2023年01月02日

I wish you a Happy New Year!



あけましておめでとうございます。

IMG_7783.jpeg


今年は元旦と2日に着物を着ました。




新年早々かーなーりへんてこりんで
美味しいお寿司屋さんを見つけてウカレ顔!

IMG_1456.jpeg



本年もどうぞよろしくお願い致します。





posted by aya at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月25日

EVE蕎麦



愛する店でEVE蕎麦♡

IMG_6934.jpeg
posted by aya at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月15日

神楽坂「蕎楽亭 もがみ」


今日は楽しい蕎麦飲み会!

しかも、私が企画したのではなく、
たまたまお蕎麦屋さんだったというこの奇跡・・・(ホントだってば!(笑))
しかも私の大好きなお店ということで
うひょうひょホイホイやってまりましたあ〜♡
うれしすぎー!!


変わらず凛とした構え。

IMG_5936.jpeg

ストイックなのだがストイックすぎず、
どこか舞台装置のような華もあるこの構え、
好きだなあ〜



外には「そば好きの方へ」と、各メニューの蕎麦の量が書いてある案内が。
これは珍しい。いいですねえ〜

IMG_5938.jpeg


師走の店内は大賑わい。
ここは店主も含めスタッフは全員女性だが、
客層としては本日はオール男性!
皆さんそれはそれは楽しそうで、一年中蕎麦屋ばかり行っている私も
師走の蕎麦屋っていいもんだねぇーと思わずにいられない。


そして実は、ここにくると何故か私はおじさんぽい気持ちになります(大笑)
もともとかぐや姫の竹が割れすぎて竹を割ったような男気な私ではありますが
この店特有の、おじさんのハートを鷲掴みにする魅力をビンビン感じると
あ〜やっぱり私もおじさんなのかも〜と思っちゃうのです(笑)



ここに来たら兎にも角にも二色(田舎十割とざる)と決まってんでい。
でも一応メニューは見たいの♡

IMG_5939.jpeg



今日は皆様とご一緒の飲み会なので
一人暴走するわけにもいきませんが
ここのおつまみはめっちゃくっちゃ美味しいものばかりなので
涼しそう〜な顔でガン見します(笑)。

IMG_5940.jpeg

イヤもうこれ全部食べたいですよね!?
センスが素晴らしい!



季節のおすすめが別紙にあります。

IMG_5943.jpeg

イヤーーン ここも美味しそうなものばかり〜!



そしてここはとにかく飲んでナンボのお店なので〜( ´▽`)♡
純米好きの私は「黒牛」行こうと思いまーす!

IMG_5941.jpeg

楽しいお話に夢中で写真撮り忘れちゃいましたが
入り口ガツン、下がずっしりした感じだけど後味はスッと切れるお酒。
おいしいですねえ〜



そして今日何に感動したって、コレです!!
以前はなかった「そば前セット」!

IMG_5953.jpeg

きゃーーーーっ♡!!!

もうもうもう、一眼見て恋に落ちました!!
この抜群のルックス・・・
酒好きの心をくすぐる通なセンスと、家庭的なあたたかさと、
女性店主らしい可愛らしさと・・・
おじさん(私)もう泣きそう!!
これは絶対に美味しい!!素晴らしい!最高だ!!


IMG_5948.jpeg

もう〜〜〜〜これがね〜〜
本当に最高なんですよ!!
どれを食べても中途半端なものがひとつもない。
どれを食べても「あっおいしい」と頭の中にピカッと電気がつくような
嬉しくなるおいしさがある。
まんなかの白いのは「じゃがいものすり流し」なのだが
聞かなければわからなかったほど澄んだうつくしい、
洗練された飲み物だった。
クリームコロッケや牛すじ煮込みが美味しいのは言わずもがな。
私が特に気に入ったのはオクラ!
味付けが絶妙でいくらでも食べたいくらいでした〜♡
このセットが990円って!!しあわせすぎます〜〜


「ふきのとう天ぷら」
IMG_5957.jpeg

えっこの季節にふきのとう??
とびっくりしたが早いものはもう出ているんですね〜
大好物なので大喜び!(とにかく苦いものが好き)。
サクッとした衣に包まれた
青みの強い鮮烈な香りと苦味が美味しかったです〜



「そばがき」

IMG_5962.jpeg

ほわわ〜と漂う滋味深い香り。
ふわとろ〜とした食感もよく美味しかったのですが
なにせ今日はみなさんで分けたので夢は儚く終わり・・・
ふたつ頼めばよかったかも?
(というわけでこの後暴走します (≧∇≦))




「二色(田舎十割とざる)」

IMG_5966.jpeg

これこれ♡
この田の字盛りの眺めだーいすき!

IMG_5967.jpeg

嬉しすぎて激写♡



「ざる」
IMG_5974.jpeg

こちらは、いつも会津のお蕎麦。
今日の香りはめっちゃめっちゃ個性的!!
ここのお蕎麦はいつもほかにはない香ばしさがあるのが好きなのだが
今日のは香ばしさを通り越してちょっとかろやかな燻製ぽいような??
超極端に言えばソーセージに近いような?
たいへん面白い美味しい香りがしているのだ。
これはこの蕎麦の持つ個性であり、私は長年の間にそれこそ面白い香り・・・
じゃがいもの香り、天ぷらの香り、炭を通り越してカビっぽい香り、
強烈ビーフジャーキーの香り(絶品)、いろんな蕎麦の個性に出会っている。
でもここでこういうお蕎麦に出会うのは初めて!
面白いなあ〜
平打ちでしなやか、優しいコシのすばらしい食感。



「田舎」
IMG_5970.jpeg

素朴な風情あふれるたまらない肌、
美しく繊細な平打ちの輪郭線にうっとり。
珍しく今日はこちらは会津ではなく、北海道中標津の在来。
香りや味わいはごく淡くほとんど感じられないのだが
素朴なざらつきと繊細でしなやかな食感で
飲んだ後でもするりっと食べられてしまう粋な田舎蕎麦。



私がもう一つ絶賛したいのはここの汁!

IMG_5980.jpeg

実に、旨い。
その一言に尽きる。
私は常々、私にとって理想の蕎麦汁はなにも感じない汁、と言っている。
甘いとか辛いとか出汁がどうとか、突出した個性を形容できない、
ただ蕎麦をつけてみたときになんの邪魔をせず
「おいしい」という世界に連れて行ってくれる。
そういう汁はなかなかない。
ここの汁は、そういう汁だ。


さて同席の皆様は大変スマートで素敵な方ばかりでしたので
普通にお蕎麦を一枚ずつ頼んでお開きの方向に・・・
なることを予測した私はオーダーする時から
「てへっ」とか言いながら私だけ2枚頼みやがりました!(笑)

だってここの「からすみそば」って
食べたことなくて気になったんだもん・・・


「からすみそば」ってからすみをふりかけたせいろ蕎麦を
オリーブオイルと蕎麦汁で食べたりとか、
まあとにかくこんなの美味しいに決まっとる!!という
美味しすぎる禁断の種物なのですが、
「もがみ」の「からすみそば」は想像を超えてきました!


IMG_5982.jpeg

えっ何事!??



IMG_5985.jpeg

なーんと、マスカルポーネチーズが超濃厚に絡められて
その上にからすみがかかってきました〜
しかもこれを蕎麦汁につけて食べるスタイルなのです。

なにごともそのまま食べてみたいタイプなので
まずはそのまま一口。
美味しいけど濃厚すぎました!(笑)
で、正統に蕎麦汁につけて食べると・・・
うわおいしーーーーー!!

蕎麦汁につけることでチーズが少し薄まって
蕎麦汁のキリッとした感じが加わり
別の食べ物に生まれ変わりました〜

このチーズが溶けた蕎麦汁・・・
まさに禁断の美味しさです。

IMG_5987.jpeg


「私も含むおじさん大喜びで女性スタッフばかりの店」なんて書くと
行ったことない人は勘違いするといけないので書いておくが
ここの店主もがみさんは女性らしい愛想を振り撒くタイプとは真逆の、
まっすぐな鋭い瞳でストイックにバカスカ働く美しい剣士のような人。

私がこの「からすみそば」を褒めたら少しだけ笑って
「体に悪いですよ?」



いいっ!!

実に、いい店だ・・・



またまたハートを鷲掴みにされて

皆様とほろ酔い気分に外に出たら

美しい冬の満月。



たのしかったーー









posted by aya at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月14日

長野・小諸「郷ごころ」


駅前にある店なのだが
なにせ駅がどこにあるかわからない。

よって店がどこにあるかもわからない。


小さくてそれはそれは可愛らしい「三岡(みつおか)駅」。

IMG_8179.jpeg



電車が来ても静か・・・

IMG_8175.jpeg

銀河鉄道の夜。




店はその駅のどまん前にあるのだが、
これまたこの目立たなさである。

IMG_8234.jpeg

わかりやすく光る看板などはなく、
店名自体は暗闇の中なので
写真よりさらにひっそりとした存在だ。




店内はとても美しく、完璧に調っている。

IMG_8231.jpeg

IMG_8186.jpeg



メニューはいろいろ盛り沢山で楽しい!

Collage_Fotor1.jpg



Collage_Fotor.jpg

左下、「燻製三種盛り合わせ」に目が釘付け♡



全て昔ながらの手作業による、種まきから収穫、製粉までの様子なども
詳しく紹介されていて素晴らしいメニュー本だ。

IMG_8226.JPG

IMG_8227.JPG


お通しの、野のもの。

IMG_8191.jpeg

大根のきんぴら、漬けもの、おから。



「天ぷら盛り合わせ」

IMG_8197.jpeg

なんだかモダンアートのような盛り付けでやってきました。
見た目はちょっと不思議なのだが、この天ぷらがすごいんです!

IMG_8193.jpeg

まずですよ、この天ぷら盛り合わせ、税込638円なんです。
なのにネタが、メゴチ、ハモ、アナゴ+野菜ときたもんだーーー!
しかもひとつひとつがやたら美味しい。見た目よりずっと美味しい!
特にメゴチがいい。穴子も臭みゼロで美味。
衣はバリバリではなく軽やかなサクサクで、時間経ってもサクサク!
またこの量がいいですよねー
一人で来て一杯やりながら638円でこれ食べられるって
控えめに言って天国ですよね? (≧∇≦)


「蕎麦屋の塩焼き鳥」
IMG_8199.jpeg

名前に惹かれてオーダーしたが、
ちょっと塩辛いのが難点だったかな〜
でも皮パリパリで香ばしさもあって焼き具合最高!
お酒に合わせた塩加減なのかも?(この日はノンアルコールビールでした)




「豚の角煮」
IMG_8198.jpeg

「煮肉愛好会会長」を自称する私だけに、この手のものには滅法弱いのと
メニューのトップにあったのでオーダーしてみました。
うっまーーーー!!
さすが自信ありメニュー、究極の味染み!!
美味しさが煮詰まりまくっております〜
うおお〜ずしっと重めのビール飲みたい!
この角煮めちゃおいしい〜〜



「燻製三種盛り合わせ」

IMG_8203.jpeg

やはりというか、1番に頼んでしまいました燻製三種盛り。
おっほー!!これまた強烈にお酒を欲する御三方!!

●はんぺんチーズ
はんぺんって甘いのが多くて苦手なこともあるのだが
これは甘さ控えめでチーズも濃くなく上品。
燻製の香りもわざとらしくなく実に美味しい。
上手い、美味いなああ〜

●サーモン
しっとりとてもいいサーモンなのだが
これだけ塩分控えめで味が足りない感じ?
でも外食は塩辛いものが多いし、塩分は足りなければ足せるし、
素材のうまみや甘みを楽しむチャンスなので大歓迎!

●厚切りベーコン
これは反則!ビールーーーー!! (≧∇≦)♡♡♡
燻製の香りが最高で、脂がおいしすぎる!
もうどうなってもいいおいしさ。


そしていよいよ、おまちかねの方の登場です。

「ざるそば」

IMG_8204.jpeg

おっほー!
「ざるそば」と名乗ったからには海苔がのってくるスタイルでございました。
海苔は大好物ですがお蕎麦さまとは「個別に」お会いしたいので(笑)
全力で別々に味わいます。


IMG_8212.jpeg

しっとりやさしく重なり合う素朴な肌。
香りは淡いが、甘くふっくらした香りが静かに漂っている。
食感は意外としっかり目でほんの少し口中で暴れる感じもあったくらいだが
不思議と噛み締めると硬さははく程よいコシ。
その噛み締めた時の味わいが素晴らしいー!
ストイックな蕎麦の滋味深さがじわ〜と広がり、
小諸の地で大切に育てられた蕎麦の味わいにしみじみと浸るひととき。


IMG_8222.jpeg




今日はお仲間と一緒だったので、
私にしては珍しい、こんないいものも一口分けてもらいましたあ〜 (≧∇≦)


「カレーつけ麺」
IMG_8209.jpeg

あんまりこういう種物食べたことがないんですが
おいしいですねえ〜! (≧∇≦)
あんかけのようなしっかりとしたとろみがあり、
蕎麦つゆ感もしっかり感じられる。
体の芯から温まりますね〜♡


私は雪が降ろうと風邪気味だろうと
冷たいせいろしかありえない運命の下に生まれたので
あたたかい種物食べると新鮮に感動します。
ここはあの絶品だった「豚の角煮」が入っているらしい
「角煮そば」っちゅーのもあるので気になりまくり (≧∇≦)





本日この十割に出会えなかったのはショックすぎて倒れそうでしたが・・・

IMG_8180.jpeg

次回は事前確認のうえ参りまして、
「みちる蕎麦」「ざるそば」「角煮そば」
を狙いたいと思いまーす♡




(これも気になる・・・香ばしいといきなり甘いものOKになる私♡)
IMG_8189.jpeg






posted by aya at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越の蕎麦>長野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月09日

要町「一久」



どの駅からも近くはなく便利とは言えない立地でも
人気店には人が集まる。

静かな住宅街にぽっと灯る明かり。

IMG_9783.jpeg



言われなければお蕎麦屋さんとはわからないさりげなさ。
外からは中の混雑ぶりは全く想像できない。

IMG_9785.jpeg



入り口正面には手入れの行き届いた中庭がある。

IMG_9789.jpeg


満席のためにしばらく待つことになったが
家族連れが多いらしい店内からは賑わいが伝わってくる。


やっと席が空き、テーブルに案内される。
周りを見回すと近所の人らしい家族連れが圧倒的に多く
(寛ぎ方、リラックスっぷりからわかりました笑)
いかにこの店が愛されているかが伝わってきた。
少々賑やかすぎる感じもあったが、
スタッフの若い男性の礼儀正しい優しい接客で
優雅な気持ちでメニューを眺める。


ここはメニューがめちゃめちゃ充実していて
しかも結構独特なので楽しいんですよね〜


Collage_Fotor (1).jpeg

お蕎麦はもちろん、「せいろ」と「粗挽き」が
まだ両方あることはすでに確認済み!(いぇい♡)

「自家製角煮入り」の「織部そば」って面白そう (≧∇≦)
冬限定の「一久鍋」はけんちん汁にそばがきが入っているらしい!
お蕎麦屋さんとしては珍しいメニューの
「タコ串焼き」「ネギダコ」あたりも気になるし
山形の「昆布巻」、新潟柏崎の「もずく」、そして「海ぶどう」と、
「美味しいものなら全国各地から揃えます!」
という感じが楽しい〜♪


一通りオーダーしたが、なにせ店内は大賑わいでどのテーブルも人数多め。
厨房は大忙しの様子でなかなか料理は出てこないため
お通しの揚げ蕎麦をぽりぽりしつつお料理を待ちます。

IMG_9797.jpeg



やっとお出ましの一品目。

「牛のすじ煮込み」
IMG_9799.jpeg

うふ。
「煮肉愛好会会長」の私なので(会員いません)
煮込みと見たら必ず頼んじゃいます♡
卵でとじてある牛のすじ煮込みって珍しくないですか?
これがめっちゃめっちゃホームランの美味しさ!♡!♡
大きめのお肉がたっぷりで、卵、みつば、まいたけ、玉ねぎと
要はすきやきみたいなゴージャスな美味しさなんです。
甘い味つけ苦手な私ですがここのは甘さが程よい!
おいしい〜〜早くもしあわせ〜〜〜! (≧∇≦)




そしてお次も、見たら頼まずにいられないメニュー。

「そば寿司」
IMG_9805.jpeg

単純にお蕎麦は大好きだからということもありますが
これって作るのがものすごく難しいメニューだと思うんですよねえ〜
こんな綺麗にどうやって作るんでしょう〜

IMG_9806.jpeg

写真だとわかりづらいかもですが
ここのはキュッと小ぶりでかわいいそば寿司。
小ぶりだからこそその精巧さが余計すごい!
しそが効いていておいしいそば寿司でした♡


「そばがき」
IMG_9808.jpeg

お湯の中にじっと静かに沈んでいるため
まだ様子は掴めませんね・・・


IMG_9811.jpeg

お皿に取り分けながら、早くもビビりました。
なんちゅーー香りの濃さ!!
たくましくいかにも滋味深そうな素晴らしい芳しさに
脳が溶けます〜〜うれしすぎる〜〜!!
しかも食べたらもうわたしはぶっ倒れました。(上半身が傾いた)
見た目を遥か超える、想像できなかった極上のエアリー感がすごすぎる。
モチッドロッと結構重たい質感なのにスーパーエアリーというこの奇跡。
しかも味わいも爆発的と言っていい濃厚さで旨味成分こすぎ!!
グルタミン系の旨味がぎゅうぎゅう舌に押し込まれて
なに?なに?美味しすぎませんかコレ???
天国の食べ物としか思えない(>_<) ♡
これだけ美味しいそばがきはそうあるものではありません。
私としたことが、この後のお蕎麦のこと忘れそうになる程美味しい・・・!!


「せいろ」
IMG_9831.jpeg

かなり明るく白っぽいお蕎麦。
北海道幌加内と長野県信濃平の蕎麦粉使用らしいけど
これはどっちなのかな〜?

IMG_9839.jpeg

さらしなっぽい見た目の通り、香りもさらしなの感じ。
濃厚な甘い香りがふわ〜
一般的なさらしな蕎麦よりはやや太めでむちっとしたこしがあり、
一般的なさらしな蕎麦のようにツルツルすぎない。
程よいツルツル感がいいですね〜



「粗挽き」
IMG_9818.jpeg

「粗挽き」は、私の大好きな高台つきの笊でやってきました♡
この笊、扱いや保管は大変そうですが超美しいですよね〜!
こんな美しい器にこれ以上ないくらいシンプルな蕎麦という食べ物を盛る
日本文化ってすごすぎませんか?
この絶景を世界中に自慢したい私・・・
っていうか早く食べろ・・・(笑)

IMG_9821.jpeg

す、すんごい大粒のホシが大胆に飛んでおります!
そして香り濃厚〜!
香ばしく、程よくたくましく、
ややナッティーな、熟成のそばの要素も含む、
それでいてフレッシュないい香りが素晴らしい。
食べた感じは甘味が強く、あずきを思わせるようなふくよかな味わい。
かなり太めでネチッとした質感なのだが
ただコシはあまりなく一本を噛むとプツンと切れてしまう。
束で噛むとギリギリ気にならないので
もったいないけどわしわしガンガン食べちゃいました〜 (≧∇≦)

蕎麦汁は甘さも酸味もガッチリ濃いめ。
万人に愛されそうな庶民の旨さだが決して下品ではなく
素材の良さが伝わってくる。



そしてメニューを見て気になったこれもいっちゃいました。

「小海老天あられ」
IMG_9842.jpeg

IMG_9846.jpeg

贅沢なかき揚げがたっぷり載ったような見た目が映え〜
え、でもエビどこいった?と思ってしまいますが
なんとエビは「下の方から」ゴロゴロ出てきました(なんと奥ゆかしい!)。
揚げ方は結構ずっしりオイル感があるので、ボリュームのあるあられそば。
向こうの席の若い男性がパッとオーダーしていたのも頷けます。
問題としては、エビやイカが弾力あって美味しいのですが
なかなかお蕎麦と一緒に口に入れるのが難しく
食べ方が上手くなってきた頃になくなってしまいました( ̄▽ ̄)


ふと見回すと、周りで楽しそうだった賑やかな家族連れは皆帰り
今度はおひとりさまの男性や、若い男女グループといった
二巡目の世界に突入していた。

おひとりさま男性は本を読みながらのんびりとお酒を楽しみ
お料理がくると綺麗に並べて撮影をしている。

ここのお客さんはみんな本当に楽しそう!



次は「織部そば」と「かきそば」も食べてみたいなあ〜

IMG_9840.jpeg

(ちなみに店名は「いっきゅう」ではなく「かずひさ」でもなく
「いちひさ」さんでーす)










<sd10s8a8a8>
posted by aya at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする