2019年08月06日

東京・戸越銀座「蕎都」

最近この近辺によく深夜出没する私・・・(* ̄∇ ̄*) ニヤリ

「蕎都」閉店後に近くを通ることが多かったため
だんだん「蕎都イキタイ病」が悪化。
ううぅぅ思い募ってもう限界、
今日行かなくてはもう倒れる!!

と、やってまいりましたぁ〜*\(^o^)/* 

IMG_7709.jpg

東京屈指の人気商店街、戸越銀座商店街。

ザ・商店街な景色の中にピカーッと輝く「手打十割そば」の文字♡♡♡

ちなみに私は走っている車からでも電車からでも、
「手打ち蕎麦」の文字だけは
伝説のスナイパー級の眼力で捕捉できると言う特技がある。
特に車の中では半分寝ていても手打ち蕎麦屋の前でだけカッと覚醒して
看板の方から目に飛び込んでくるのだから我ながら本当に不思議だ。



店は二階にあるのだが、階下のイタリアンレストランの国旗とからまり合って
何が何だかすごいコラボレーションとなっている。

IMG_7649.jpg



階段を上るとやや素っ気なくも感じる入り口が現れ

IMG_7652.jpg


店に入ると誰もいない。
店主の姿すら見えない。

IMG_7655.jpg

石臼と、奥に打ち場が見える素朴な店内。




しばらくすると上下白衣の真面目そうな店主が現れ、
セルフサービスのコーナーからお茶を出してくれた。

IMG_7653.jpg



テーブルで、まず目につくのがこれ。

IMG_7659.jpg

左の魅惑の文字、見えますか?

「店主厳選の三種利き酒」

っかーー!!こうゆうのたまりませんよねえ!!
なんというか、まさにお客さんに立場に立ってくれてる感じがしますよねえ♡
今日は「ゆきの美人」「尾瀬の雪どけ」「櫛羅」。

しかもその横には

「日本酒に合う三種おつまみ800円」
(クリームチーズ酒盗かけ・本からすみ大根・さばへしこ)

ゴクリ。
もおぉー 3品ともハート鷲掴みな魅惑の響きではないですかぁ〜!
今日はスケジュール的に飲めないのに(T_T)

しかし「お酒のある蕎麦時間」はたいへん素晴らしいが
「お酒のない蕎麦時間」もめちゃめちゃ素晴らしいと思えちゃう私。
ドレスを着た美女とドレスを着てない美女って感じですかね、
って例えがおっさんな私・・・(* ̄∇ ̄*)


というわけで
うふ。

いいでしょう〜?♡

IMG_7656.jpg

ここはとにかく天ぷらが凄い。
こんな商店街のビルの2階にひっそり佇むお蕎麦屋さんで
こんな天ぷらが出てきちゃうんですよ!?

「天ぷら盛り合わせ」
IMG_7665.jpg

丁寧な仕事を感じる美しい盛り付け。
見た目も美しいが味も本当に素晴らしい。
薄皮の繊細なパリパリ感が見事!
ひとつひとつの野菜が新鮮で味わい深い。
私が一番好きな舞茸も、ここのは特に美味しかった〜

そして壁のオススメの中にあった

「富山県産 白えびのから揚げ」

IMG_7668.jpg

これがまた大変においしい!!
見た目はさりげないのだが、とにかく旨み凝縮、揚げ方が最高。
お酒なくても全然楽しいとか言いましたけど
これはね〜やっぱり飲みたくなりますよねええ!!
小さな一匹一匹が旨みのかたまりなので
これ一皿でどれだけでも飲めそう♡
(注:酒量だけは小鳥につき口だけです↑)




「だし巻き」
IMG_7670.jpg

三つ葉入りが美しく粋な印象。


IMG_7678.jpg

出汁はほんのりで甘みが加えられたふっくらだし巻。



そしていよいよ、

あああああ

私はあなたに会うために ここに

IMG_7691.jpg

自然な印象の笊に豊かに盛られた姿。
「もりそば」の眺めは世界に誇る日本の絶景であるといつも思う。

IMG_7700.jpg

濃いめの肌、端正な極細切り。
箸先で香りを寄せると野生の香りがムワァ〜
この手の蕎麦にありがちなツンとした尖った感じはなく
太くたくましい野生の草のような香りだ。
口に含むと輪郭線がクッキリパッキリ硬めに感じるが、
噛み締めると硬さはなく、程よいコシ。
むっちりなめらか十割らしい密な肌から、粉の旨さがあふれだす。


例によって蕎麦は蕎麦だけで完食してしまうので
蕎麦汁は蕎麦後の蕎麦湯の大切なお供。
私にとって蕎麦湯はお酒で蕎麦汁はおつまみ。
今私を駆け抜けていった名蕎麦の思い出に浸りつつ
蕎麦湯をゴクリ、蕎麦汁チロリが至福のひとときなのだ。
「蕎都」の蕎麦汁はこっくり濃いめで
甘味も酸味もしっかりあるがまとまっていてとても美味しい。


ちなみに「蕎都」には手打ちうどんもありまして
こちらは

「鴨汁うどん」
IMG_7681.jpg

酸味ガッツリ、柚子の香りが絶妙な美味しい鴨汁。
むっちりした鴨肉は「蔵王深山竹炭水鴨」だそう。

IMG_7683.jpg

うどんは予想に反してぷるんぷるんで超みずみずしいタイプ。
やんわらかいけどコシもすごい。
そしてうどんを食べているとどうも
浮気してるような気がして落ち着かない貞淑な私(* ̄∇ ̄*)


ふと店を見回すとあちこちに「しまじろう」がいる。
打ち場の手前には「こどもとしょかん」というのもあるので
小さいお子さんか、お孫さんがいるのかもしれない。
真顔で真面目そうな店主の渋い店だけに微笑ましい。



次回は絶対
「店主厳選の三種利き酒」
「日本酒に合う三種おつまみ」

セットでいくもんねーー!


posted by aya at 01:36 | Comment(0) | 東京の蕎麦>品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

東京・半蔵門「丹凛(あかり)」


丹凛と書いて「あかり」と読む。

全然読めない当て字というのはあまり好きではないが
「丹」も「凛」も「あかり」も全部好きなイメージなので
この店名は好きだ。
修業先でつけてもらった名前と聞くとますますいい。


梅雨時の昼間、レインコートに長靴でお蕎麦目がけて勇んで歩き
半蔵門駅を出てすぐの路地に看板はっけーん。



IMG_6024.jpg



路地の奥に植木が見える。あれかな?


IMG_6026.jpg


あかりちゃん 見っけ!


IMG_5915.jpg


IMG_6021.jpg


美しく手入れされた鉢植えの紅葉と紫陽花が
雨に洗われて気持ちよさそう。

はあ〜うれしいな〜あかりちゃんのお蕎麦!
とのんびりうきうき扉を開け・・・

開かにゃい!?


なんとまあ店内満席、お待ちの方々が入り口付近までびっちり立っていらして
扉が開かないのでありました。


ではまあ、雨に濡れる紫陽花の風情を楽しみつつ
外でしばらく待ちましょう。


こんなおいしそうなメニューがいろいろ〜♪
「がごめ昆布そば」って面白いですねえ

IMG_6022.jpg

(紫陽花の風情を楽しむのではなかったか。メニューに釘付け(* ̄∇ ̄*) )


IMG_6023.jpg

「せいろ」は絶対頼むでしょ、
ん?この「平日限定ランチ」ってのは
「せいろ」も食べられるではないか♡
なかなか惹かれる・・・
でもねー!
「天丼のごはんに胃のスペースを奪われるくらいなら少しでも多くの蕎麦を吸収して帰りたい」
という決断に最後はいつもなるんだな! (^^;;



何人かのお客さんが出てきたので店に入る。

店内は思ったよりも広く、新しいだけあってとてもきれい。
暖色の照明がほっこりと居心地のよい空間だ。



IMG_5997.jpg


IMG_5999.jpg


もう俄然嬉しくなっちゃった私は暴走します。
だっておいしそうなお酒がこんなに!

IMG_5954.jpg

なかなか贅沢なことになっておりますが・・・

「越乃景虎 名水仕込み(特別純米)」
行っちゃいますか (≧∇≦)/


IMG_5960.jpg


うっほー
これが〜
いつもながら当てずっぽうだというのに
飲食に関しては運もカンもやたらにいい私、素晴らしく美味しーーい!
入り口すっきり、中盤すっきりすぎず厚みが出て、最後キュッと短く終わる。
大変好みでございます(* ̄∇ ̄*)


添えられたアテがまたユニーク。

IMG_5962.jpg

甘めの味噌にあえられた黒豆がポリポリカリカリ、香ばしい煎り黒豆。
炊いてあるのが普通だと思うがこれは意外な美味しさ。
まあ香ばしいものになんでも弱いもので (≧∇≦)


しかしこの後、もっとすごい「香ばしい爆弾」が・・・

「桜エビと青のりのかきあげ」。

もう、メニュー名を聞いただけで平常心が保てません。
なんたって海苔好きエビ好きのわたくしでございます。
美味しそうすぎる。絶対大好きに決まってる。


いやいやいや・・・これは・・・
期待をさらに、はるか超えていた!!!

IMG_5967.jpg

ぎゃーーーー
これはまずい。まずいっておいしくないっていう話ではもちろんなくて、
美味しそうすぎてどうしていいかわかりません!!



IMG_5987.jpg

早く食べたいけど好き過ぎてあらゆるアングルで撮りたくなる私。
アイドル撮影会。


IMG_5989.jpg

一口食べて(ちいさめに)叫びました。
「おいしいいいいい!!!」

なんっという香ばしさ。なんっっという繊細お上手なパリサク感。
こうばしさと旨みがバリサクの中に凝縮されて、これはお見事。
蕎麦屋でありながら天ぷらの腕前にギャフンとしか言いようがない。
ああ〜これ10個でも食べられる。毎日食べたい。
し〜あ〜わ〜せ〜〜〜


「そばがき」
IMG_5968.jpg


IMG_5973.jpgp

ほわ〜〜んと蕎麦の香りに染まった湯気。
なめらかな質感、ずっしりねぱーと舌に絡みつく感じで
かなり食べ応えがある。
あたたかな蕎麦の塊をおもいっきりはむはむ・・・
はあ〜〜〜 そばがきって本当にしあわせな食べ物だぁ〜


美味しいおつまみやお酒でもうすっかりグデグデ昼酒モード。
(注・おちょこ2杯です(* ̄∇ ̄*) )


こんないい気分でこのあとだいすきなだいすきなお蕎麦さんに会えるなんて

もう

ああああ

きちゃった



IMG_6003.jpg

ビシッ!!!
と非の打ち所なく整った、ストイックな姿。

もりそばの景色は、世界に誇る日本の完全美である。


IMG_6014.jpg

黒っぽい肌に無数に散らされた褐色のホシ。
しかし、箸先に寄せた香りは意外にも穏やかで上品。
美しく踊るようなラインを描いて盛られ
やや固そうにも見えるほどクッキリはっきりした輪郭線だが
噛みしめると硬さはなく程よいコシ。
そこからごく静かに、誠実な蕎麦の香りが溢れる。
味わいは見た目よりおとなしいが、上品な夢をおいかけては
鼻腔に抜ける香りに酔うひととき。



夢のあと、蕎麦色の湯気。

IMG_6018.jpg



気づけば店内は、最初の殺人的昼時混雑アワーとは打って変わって、
つい先ほど入ってきた若い男女4人グループのみ。
オフィス街ゆえ1時を過ぎると途端に空いてくるのだろう。

こちらの
「平日ランチセット(お蕎麦、ミニ野菜天丼、漬物)1450円」
というのはオフィス街の平日ランチとしてはかなり贅沢であることを考えると
先ほどの混雑はますますすごい。

みんな美味しいものには目がないんだなあ〜 (≧∇≦)



ごぼ天好きの私としては次回は「ごぼう天そば」が気になるけど
きっとまた今日と同じ
「桜エビと青のりのかきあげ」と「せいろ」を食べちゃう気が・・・する!!




posted by aya at 15:03 | Comment(2) | 東京の蕎麦>千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

ドラムシンフォニーライブ@オルフェウス

66904452_1596512887146107_4863953482358456320_n.jpg

神ドラマー村上“ポンタ”秀一さん、
作曲家&ギタリスト日下義昭さんとの
ドラムシンフォニーライブ@オルフェウス!

前回は「高周波で人間を凍らせる人形」が参加していましたが
今回は・・・? (≧∇≦)

是非いらしてくださいね〜

http://orpheus-live.com/sp/schedule/detail.html?did=6754

■出演
村上"ポンタ"秀一(Ds)
日下義昭(Gt)
高遠彩子(Vo)

■チケット代金
前売り\4,000
当日 \4,500
学割(大学生以下) \3,000
小学生以下無料 ※いずれもドリンク別 \500
ご予約/お問い合わせ:livetheater@orpheusrecords.jp
(予約はメールのみ承ります。)
氏名•電話番号•予約枚数を必ず記載して下さい。

■会場
ライブシアターオルフェウス
東京都江戸川区西小岩1-27-16 オルフェウスビル2F
(JR総武線小岩駅より徒歩3分)
電話 03-5622-3520




posted by aya at 20:04 | Comment(0) | aya>お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

神奈川・天王町「蕎麦cafe 粉々奈」


弥次さん喜多さんよろしく東京から品川方面に下っていくと
川崎あたりで蕎麦不毛地帯が始まり横浜あたりでそれが極まる。
といつも思っていた。
実家が横浜なのでつい地元に期待したくなるせいもあるかもしれない。


それが、知らぬ間にこんな店が出来ていて驚いた。


IMG_1389.jpg

相鉄線で横浜から各駅3つ目の駅「天王町」駅、駅前。
(余談だが相鉄線というのは急行になると横浜から近い8駅を全部飛ばして
あとの8駅は全部止まるという乱暴な電車である。)



IMG_1390.jpg




蕎麦カフェ&バー?
手打ちなのかな?
お蕎麦おいしいのかな?

とやや不安になりつつも
蕎麦に関してのみ抜群の嗅覚を誇る自分を信じて近づくと


IMG_1392.jpg


駅前が大工事中ということもあって、やや寂しい雰囲気のビル。。

気を強く持って階段を上がると


IMG_1395.jpg


ええええ なんかすごい雰囲気?

と思ったら違った。
お店、ここを開けるんですか?


IMG_1394.jpg




中に入ると、あんれ まー!

IMG_1397.jpg


IMG_1403.jpg


ほっこりかわいい家具や照明、ゆったり流れるジャジーなボサノヴァ・・・
突如現れたすてきな空間に大喜び。

なにここカワイイ〜〜 すっごい好きーーーー!



しかもこの可愛さなのにメニューがヤバイ♡


IMG_1402.jpg

まず1番にささやく言葉が「豚のモツ煮こみ」って。
完全に私を口説きにかかってますね?
春カキフライってなにー! 泣きそう。

そして見捨ておけないこちらの黒板。


IMG_1399.jpg

「合鴨とネギのアヒージョ」
「ひとくちウニたっぷりクリームコロッケ」

などの甘いささやきも気になりますが、なんたってかんたってこちらでございます!!

IMG_1401.jpg


きゃあ〜〜〜〜〜 やっぱり手打ちだあ!北空知だってー♡


もうもうもう、とにかくお蕎麦食べます!せいろいきます!
お蕎麦のメニューはどこですかぁ〜〜?


IMG_1409.jpg



おおっなんかいろいろ美味しそうなメニューがあるようですが
もう蕎麦しか見えない私には「せいろ」しかありえません。
でもお腹も空いてるしお蕎麦だけではナンなので「天せいろ」にして
まずせいろだけ食べてデザートに天ぷら食べよう!(おかしいのでは)

すみませ〜〜ん、「天せいろ」お願いします〜〜

と大暴走して注文した後にこんなページがあることに気がついた。

IMG_1406.jpg

IMG_1407.jpg

IMG_1410.jpg


がぁーーん

なんかいろいろ美味しそうなものがいーっぱいあるんですけど・・・

早まったか自分、という思いもあれど
やはり一番会いたい人(蕎麦)といかに最善の形で会うか、
ということを考えれば私の選択は正しかったのだ。


IMG_1414.jpg

おおおおお

ちょっとちょっと、これは期待以上ですよ!?!?




IMG_1422.jpg

IMG_1435.jpg

ふわぁーーーーっっと軽やかにふんだんにかおる野生に満ちたやや鋭い香り。
これはもう言われなくても思いっきり北海道とすぐわかります。
二八らしいあまい香りがその野生を優しく支えていて
そのバランスが素晴らしい。
口に含むと意外に密な質感、しっかりとした舌触りなのだが
噛み締めると硬さはなく絶妙なコシがある。
全体に軽やかフレッシュで、大変美味しいお蕎麦である。

蕎麦汁はちょっと不思議な個性。
甘ったるくもなく出汁も良い香りでおいしいのだが
ふしぎなずっしり感、濃さ。
たくましいのではない、このマイルドなずっしり感、あまり出会ったことのない感じ。


お蕎麦に食いつきすぎて天ぷらのアップを撮り忘れてしまったが
天ぷらがまた美味しくてびっくり。
いわゆる蕎麦屋の天ぷらより天ぷら屋の天ぷらに近い、
薄衣がふんわりさっくり、キスなんか本当に一流店なみの繊細な美味しさだった。
エビもこんなに大きくてお蕎麦もしっかり量がありこの値段は安い。


量しっかりと書いたが大盛りにするとこうなる。

IMG_1419.jpg

どどーんとすごい山盛り。

これは「つけ肉そば」なのだが、これまた悶絶の反則技である。


IMG_1417.jpg

ぴぴぴぴぴーーーー!!
こともあろうに生卵をつけるとは!
そんなの美味しいに決まってます、ズルイです、超反則です!!

甘辛のがっつりウマイ肉汁と生卵・・・
米久のすき焼きと手打ちそばがいっぺんに口の中を奇襲してきたかと思いました・・・
ぶたにくばんざい!



食後の蕎麦湯のこの眺め。
かわいいインテリアの中で眺める蕎麦湯って・・・
幸せすぎる。

IMG_1448.jpg


幸せ余って先ほどから黒板で気になっていメニューを頼んでみることにしました。

「自家製そばチーズケーキ」

甘いものは9割がた苦手の私なんですが、お蕎麦が入ってると
猫にマタタビ高遠に蕎麦粉・・・


IMG_1450.jpg


えっ
なんですか そのうしろのビンは?


IMG_1452.jpg



ぎゃーーーーーーーーーー

店主さん!なにがしたいんですか!
完全に口説かれました。もう食べる前から倒れそうです。
こんなの絶対に好きに決まっています。
なんたって私蕎麦茶を鼻の下に貼っておきたいくらい
蕎麦茶の香ばしさが大好きなんです!!
(蕎麦茶は蕎麦の実を炒ったものなのでお茶というより穀物。
なぜ蕎麦だとこんなにも鮮やかに身体反応するのか本当に不思議です)


すみませんが欲望に任せてフリフリさせていただきます。

IMG_1455.jpg


おいひーーーーーーーー!!

もうね、もうね、問答無用に美味しいです!!
ぎっちりねっちりしたチーズケーキ。
それそのものに蕎麦の香りがするかどうかはよくわからなかったのですが
(蕎麦茶ふりすぎて (^^;) )
とにかくこの蕎麦茶が反則すぎます。合いすぎます。

告白いたしますが写真では上品にかけていた蕎麦茶、
ほんとうはこのあと一口ごとに追加爆フリフリしましたごめんなさい。



帰り際には小柄な女性が対応してくれ、その人が蕎麦を打っている店長さんと聞いてびっくり&なるほど!

こんな人がここで毎日バンバン蕎麦を打ちしているというのは意外であり、
このほっこり素敵な店の雰囲気、あれもこれも頼みたくなる珍しいメニュー、
そしてあのちょっと個性的だった汁などは女性店主ならではなのだな、と嬉しくなった。


ここなちゃん!(と呼びたくなる)

今度はぜったい夜来てあれもこれもいっぱい頼むからね〜〜〜
楽しみ!!




IMG_1441.jpg


posted by aya at 13:02 | Comment(1) | 関東の蕎麦>神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

小岩オルフェウスライブ♡ありがとうございました


E5BC9CF3-F381-4E4A-8496-183FBCBCF3F5.jpg


昨日のドラムシンフォニー@小岩オルフェウス、
たくさんのご来場ありがとうございました!

とっても楽しいライブでした〜!


楽器としての出演の私は人形っぽさを演出して座って歌ってみました(^^)


3482FDB2-DE78-4C5A-843E-DC94A40EC8B7.jpg



次回もお楽しみに♡




posted by aya at 12:03 | Comment(1) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする