2022年04月18日

愛媛・松前「いよ翁」


何もかもが素晴らしく、何もかもが美味しかった。
心の中の美しい思い出。

41CB6F1D-12E4-4343-8C12-0F034B1A269F_1_105_c.jpeg

想像を遥か超える美しい佇まいにまずびっくり。

聞けば、この建築は広島にあった「達磨」を
模したデザインらしい。
達磨の職人達の強い絆をいつも眩しく見ている私は
ますます感無量である。

IMG_5498.jpeg




暖簾をくぐって左に行くとこんな景色。
お隣の立派な松が素晴らしい借景。
伊予はいいところだなあ〜(松大好き♡)

IMG_5494.jpeg



どこをとっても美しいデザイン。

IMG_5493.jpeg



店内に入って感激はさらに。
なんて気持ちのいい空間!!

IMG_5450 (1).jpeg

IMG_5487.jpeg




窓からは青々とした田んぼと奥にはお山も。
こんな美しい場所でお蕎麦を食べられる幸せ。

IMG_5442.jpeg



営業はお昼のみのこちら。
メニューはおつまみよりお蕎麦メニューがメインだが
お酒もしっかりあります♡

IMG_5446.jpeg

IMG_5447.jpeg



本日私は午前中予定があり、そこから
数時間車をぶっ飛ばしてこちらに駆けつけたのだが
「お昼のお決まり」が売り切れで
残念無念、遺憾のキワミ!!
どんなに素敵か見たかったよう〜〜!!(;o;)(;o;)(;o;)!!

なかなか来られない場所だけに
近年でも珍しいほど落ち込んだが
美味しいお蕎麦を食べればコロッと立ち直れる自分を知っているので
頭を切り替えばしばし頼んじゃいます (≧∇≦)



一品料理が二つだけあって、それが
「えび天 単品」
「汲み上げ湯葉」
ってところがユニークだし素晴らしい。嬉しい!

しかも海老だけかと思いきや野菜も添えられてきて
しみじみとシビレる。

「えび天(一尾540円)」
IMG_5465.jpeg

この天ぷらがまた素晴らしく美味しい。
さっくさくで衣が軽くて最高!!
脂っこさが全くなく油が澄んでいる感じ。
海老そのものも大きくてプリップリでめちゃくちゃ美味しい。
これで540円ってなんじゃらほい!?



そしてこの店の禁断のメニューがこちらです!!

「はつゆき」

IMG_5456.jpeg

「冷たい蕎麦に汲み上げ湯葉を初雪のようにのせた蕎麦」。

お蕎麦そのものが美味しいお蕎麦屋さんでは特に、
「せいろ」(ここではざる蕎麦)が至高であり、一番美味しいお蕎麦であり、
そこに愛を注ぎ続けて数十年を棒に振ってきた(?笑)私である。


しかしここの「はつゆき」は完全に犯罪である。
お蕎麦そのものがこんなに美味しいのに
こんなとんでもなく美味しい種物を出されては・・・


ああああ 心が千切れる・・・

IMG_5460.jpeg

お蕎麦の上に汲み上げ湯葉が乗ってるだけ、と思うなかれ。
まずこの汲み上げ湯葉が恐ろしく美味しい。
クリーミーで豆の味が濃厚で、天国の食べ物のように美味しい。
そこにこの絶品の、最高のせいろ。
そして蕎麦汁。
それらを合わせると、いきなり想像を超えた
爆発的混沌美味宇宙にダイブして私もびっくりしてしまった。
もうもうもう、とにかく訳がわからないほどの美味しさなのである。
いやー・・・これ全然余裕で二つ食べられる!!っていうか食べたい!!
でもこの後一番愛する「ざる蕎麦」に
澄んだ心と体でお会いしたいと思うと
そこまでの大暴れは許されない・・・
とにかく美味し過ぎて胸が苦しいレベルの美味しさ!!



「ざる蕎麦」

IMG_5470.jpeg

世界中に自慢したい、日本の絶景。
こんなに美しい食べ物は世界中のどこにもない。


IMG_5478.jpeg

自然光の中で出会うその美しさは、
もはや神々しいと言ってもいい。
私の心まで澄み渡り、この蕎麦を育ててくれた人、
打ってくれた人に手を合わせたくなるような美しさである。
優しい輪郭線、かすかに浮かぶホシ、おおらかに広がる姿。
なにもかもに卓越した存在感を感じてしまう。


箸先で寄せた香りは強くはなく穏やかなのだが、
とにかくその香りの質が極上!!
フレッシュで青々としたさわやかと、まろやかな上品さ、
ふっくらとした香ばしさ。
まさに私が大好きな蕎麦の香りである。
口に含むと豊かな豊かなコシ、
つるつる過ぎずにつるりと密な肌にうっとり。
しかも噛み締めるとそこから香りがまたパーンと溢れ出し、
膨らみ、

いやーーーーーー・・・

これは、美味し過ぎます!!
全然、汁がつけられません!!
お蕎麦だけで食べてこんなにこんなに宝物のように美味しいのに、
種物とか食べてる場合ではありません。
だからこそあの「はつゆき」の美味しさは禁断であり、
もう私は次回ここにきたら
「はつゆき」と「ざる蕎麦」を2枚ずつ食べたいくらいで(多分ムリ)
そうなると今日なくて泣いてた「お昼のお決まり」なんて
全然食べられないじゃん・・・

と、今から次回の心配を本気でする私(^^;)

ちなみにここの蕎麦汁はさすがは達磨系と言った感じの
すっきり澄んだとっても美味しい汁なのですが
個性としては甘みが控えめで
ちょっと燻製っぽいスモーキーさを感じました。
「はつゆき」の麻薬的美味しさの訳はこれかしら?





デザートが杏仁豆腐というのも嬉しい。
(甘いものの9割は苦手な私ですが杏仁豆腐はだーいすき)

IMG_5486.jpeg

IMG_5482.jpeg

これだけ何もかも美味しいお店なので
杏仁豆腐も美味しんだろうなーと
食べる前から思っておりましたが
ハイ、すんばらしく美味しいです!!
濃厚で甘さが強くなくミルクの後味がいい〜♡

これも絶対また食べたいので
次回は朝ごはん抜きでそこらを
走り回ってから来ることにしました!!(本気)



お腹いっぱい、幸せいっぱいで外に出ると、
広がる田んぼ、青い空。


最後ちょっと店主とお話しする機会を得たが
素朴な人柄に日向ぼっこしているような温かい気持ちになった。
この店の素晴らしさの全てがわかったような気がした。

いい店とは、こういうものである。



posted by aya at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国の蕎麦>愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする