが弾けるように溢れ出す。
お、おいしいぃ〜〜〜
3枚となるとかなり量もあるのだが毎年大喜びで食べてしまい
今年は萬田さんが食べ切れない分も食べてしまったという・・
萬田さんのように麗しく色っぽくは一生なれなさそう(* ̄∇ ̄*)

でもとーっても楽しかったから、来年はいいことありそうだな〜〜♪(←楽天的)



高橋さん、Kさんはじめ、みなさま本当にありがとうございました!




2015年12月の「永田町 黒澤」高橋邦弘さんの蕎麦

2013年12月の「永田町 黒澤」高橋邦弘さんの蕎麦

2011年12月の「永田町 黒澤」高橋邦弘さんの蕎麦

posted by aya at 13:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする