2021年01月19日

十割蕎麦パンケーキ♡



蕎麦が入っていれば何でもマタタビ的に反応して細胞から狂喜する私。

またそれとは別に私はパンケーキという食べ物が大好きなので、
やっぱり自分で焼いた蕎麦パンケーキがいちばんおいしい😆



87110BFD-4DDF-424D-BB1A-965134576525.jpg



岩手の蕎麦粉100%で焼いた蕎麦パンケーキ。


粗挽きの蕎麦粉と細挽きの蕎麦粉では、味わいも断面も違います。


粗挽き

B9DB2C14-37FC-4CE0-9DF9-21AA368D4B86.jpg






細挽き

565E902B-4B9D-4615-BBFD-77E078332033.jpg





亀十のどら焼きっぽくムラに焦がして焼くの好き♡

D98433D8-32A9-4B32-8563-621841DC718B.jpg






今日は頂き物の分厚い手作りベーコンがまた絶品で、朝から幸せでした〜!










posted by aya at 11:33 | Comment(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

Happy new year soba!


みなさま、あけましておめでとうございます。

初蕎麦は1月2日、ここでした!


E1D56231-1269-4934-AA98-26732A05F76E.jpg


私が日本で唯一「もりそば」でなく「ざるそば」を頼む店です(≧∇≦)



新年早々鼻にお蕎麦をくっつけてしまい、
乾いた後は蕎麦粉で鼻先がカピカピしてる私ですが(通常運転)
本年もどうぞよろしくお願い致します。
posted by aya at 12:45 | Comment(3) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

大晦日。




今年も最高のお蕎麦を送っていただき、幸せな今年最後のお蕎麦をいただきましたーっ!

1795B9D0-CC9A-4095-AD05-B073895D31A6.jpg




E2970CA6-42D3-4EF4-B329-2703FB59A600.jpg




96C31798-DA4E-477D-873C-794F35BEC7F2.jpg

二八蕎麦の澄んだ正統派の素晴らしい香りと、田舎蕎麦の香ばしく甘く、美しい香りの対比に酔いまくり・・・

AE5C8178-FD7A-4F15-9B5C-90F3862E6B86.jpg


また、この方の蕎麦汁の美味しさは、私は全国5の指に入れちゃうくらい敬愛しております!!



6E184D2C-36D9-41F1-809D-B24F98A6ED84.jpg


Kさん、毎年本当にありがとうございます (≧∇≦)

今年もあと数時間。

みなさま良いお年を〜!



CCFF26D0-183F-4713-9368-8E5CC1885902.jpg






↓こちらの著者の方です〜


posted by aya at 22:52 | Comment(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

神奈川・東戸塚「藤かけ」



本日は珍しく、実家から比較的近いエリアのお蕎麦屋さんに
家族でやってきました〜!

実家は私以外、蕎麦に脳を侵された人はいないので
こちらのお店に来るのは初めて。

IMG_8278.jpg




私はこういう幟が本当に大好きなのです。

IMG_8333.jpg

好きな人の名前が堂々と大書きされて風にはためいていたら
うっとり見惚れてしまうのは当然ですよね? (≧∇≦)




暖簾にも「手打ち蕎麦」の文字♡
ほんっとーに「手打ち蕎麦」って、
響きも漢字もシビレるほどかっこよくないですか〜?
シビレない?あやっぱり私だけ?

IMG_8279.jpg

鹿追の蕎麦だあー!



店に入る前から私が食べるものは「もりそば」に決まっているのだが
入り口にある写真メニューに釘付けになる私。


IMG_8331.jpg

私の大好きな「冷やしたぬき」や納豆のお蕎麦があるじゃないですかー!
「親子せいろ」も美味しそう。
ニヤリ・・・今日はメンバーが多いから誰かに頼んでもらって
一口奪う陰謀をここで企てる私( ̄▽ ̄)




店内には意外にも先客がなく、アルバイトらしい女の子が出てきて
慣れない様子でテーブルへ案内してくれた。

IMG_8284.jpg


メニューはおつまみもお蕎麦も種類豊富で楽しい〜
お酒もかなり充実しているし、少人数はもちろん、
家族連れから飲み会まで幅広く使えそうなお店だ。


綺麗な字で手書きされた壁のメニューにも惹かれるぅ〜〜♡

IMG_8311.jpg




さて高遠家では、家族協議で決めた美味しそうなおつまみをシェアした後に
それぞれお蕎麦、と決定!
(中間報告・陰謀実行完了( ̄∇ ̄))




「もつ煮込み」
IMG_8295.jpg


かつて「もつ煮込み」の文字をメニューで見て
頼まなかったことがあっただろうか、否、無い。
大好きメニューゆえ期待値も高いのだが
ここのは本当に美味しい〜♡
優しい味噌味で、薬味のおねぎたっぷりが嬉しい。




「舞茸天ぷら盛り」
IMG_8302.jpg

かつて「舞茸天ぷら」の文字をメニューで見て
頼まなかったことがあっただろうか、否、無い。
好きなものが好きすぎて
結局どこでもおなじような注文しがちな私〜 (≧∇≦)

ここの舞茸天ぷらの大きいこと!
確かにメニュー名からして「舞茸天ぷら」ではなく
「舞茸天ぷら盛り」というあたりにボリューム的な意気込みを感じるではないか。
衣はちょっと柔らかめ、家庭的な天ぷらだ。



「稚鮎の天ぷら」
IMG_8303.jpg

こちらも大好物♡
しかもこちらの衣はパリッとして、稚鮎の苦味旨みが最高。
おいっしーー!



「蕎麦がき」
IMG_8310.jpg

ありそうでないまんまる球形スタイル。
もはぁ〜〜っと漂う、誠実で素朴な蕎麦の香りにうっとり。
みっちりむっちりはしているがねっちょりはしておらず
密だけれど切りやすく食べやすいそばがきだ。
いつものことだがせっかくタレをつけてくれているのに
一度もつけずに動物的に暴走してしまい申し訳無い・・・



そして、居酒屋さんのような楽しいメニューを
家族でつついていたテーブルが
一瞬にして静まり清められるこの時がやってきた。


「せいろ」
IMG_8325.jpg


ああああーーーー
美しい〜〜〜〜〜!
もりそばの眺めが世界遺産に登録されないのが不思議でたまらない私。
こんなにこんなに美しくてカッコイイのに!!

しかもこのお蕎麦、見入れば見入るほど、すごいかも・・・



IMG_8316.jpg

むわぁ〜〜〜っと濃厚に香る、たくましい海のような土のような香り。
そこに、北海道のお蕎麦らしい強い野生の香りが加わって
物凄い香り高さだ。
たぐり上げると見た目より軽いお蕎麦で、
食感はハラハラパラパラと独立感がある。
ざらついた肌を噛みしめるとコシはあまりなくハラリと噛み切れ、
そこから濃厚な甘みがぐわぁーっと広がり口中いっぱいを染める。
うわあ〜〜美味しいなあ〜〜
蕎麦の香りが好きすぎる私は
どこでも汁なしでお蕎麦だけ食べてしまう極悪人なのだが
(よいこは真似しないでください〜)
ここのお蕎麦は本当に香りも味も濃厚すぎて汁が全く要らない。



狙っていた種物強奪計画も無事実行 (≧∇≦)


「冷やしたぬき」
IMG_8312.jpg

私は何を隠そう「冷やしたぬき」ってものがだぁ〜い好きで・・・ (≧∇≦)
でも意外とこれがない手打ち蕎麦屋さんって多いし、
だいたい私のお腹は未来永劫もりそばの予約でいっぱいなので
なかなか食べる機会がないのだ。




「冷やし鴨おろし蕎麦」
IMG_8314.jpg

こんなメニュー美味しいに決まってますよね〜〜
一口ちょうだい、と言って二口もらった三女!
末っ子はこれだから・・・( ̄∇ ̄)


蕎麦湯の時にやっと蕎麦汁を味わう私。
甘めのこっくりとした汁だった。



お蕎麦に没頭してウン十年。最初の頃は
「どうしてこんなになっちゃったのかしらねぇ・・・」
と言っていた母だが(病気扱い(^^;;) )
2009年に本を出版してからは何も言わなくなった。
やっと彼氏を認めてもらえた不良娘の気分である。


今日は久しぶりに家族でお蕎麦、楽しかったなー!!






posted by aya at 16:43 | Comment(0) | 関東の蕎麦>神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

代官山「夕星」


まず何と言っても店名が好きだ。
しかも代官山、しかも「蕎麦とフレンチ」ときている。

手打ち蕎麦のみを偏愛する私としては、
わざわざフレンチと融合させなくても
お蕎麦さんさえ居てくだされば本当に何も要らないのだが
いろんなお蕎麦屋さんがあるから楽しいのだ。
一体どんなお店なのか、否が応でもワクワクする。



IMG_2471.jpg


うわあー
期待を裏切らぬオッシャレーな外観!
屋根や看板など、純和風なしつらい、装飾が散りばめられつつ、
不思議とモダンな印象の、美しい外観。



店内はさらに。
一つ一つ見入らずにいられないほど素敵な装飾の宝庫!♡


まず何と言っても目を惹くのが奥の黒板!!


IMG_2481.jpg


ものすごく大きくて立派な、美しい装飾が施された黒板。
これアンティークなのかなあ〜!
チェアのデザインもレトロで可愛らしいし、
右側の壁には歌川広重の「名所江戸百景」の木版画が飾られ、
バラバラになりそうな和洋折衷の装飾が見事なセンスで束ねられている。
広重の赤が効いてるなあ〜〜♡


カウンター席はグッと違う雰囲気でまとめて、
いや〜インテリアで遊んでいて実に楽しい。ステキ!

IMG_2535.jpg

こちらの版画は北斎、「甲州石班沢」と「神奈川沖浪裏」ですね!
(訳あって版画には詳しい私( •̀ .̫ •́ )✧)


さてやっと、例の大きな黒板をご紹介しましょう。

耳付きの手漉き和紙に縦書きされたメニューが貼られた黒板。

IMG_2489.jpg

すてき〜〜〜
楽しい〜〜〜〜〜
Bon Appétitの文字と和紙に縦書きの組み合わせがとてもユニーク。
しかも書いてあるものがみんな美味しそうで大変ですぅ〜〜〜〜!! (≧∇≦)

「トリュフの香り 京鴨ロース肉としらが葱」
「レザンファンギャテ特製 フォアグラの三五八テリーヌ」

トリュフ好きとしては上のメニューも気になりまくりだし、
同じ代官山のフレンチ、「レザンファンギャテ」のテリーヌが
ここで食べられるというユニークさにも惹かれる!



黒板はごく一部で、メニューはこんなにたくさんある。

IMG_2475.jpg

迷う〜〜〜!!
ヤメテーーーー! (≧∇≦)


お酒の品揃えもすごい。

IMG_2478.jpg


IMG_2479.jpg






日本酒は小さなワイングラスで出てくるんです。

「赤武(純米)」
IMG_2492.jpg

ガツンと濃厚フルーティー。
なのに驚くほどスッキリしているところが素晴らしい。
後味も濃厚なのにスッキリってすごい。




お酒でいい気分になりつつ再びメニューを眺めていると、
今夜はコースで頼むのもいいんじゃないかという気になってきた。


「今宵ノ酒ト蕎麦ヲ愉シム」コース。
・レザンファンギャテ特製 コラーゲンたっぷり鶏肉と豚足のテリーヌ
・ごぼう天婦羅
・もりと粗挽きの二色盛りせいろ

すっごく良さそうですよね!?♡
このコースと、アラカルトで「そばがき」「桜海老のかき揚げ」を、
お願いしま〜す!



「前菜三種盛り合わせ」
IMG_2502.jpg

真ん中にあるのは「蕎麦豆腐」。
ねっとりした食べ応えある質感で
蕎麦の香り、粉の甘みが素晴らしい。
「鴨ロースト」はしっとり薄切り。
添えられているのは「自家製 鴨肉味噌」と
「鴨ロースト」用の柚子胡椒だ。





「そばがき」
IMG_2503.jpg


うわああ
これは素晴らしい!
絶対に美味しい予感!!

大好きーーーーーーー!!(まだ食べていません)


IMG_2508.jpg

脳を射抜く、たまらないかぐわしさ。
王道で、誠実な印象の素晴らしい蕎麦の香りだ。
口に含むと予想を超えた大粒の粗挽き感。
大粒ながら乱暴な感じはなく、
粘り気は控えめ、ザラザラどろどろ〜とやさしい舌触りだ。
その舌触りの中から、驚くほど濃厚なグルタミンを感じる旨味が
ぐわんぐわんに伝わってくる。
おーいーしーいーーーーー!!
やっぱりこれ大好き!!!!




「桜海老のかき揚げ」
IMG_2515.jpg

う、美しい・・・!!

「桜海老のかき揚げ」が好きすぎてどこでも注文するため
最近では見た目で味がはっきり想像できる神通力を備え始めた気がしています( •̀ .̫ •́ )✧
これは絶対に美味しい!!と思ったら、やっぱり。
とにかく繊細、カリカリッと軽く
桜海老の香りがフワァーー!っと広がって脂っこさゼロ。
これ幾つでも食べたい・・・



「ごぼう天婦羅」
IMG_2540.jpg

ごぼう天って美味しいですよねえ〜〜〜
香り高く、これもサックサク。
いかにも畑の恵みという滋味深さがしみじみおいしい。



「レザンファンギャテ特製 コラーゲンたっぷり
鶏肉と豚足のテリーヌ」

IMG_2527.jpg

うわあー綺麗!

IMG_2533.jpg

私、テリーヌってものが大好きで・・・♡
これは見た目以上にひんやりさっぱり!
超さっぱりはしているのだが、
旨味が濃厚に効いたコラーゲン感が素晴らしく
豚足のコリコリ感がいいアクセントだ。




さていよいよ時が満ち。

お洒落な空間、美味しい素敵なお料理で
すっかりいい気分になっていた私の目が俄然冴えてくる。



見上げれば繊細な簾に黒い房飾り。
黒い窓枠とビシッと合って実に美しいしつらいだ。


IMG_2536.jpg




さて代官山の「蕎麦とフレンチ」のお店で出てくるお蕎麦とは
どんなお方なのか、いよいよ・・・


「もりそば」
IMG_2544.jpg


うっひゃーーー!!
期待以上にものすごいルックスのお蕎麦が来て大興奮!!
どうしましょうすごすぎるんですけど!!!



IMG_2546.jpg

見入るほど、心打ち震える美しさ。
透明感のある肌に浮かぶ無数のホシ、陽炎のように浮かぶ白い陰影。
一本一本の隙間が軽やかにあいていて、
その全ての隙間に香りが満ちていそうな、
興奮を抑えられない景色である。

ところが、箸先から香りを寄せてびっくり。
熟成ですね!?
しかも全く嫌味のない、超美しい香りだけ200%の素晴らしい熟成!!
上手すぎます!!
ムワ〜〜〜ではなくフワ〜〜〜と美しく香る、ナッツのような香ばしさ。
口に含むと見た目よりも滑らかな肌で端正な舌触り。
密な質感で噛み締めると絶妙な、殊更でないコシがあるところも素晴らしい。

今頑張っていろいろとせつめいしましたが
もうどっちかっていうと私にはそんなのどうでもいいんです
とにかくこの方と二人きりでいたいんです

あああああ
おいしいぃぃぃぃぃ〜〜〜〜
大好きですうう〜〜〜〜〜〜〜!!




「粗挽き甘皮そば」
IMG_2562.jpg

名前からしてあまりにもセクシー(私にとっては)でぶっ倒れそうだが
そのお姿は名前以上・・・!!!


IMG_2572.jpg

いやいやいやいや・・・
ちょっと待ってくださいどんだけ凄まじいお蕎麦を出してくるんですかーーー!!
本当に物凄い粗挽きの無数のホシ、陰影。
その大きな粒で震える輪郭線。
これだけの粗挽き、やや太打ちでありながら
どこまでも優しい面持ちであることに
手を合わせたくなってくる。



あなたが美しすぎて、私は連写が止まりません。


IMG_2578.jpg

ドキドキと箸先から香りを寄せると
こちらは熟成ではなく、ほわーんとやさしい香りが漂ってくる。
口に含むと見た目より食感はしっかりとして
太めだけにしっかりもぐもぐ噛む蕎麦。
コシはあまりないのだが、しっかり噛むほどに
白くまろやかな、美しい味わいが広がる。
「もりそば」の強烈な魅力と比べると大人しくはあるが
これもすばらしく美味しい、魅力的なお蕎麦である。



「蕎麦とフレンチ?変わってる!?一体どんなお店??」
とワクワクしてやってきたが、
今日はフレンチというほどフレンチらしいメニューではなかったし
食べたものは奇を衒わぬストレートな美味しさのものばかり。

しかしずば抜けたセンスでユニークな演出が重ねられて
最初から最後まで実に新鮮で楽しい気持ちだった。

こんなお蕎麦屋さんで過ごす時間もまた素晴らしい。
いろんなお店があるから素晴らしいのだ。


ここはデートにもオススメですよ〜〜〜っ♡





IMG_2474.jpg








posted by aya at 18:11 | Comment(0) | 東京の蕎麦>渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする