2021年02月10日

「信州戸隠そば製 そばがき」(萬藤)




ついにコヤツについて語る時が来てしまった・・・。

私は長年、なぜそこまでの蕎麦好きになったのかを訊かれることが多かった。
その度、考えた挙句「DNAに書いてあった」と答えるくらいで、
自分でも理由がわからない無償の愛を蕎麦に捧げ続けてきた。



しかし手打ち蕎麦屋さんではどこでも
蕎麦を汁をつけずに完食してしまう自分を思うと、
思い出されるものがないわけではなく・・・
それが、この「インスタントそばがき」なのである。


IMG_3333.jpeg


浅草の老舗乾物屋「萬藤」の品。
私の家は父が古くから萬藤と親しい関係にあったので、私が子供の頃から、
家には常に萬藤で買った美味しいものが色々あったのだ。
この「信州戸隠そば製 そばがき」は、
カップラーメンの器のような発泡スチロールの器の中に、
ポソッと蕎麦粉と蕎麦汁が入っているユニークなインスタント食品である。



そばがきという食べ物にあまり親しみのない方のために語ると、
普通お蕎麦屋さんで出てくるようなそばがきは「鍋がき」と言って、
加熱しながらグワワワーーッと凄い力でかき混ぜ練って作り上げられているため、
ふっくらもっちりしている。
対して古くから家庭でおやつとして食べられてきたそばがきは、
火にかけるなんて面倒なことはせず、
丼のような器に蕎麦粉とお湯を入れて
食卓でかき混ぜて練る「椀がき」と呼ばれるもの。
「鍋がき」より加熱が弱いので生の蕎麦粉の風味が残っていて、
ネチッとした食感である。




前置きが長くなったが今日久しぶりにこの萬藤のそばがきを食べることに♡
まず蓋に型押しで書いてある「そばがき」の文字の風情にうっとりする。
子供の頃はそんなもん見ちゃいなかった(笑)。

IMG_3336.jpeg




蕎麦粉を入れ、容器の線のところまでお湯を注ぎ、
一気にかき混ぜる。

IMG_3344.jpeg





できあがり!

IMG_3350.jpeg


久しぶりに食べると、
ああ懐かしや「椀がきそばがき」の強い香りと風味。

この萬藤のは独特の甘さのある香りで、
ねばー、ネチネチーとした食感。
つゆが付属していて、父は必ず
薬味のネギと共につゆもたっぷりつけて食べていたが
私は何もつけずに食べるのが好きだった。
そのあたりで、何もつけないまま食べる蕎麦の風味というものが
私にすりこまれたのかも?




椀がきのそばがきはたまーに地方のお蕎麦屋さんなどで出会うこともあり、
そのたびにその風味から私の心はこの萬藤のそばがきに帰っていた。
(ブログに書いたお店だとココとか!http://ayakotakato.seesaa.net/article/141280976.html


ステイホームで血中蕎麦粉度下がり気味でお困りの皆さん(私だけか( ̄▽ ̄))
ご興味あったらお試しくださいね〜






posted by aya at 11:32 | Comment(0) | その他の蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

てのひらの

1DD99101-CAB2-45F8-A3FC-DB626A69E573.jpg


枯れ紅葉が紫のお花のようにきれいでした。



お気に入りの北の丸公園にて。










posted by aya at 11:17 | Comment(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月02日

乾麺蕎麦「戸隠おびなた 蕎麦通の更科八割」


「ねえねえ、私最近ものすごく美味しいお蕎麦見つけたから食べてみて?

私にとって日本一美味しいお蕎麦に近い味がするの!」

と姉Aがくれたのがこちらのお蕎麦。


3E42FCF1-AC25-4EA9-892E-0BC4500B0C36.jpg


姉Aは私の姉だけあってかなりの食いしん坊で、大変感受性豊かな人。

特に蕎麦好きではなく普段はうどん派(血が繋がってると思えない😱)なのですが、

「日本一美味しいお蕎麦は大晦日にKさんが送ってくれる手打ち蕎麦!」と断言するあたり

実に素晴らしい感性であります


早速家に帰って茹でてみたところ・・・


なるほど。こうきたか!



まずやはり目を惹くのはその美しい白さ。


131EDF4F-ACCA-47E5-A531-C79D441AB604.jpg


透明感はそんなになく、乳白色の美しい細切り蕎麦である。


9254E299-9734-43D1-8767-392719E8C591.jpg


箸先から香りを寄せると、ふわあー!!とふんだんに香る粉のかぐわしさに目が覚めるよう。

しかしそれは蕎麦の香りというより小麦の香りの方が強く、

そこに更科らしい白い蕎麦の香りが軽やかに乗っている感じである。

香りはかなり濃厚なのだがあくまで上品なところがいい。


ひとくち食べて、さらに「なるほど!!」。

乾麺、しかも二八とは思えないほどちゅるんとしなやかな食感。

端正な細切りの輪郭線が心地よい舌触りで、

なんだかお蕎麦とうどんのいいとこ取りのようなお蕎麦だなーと思いました ()



純粋な蕎麦の香りや素朴な風情はないものの

これはこれで好きな人はすごく多いと思われる、大変よくできた乾麺蕎麦でしたよ〜



お姉ちゃんありがとう❣️



9963EA9B-7153-44D2-A0A0-B9A92C2CC253.jpg
















posted by aya at 11:45 | Comment(1) | その他の蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月31日

乾麺蕎麦「本田商店 自家挽き出雲そば 生蕎麦」



ステイホームにつき本日も家蕎麦♡ 

8A5CCB26-1A97-44D7-BF26-228A44C8C6A6.jpg


こちらは半生麺でありながら材料がとてもシンプルで、
蕎麦粉、小麦粉、食塩のみです!



B3448B94-F2A8-4247-A7E3-CEF05C9CEB60.jpg

さすが出雲そばを謳うだけあって、黒黒とした肌が魅惑的😍
平打ちの輪郭線もしなやかで、盛りつけた姿もいいですね〜


AD69C6C7-0D08-4C4E-BD38-B7DA85E399CA.jpg

期待ムンムンで手繰り上げ、箸先から香りを寄せると・・・
オオオッ、一発目に来るのはザ・乾麺な粉の香り。
割と濃厚に乾麺な香りに襲われますが、
その奥に出雲そばらしい黒い香ばしさがあるのが嬉しく、
それを追いかけてムハムハ食べます♡

なんと言っても舌触りが素晴らしく、
ざらつきのある肌としなやかな平打ちの輪郭線が大変心地いい。
ただ噛み締めるとフニャンとかなり柔らかく食感が頼りない感じがあったので、
もうちょいコシがあるともっとよかったかな〜?


あと、ちょっと気になったのは一口目食べた時の強めの塩分。
私は塩分の入ったお蕎麦はすすぎも水を替えて特に念入りに行うのですが、
それでも塩辛かったです。
もともと食塩が入ってないと蕎麦湯も飲めるし嬉しいのですが、
入れないと難しいから入れるのでしょうね〜

でもそれは私のように「汁もつけずにお蕎麦だけムハムハ食べる」という
異常な食べ方をするから感じることで
汁をつけて食べる分には全然わかりません😆



ちなみに私は手打ち蕎麦屋さんでは
最初から最後まで蕎麦汁つけない大悪党ですが、
家で乾麺や半生麺食べるときはしっかり「蕎麦汁」「生卵」「有明海苔」の
三種の神器を用意しまぁ〜すv








posted by aya at 15:31 | Comment(0) | その他の蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

乾麺蕎麦「麺匠からきだ 信州生そば」


ダマされました!!

お蕎麦屋さん通いも今までのようにはできなくなってきているため
当然増えるのは「家蕎麦」。
乾麺だけではなく、今まで手を出さなかった半生麺にも手を出しはじめています(^^)

今日食べたコレは、さすが「生」を売りにしているだけあって
茹でる前の肌感からして素朴な情緒があって本格的な感じ!?

8C036500-723B-47FB-9CAC-5861657DB157.jpg



CD9994EE-8018-43C5-943A-096DCC36D828.jpg



茹でて盛り付けた姿もなかなか悪くない。

960ABB64-D9FA-4717-A647-E24254A24B73.jpg



そしてたぐり上げて箸先から香りを寄せてびっくり。
おほーーっ 素晴らしい粉の香り!!!♡
蕎麦粉と小麦粉の混じった香りの中でも大変上品な、誠実な印象のかぐわしさに感激。


食感はやや残念でコシが全くなく柔らかすぎるので、次回は書いてあるよりも茹で時間をうんと減らしてみたいところ。
でもこの食感を差し引いても、この香りは素晴らしい!

と、袋の裏の原材料を見てみたら。。

「香料」

Σ( ̄Д ̄;) Σ( ̄Д ̄;)Σ( ̄Д ̄;)

私は香料に敏感で、お菓子の香料とか缶コーヒーの香料とか全てのフルーツ香料が割と許せないタチ(いちご以外( ̄∇ ̄))なので、
「私は香料にはダマされにくいタイプ」と自負していたのですが・・・


4FD8248F-A3B5-41F0-9758-4D7F9BB75070.jpg




しっかりダマされましたぁ〜
大変楽しい体験でした (≧∇≦)









posted by aya at 15:25 | Comment(0) | その他の蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする