2014年04月02日

新潟・妙高市「くま杉の里・味処そばの花」


都会はすっかり春爛漫だが
お山にゃまだまだ雪がある。


R0030935.jpg

杉野沢温泉「苗名の湯」に隣接した建物には
「くま杉の里」「味処そばの花」 と2つの店名が見える。
看板やら幟やらがたくさんあるし「生産物直売施設」とも書いてあるので
「お土産センター+食事処」のような感じにしか見えないのだが
私の体は「妙高産 手打ちそば」の文字に吸い寄せられて
勝手に階段を上っている。


はてさてここで美味しい手打ち蕎麦を打っているのかな・・?
覗いてみるとお土産コーナーなどは見当たらず、
1階は全部がお蕎麦屋さんになっている様子。

R0030999.jpg


雪国らしい二重扉の、一枚目を開けてみる。


R0030938.jpg

わー 自家製粉しているではないですか〜
お蕎麦屋さんとしては去年リニューアルオープンしたらしい。


一体どんなお店なのか今ひとつつかめないまま店内に入ると
これまたユニークな空間に出会う。

学食や社食のように
机と椅子を横並びにつなげてたくさん並べた広い店内。
厨房の横にはセルフサービスの
「薬味」「蕎麦つゆ」などが置かれていて
その横には「食器返却口」と書いてある。
料金もセルフサービスで、カウンターで前払いするようになっている。

R0030953.jpg

「薬味」「蕎麦つゆ」は追加ひとり分100円ですからね、
一人で2つとっちゃあダメですよ〜
(あっ使わないとはいえ、私もちゃんと「薬味」「蕎麦つゆ」持ってきましたよ!
 蕎麦湯のとき用(^o^))


店内には先客が1組。
地元の長老たち5人が会合している。
というとかしこまっているようだが
要は地元のじいちゃんたちがまだ明るいうちから盛大に飲んでいる。
雪国のじいちゃんたちは実に元気!いい雰囲気!
お酒のお代わりの声が賑やか(^o^)
地元のこんな方々が、こんな風に集える場所があるっていいなあ〜

おつまみメニューは多くはないが
宴会にはもってこいの品揃え。


R0030941.jpg

さりげないようでこのメニュー、
なかなか核心をついた少数精鋭メンバーな気がしますよ・・
いいですねえ〜〜〜


お蕎麦のメニューはこんな感じ。

R0030942.jpg

「妙高産 手打ちそば」の幟に吸引されて入ってきたワタクシは
もう「ざる蕎麦」に決まってるわけですが
じいちゃん達の楽しげな雰囲気につられて
お蕎麦だけじゃもったいない気がしてきた!

というわけで壁の張り紙に「そばの花おすすめ 妙高のかんずり付」
とあった「もつ煮」を頼むことにする。


「もつ煮」
R0030993.jpg

軽い気持ちで頼んだというのに大きな器にびっくり。
この器、丼くらいあるんですけどー!
もつは少なめだが野菜いっぱいでさっぱりしていて
「もつ入りけんちん汁」みたいでおいしい。
これが400円なんてすごい。
あっ せっかくの「かんずり」撮り忘れちゃった・・




「ざる蕎麦」
R0030990.jpg

山の店らしくさすがに量がたっぷり。
ふっくら豊かに盛られてやって来た。


R0030978.jpg

キンと思い切り冷たくしめられた蕎麦。
漂う冷気はほんのりと墨のような慎ましい香りに淡く染まっている。
口に含むとくっきりはっきりとした輪郭線が口中を流麗にめぐり
つるつるの肌を噛み締めるとこれまた墨のような香りがふくらむ。
全てが慎ましいのだがなんだかとても美味しい。
この空気、雰囲気の中で食べる地粉の蕎麦だもの、
ああ うれしいなあ〜

相当キンキンにしめられていたのでちょっと温度が上がったら
香りや甘みが出るかな?と待ってみたが風味は変わらず、
食感だけがふわっ、ふっくらとした。
こういう状態のお蕎麦も美味しい(^o^)

汁はかなりの甘口。
何とも言えない卵のようなコクがあり
(もちろん卵は入っていないと思うが)
それが非常に昔懐かしいような甘辛さである。




先程まであんなに盛り上がっていた長老たちは
私が蕎麦に耽溺している間に宴を終え帰ったようだ。

まだ6時半だが、もうそれぞれの家に帰り着いて寝ているかもしれない。
(私が大好きだった知り合いの「山の爺」も毎晩6時過ぎには寝ていたものだ。)



山の夜は都会よりも早く訪れ、ただ静かだ。


R0030931_2.jpg






posted by aya at 20:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 甲信越の蕎麦>新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

新潟・上越市中郷「そば処 一郷庵」


RIMG3632.jpg


洋風の一軒家のガレージ横が
くりぬかれたように別世界になっている。


RIMG3627.jpg


「そば処 一郷庵(いちごうあん)」。

手書きらしい暖簾は潔くも枯れた庵風で
その趣を、明るい花々が楽しげに彩っている。

RIMG3620.jpg




店内はダークカラーの木でまとめられた
シンプルなインテリア。


ここは山菜などの天ぷらがおいしいとのことで
「天せいろ(エビ2本と季節野菜の五点盛)」にも惹かれたが
結局私ってこうなっちゃうんですよね・・わはは

「せいろ」
RIMG3595.jpg

横長のせいろにうず高く、たっぷりと。
生粉打ち、十割の蕎麦だ。

RIMG3612.jpg

頂からこぼれ落ちる、素朴な肌。
ぱっと見はすんなりしているよう見えたのだが
こうして見入れば「繊細なざっくり感」「細かい粗さ」に心を奪われる。

淡く香る蕎麦を口に含むと、これは意外な食感だ。
見た目は粗いのになんとも独特なつるつる感がある。
へぎ蕎麦に似ていなくもないがそれとも違う。
口の中でパラパラと束がほどけ、
1本1本がするりつるりとすべるように流麗に流れていく。
自家栽培もしているという店主が作り上げた、「一郷庵」の世界。




秋に来たらこの「摘み草天ぷら」というのが是非食べてみたい!!
こんなロマンティックなお蕎麦初めて見た〜!
(メニュー写真より拝借)

RIMG3579.jpg

RIMG3582.jpg




2012年7月のライブのお知らせ



posted by aya at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越の蕎麦>新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

新潟・妙高市新井「こそば亭」


リクエストをいただきましたので
「こそば」のご紹介です(^o^)

ご存知、「こそば」とは新潟県と長野県の県境である
妙高地区山間部の在来種。
深い谷間の奥でながく栽培されてきたために、
他の種との交配がされないまま守られてきた貴重な種だ。
その粒の小ささととびきりの風味の豊かさで
近年たいへん注目されているのだが
生産量はごく少ないのでどこでも食べられるわけではないという
幻の在来種である。

だいたいの農作物はそうかもしれないが
蕎麦というのは小粒ほど美味しいとされるので
「こそば」はその小ささだけをとっても憧れられるアイドル種。
しかも実際に美味しいのだから
これはもう人気が出て当たり前なのだ。

その「こそば」の名を冠した蕎麦屋が妙高にある。


RIMG3483.jpg

街から少し外れた、ひろびろとした眺め。

RIMG3560.jpg

国道292号線からすぐだが
店の前はごく静かで、のどかである。



RIMG3495.jpg

こざっぱりとシンプルな店内。
外観もそうだが、慎ましくもビシッと調えられた素朴な落ち着きが、
実に清々しい。


「こそば亭」のお蕎麦は
基本の「ざる蕎麦」と
土日限定5食の「粗碾き田舎そば」。
「粗碾き田舎そば」は「玄そばを殻ごと碾いた黒い蕎麦です」と説明にある。
もちろんどちらも「こそば」種使用である。


まずは
「ざる蕎麦」
RIMG3513_.jpg

RIMG3519.jpg

粘り強そうな輝きをまとった肌。
素朴なホシが豊かに散りばめられ、
野性的なイメージの平打ち蕎麦である。

ひとすくい、たぐりあげてときめく。
この、何とも言えないよい香りは!
食感はごくやさしくやわらかく、表面には
見た目の通りの、かすかなぬめりのようなものを感じる。
これは小粒種の特徴らしい。
甘く香ばしい濃厚なかぐわしさは
ともすれば熟成の香りにも似ているのだが
そうではなく、フレッシュな野生というか・・
濃縮された静かなたくましさというか・・・
とにかく「何とも言えずよい香り」にうっとり!
これが在来種というものなのだろう。

「粗碾き田舎そば」(土日限定5食)
RIMG3536.jpg

RIMG3537.jpg


濃褐色の粗碾き肌の、無数のきらめき。
やわらかそうな輪郭線。

これまた、さすがは幻の種である。
黒く香ばしい香りは大変に個性的。
恍惚の、たまらぬかぐわしさ、香ばしさで、
私などは目をしっかり開いているのが全く困難だったが
どんな香りかと無理やり例えれば
「森林浴しに行った滝の入口付近」と言うか・・
「麦」のような・・「固形の墨」のような・・・
とにかく不思議なリラクゼーション・アロマに全身が包まれる。
やわらかい肌は食べるとにちゃっとするのかな、と思ったのだが
どっこい全然しない。
しっとりとやわらかな肌は噛みしめると
むしろハリッと新鮮なコシすら感じられる。
わわわわ、何コレー!


「こそば」種を食べるのは初めてではないが
やはり「こそばの地」で食べるよろこびは
こんなにも大きい。


地産地消という言葉が浸透して久しいが
やはりこんな小さな、貴重な種こそ、
あまり動かさないであげたいと思ってしまう。

自分が会いに行った方がいいな、と思ってしまう。



会いにゆくまでも、会った思い出も
こんなに楽しいのだから。





posted by aya at 15:02 | Comment(5) | TrackBack(0) | 甲信越の蕎麦>新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

新潟・八海山大崎口「八海生そば 宮野屋」


八海山尊神社のすぐ裏。

山の中の蕎麦屋の前に立って
まだ何も知らないのに、私は思わず声に出した。

「私ここ好き!」

RIMG0881.jpg

紺地にくっきり白抜きの暖簾。
入り口付近はトタンと木材でトントコ手作りしました、
といった風で私は大いに気に入ってしまう。
八海の森のお蕎麦屋さん。
なんて可愛らしい外観なのだ!



店内に入ってなお和む。
ストーブ。小学校のような下駄箱。

RIMG0830.jpg

コタツ席。いろり席。春季大祭の張り紙。

RIMG0815.jpg

RIMG0827.jpg

すべてが家庭的で、
それでいてスッキリカラリとした清潔感にあふれている。
外観でも同じことを感じたのだが、
これはなかなかないことだ。


店も素晴らしいのだが、
店主の笑顔はもっと素晴らしい。
なんというか・・例えるなら朝日、かなぁ
出会っただけで、こちらまで元気になれるような。
自分の奥に眠っていたエネルギーが底から掘り起こされたような気がする。

しかもその笑顔を、ピッカーーーーーッと、
ずーっと絶やさないでいてくれるのだ。
それがまた実に自然。仏頂面の私はただただ見習いたい。


朝日の店主が持ってきてくれたお惣菜。
「はいどうぞ〜 食べてくださいね〜」

RIMG0847.jpg

揚げ出し大根とお漬物。
こちらもつられてニコニコニコ。


ここに来たらなんと言っても山菜を食べたいところなのだが
本日は「人生初」のメインイベントを楽しみにしておりまして・・

私、「あらい」も「こく」も食べたことがないんです。
しかも「宮野屋」のは絶品らしいんです。

「鯉のあらい」
RIMG0835.jpg

独特の繊維感、ぷりっとした食感。
それが新鮮でジューシー。
やっぱりここのが特に美味しいのかなあ
「鯉のあらい」って美味しい!



「鯉こく」
RIMG0856.jpg

手前は「鯉のあらい」についてくる小さな「鯉こく」。
奥が単品注文の「鯉こく」。

写真だと奥にあるので差がわかりにくいが
単品の「鯉こく」はどーんと大きなお椀だ。

まずは小さなお椀を開けてみる。

RIMG0857.jpg

素晴らしい・・
脂がたっぷり乗った肉厚の鯉が美味しすぎる。
お寿司屋さんで食べるあら汁が大好物の私には
モロ好みど真ん中。
「鯉こくはくさみがあるから好みが分かれる」
と聞いていたのだがそんなものは全く感じられない。
聞けば「宮野屋」では裏の生簀に鯉を入れ
八海山麓の湧き水で餌抜きをきっちりしているのだそう。
この澄んだ脂とうまみには訳があるのだ。
ひゃー まいった。

暴走した私は大きい方のお椀も覗きます。

RIMG0863.jpg

ドカーン

ここで東京から来た魚を知らないアホ姉ちゃんは叫びました。

「鯉のぼりみたい!!」

だってウロコが鯉のぼりに描いてあるのとおんなじなんだもん・・

この鯉のぼりが巨大です。
ひっくり返すのはどっこいしょです。
こんなにおいしい「鯉こく」が
こんなにたっぷり食べられるなんて贅沢すぎる。
しかもこれが400円って・・信じられない。




「手打ちそば」
RIMG0866.jpg

RIMG0874.jpg

濃厚にただよう、あまい香り。
味わいではフノリとオヤマボクチはあまり感じられないが
その肌はかすかにぬるりとしている。
つるり重量感のある蕎麦だが、
軽やかなコシのせいでどこかふわりとした印象も。
ぬるりつるりふわり。

粉の旨みが濃厚でおいしいので
蕎麦だけであっという間に1枚食べきってしまいそうになるが
この薬味を見たらブレーキもかかるというもの。

RIMG0853.jpg

ネギ、みょうが、紫蘇の実、山葵。
そして奥にあるのは、クルミ!

このクルミが、煮干出汁の汁によく合って、
何とも言えない美味しさになる。
クルミが入るので私にとっては和菓子に近い美味しさだ。
大阪・布施の「手打そば 庵」で感じた感覚を思い出す。
2年前亡くなった先代の時代には
小さな卵が薬味とともについてきていたらしいので
さらに「手打そば 庵」を思い出す。


その卵が時代の流れで手に入らなくなったと
残念そうに、朝日の笑顔で話してくれる店主。

帰り際、外から帰ってきた奥さんもこれまた感じがいい。


もう「宮野屋」さん、
1回で大ファンになっちゃったもんね。


また帰って来ますよー!

この山へ。


RIMG0886.jpg






posted by aya at 23:21 | Comment(6) | TrackBack(0) | 甲信越の蕎麦>新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

新潟・越後湯沢「越後本手打ちそば しんばし」


湯沢の夜。

RIMG0974.jpg

「越後本手打ちそば しんばし」の雪国風情あふれる構え。
屋根の雪と海鼠壁のコントラストがたまらない。


永く愛されてきた老舗蕎麦屋には
雪の中、次々と車が集まってくる。

寒い夜こそ、中の賑わいがあたたかい。

RIMG0972_.jpg

店内は小上がりありテーブル席ありカウンターあり、
大きなお店にたくさん人がいるなあと見回していると

なんですかあの

RIMG0944_.jpg

巨大なオブジェのような

RIMG0905.jpg

まいたけは!!

メニューを見れば
舞茸天  (5かん)1350円
小舞茸天 (3かん)900円
とある。

舞茸好きの私、これは絶対頼もう!

その前にこんないいものも頼んじゃいました。


「魚沼・美雪マスの風干し」
RIMG0926.jpg

これが非常に美味しい。
箸に取るとずしりと重いほど一切れが分厚く大きく
脂がのっているのにくどさは全くない。
風干ししてあるため風味は濃厚で
添えてある玉ねぎマリネの酢加減もとてもいい。
すばらしいおつまみだ。

そしてやってきました戦艦まいたけ号。

RIMG0950.jpg

どっかーん

RIMG0953.jpg

すごい迫力。
3かんでこれなら5かんはどうなっちゃうのか見てみたい。


お蕎麦は大人数なら当然,
「へぎそば(3〜4名用)」
を頼みたいところだが今日のところは

「せいろ」
RIMG0959.jpg

RIMG0962.jpg

チラチラと舞う黒いホシ。
箸先での香りは淡く感じたが、
次第に二八の甘い香りが濃厚になってくる。
ふのりの風味はほとんど感じられないが
口に含むと見た目の通りのつるり、かすかにぬるりとした肌。
この食感はやはり新潟、ふのりの蕎麦だ。
ややずっしりとして食べ応えがあり
とても豊かな気持にさせてくれる、湯沢の地粉の蕎麦である。


地酒も充実。

「白瀧酒造 真吾の一本」
「白瀧酒造 溱屋藤助」
「鶴齢純米大吟醸」
「鶴齢 しぼりたて 平野屋」
「鶴齢 にごり酒 源左衛門」
「鶴齢の梅酒 純米吟醸仕込み」

などここで見るとどれもおいしそうだ。


おかんは山廃仕込みの純米「越後の長者」らしいので
寒い夜はやっぱりこれかな!

へぎそばは「半へぎそば(2名用)」もありますよ〜





posted by aya at 23:31 | Comment(6) | TrackBack(0) | 甲信越の蕎麦>新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

新潟・南魚沼「そば屋 長森」


4月。

車窓は一面雪景色である。

RIMG0686.jpg


こんなところにお蕎麦屋さんがあるのかな、
と不安になったころ、


RIMG0684.jpg

あった!あれだ!

もうすぐだぁー



八海醸造が運営する「魚沼の里」。
和菓子カフェや資料館や、ショップが点在するなかに
「そば屋 長森」はある。

RIMG0796.jpg



八海醸造直営の手打ち蕎麦屋。
いい店名だと思っていたがこれはそのまま地名である。
南魚沼市長森。

RIMG0782.jpg



腰をかがめて潜り戸を入る。


わあ・・

RIMG0775.jpg

RIMG0776.jpg

「板の間」という言葉そのままの、広々とした空間。
吹き抜けの天井はうんと高く、
めぐらされた古材の太い梁が頼もしく建物を支えている。


広間に座る。

幅広の4枚の障子につけられた雪見窓からは
まさに4月の雪が見えている。
午後になり雨交じりだがちらちらと降っている。

RIMG0702.jpg


「長森」の蕎麦は3種類。
「田舎そば」「二八そば」「十割そば」。

こんな素敵なところで、そんなにいろいろ蕎麦があるなんて
ああもう うれしくてワクワクして全然のんびりできない!!(>_<)

「田舎そば」
RIMG0718.jpg

黒々、いかにも歯ごたえのありそうな
太打ちの田舎蕎麦。

RIMG0719.jpg

ギュー!!
ものすごいたくましさの、濃厚な甘皮の香り。
香りだけで満足してしまいそうなほど贅沢なかぐわしさだ。
口に含むと見た目の通りのザラザラの舌触り、もぐもぐしっかり噛む食感。

実は「長森」の3種の蕎麦のうち、
この「田舎そば」だけがふのりつなぎなのだが
これはまったくそれが感じられない珍しい蕎麦。
滋味深くこうばしい蕎麦の味わいだけが
ジワーッと口いっぱいに、これでもかとあふれるようで
実においしい田舎蕎麦なのだ。

ここで、このあとの2枚が予想以上に手際よく
立て続けに運ばれてきてやや慌てた私。
店の人が
「ふのりが入っていない2枚目、3枚目はのびやすいので・・」
と案内してくれたので、
私は1枚目の「田舎そば」を食べきらずに
先に「二八そば」「十割そば」を食べることにした。


「二八そば」
RIMG0728.jpg

RIMG0734.jpg

どこかはかなく繊細な印象の、平打ちの肌。
はじめの香りはごくおとなしかったが
次第に二八らしい甘い香りが漂ってきた。
ややちゅるっとした舌触り
平打ちゆえのヒラヒラはんなりとした食感が
雪見窓に似合っている。



「十割そば」
RIMG0739.jpg

こちらも太さは二八とおなじくらいの細打ち。

RIMG0746.jpg

箸先にたぐりあげた香りは控えめ・・
と思いきや、これが見逃せないほど
「ビシッ」と端正な、ストイックなイメージのかぐわしさ。
思わず背筋が伸びる思いがした。
写真では伝わりにくいが、
口に含むとくっきり固めの輪郭線を持った蕎麦で
コシも強い。


そして帰ってきた (半分残してあった)「田舎そば」。
これがびーっくりの展開に!
先程食べたときはふのりが入っていることが全く感じられない
珍しい蕎麦だと思ったのだが、今度食べてみようとすると
箸先で「ふのり〜・・」
口に含んで「ふのりー!!!」。
実に郷土色あざやかな「布海苔蕎麦」に大変身しているではないか。
確かに食感はのびたりはしておらず強いコシもそのままなのだが
これは面白いなあ〜


蕎麦が3種類もあって楽しいのに、
「長森」ではつゆも2種類用意してくれている。

RIMG0710.jpg

「江戸風の辛い汁」と「薄く甘い田舎風の汁」。

江戸風も甘めで、両方かなり個性的な汁なのだが

RIMG0757.jpg

たっぷりの薬味がテーブルに置いてあるサービスは実に嬉しい。
ごまが特に嬉しい!


サービスといえば、
床座りが苦手なひとのために置かれた
低い籐椅子もとてもいいアイディアだ。

RIMG0691.jpg



潜り戸を外に出れば
建物の中で見た夢は終わる。

RIMG0781.jpg






でもこのあとはまたはしごしちゃうんだぁー
おっ「長森」は「松よし」のすぐ近くだったんですね。
RIMG0806.jpg
でも「松よし」さんはまたまた中休み時間なので
今回は別のところへ〜





(以前、松よしさん常連の知り合いが無理を言って頼んでくれてしまい
 中休み中開けてくださった時は申し訳なくて本当に慌てたけど
 みんなで美味しく、楽しかった!)
DVC00001.jpg
松よし






posted by aya at 22:26 | Comment(9) | TrackBack(0) | 甲信越の蕎麦>新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

新潟・津南「手打蕎麦処 とみざわ」


4月。

津南はまだまだ雪の中である。

RIMG0668.jpg

道路中央の消雪パイプもフル稼働。
道路脇の雪の壁の高さは場所によっては驚くほど高く
雪の多かった今年がいかに大変だったかがしのばれる。


RIMG0641.jpg

寒い外から店内に入ると
迎えてくれた若奥さんは赤ちゃんをおんぶしていた。
広い店内での接客で忙しい奥さんの背中で
赤ちゃんはあたたかそうにすやすや眠ったまま。

はあー 
雪国の蕎麦屋で、
いきなりいいもの見ちゃったなあ。

RIMG0652.jpg

店内には囲炉裏のようなイメージの大テーブルもあり
ここにはあとから近所の人らしい家族連れがやってきた。
親子3代、6人が、この席に似合うこと似合うこと。

はあー
雪国の蕎麦屋で、またいいもの見ちゃったなあ。



「とみざわ」の蕎麦は2種類。

「割粉をしてあるくせのないそばです」
と説明にある、機械打ちの
「細打ちそば」。

「地粉100%、1日60食限定」とある、
「手打ちそば」。

というわけで、

「手打ちそば」
RIMG0656.jpg

ツヤッツヤのピッカピカ!
またまた、雪国の風情にひたらずにはおられぬ、
フノリ・ヤマゴボウ入りならではのこのツヤ。

RIMG0667.jpg

ふんわ〜と漂う、フノリそばの甘い香り。
私は生麩が好きなのだが、ちょっとそれにも似た
ほんのりと甘い香りだ。
平打ちの蕎麦は見ての通りのつるんっつるんで
食感として似ているものを探したが、強いて言えば葛切り、かな?
噛もうとすると逃げられそうな、
噛んでいるのに噛んでいないような。
いわゆる普通の二八蕎麦や十割蕎麦と比べると
実に不思議なつるつる感、独特のコシ、香りだが、
味も香りも野草のように濃厚でおいしい。
郷土蕎麦としてたまに食べるのはいいものだ。
津南の地粉、まさに郷土の蕎麦である。

奥さんの背中で眠る赤ちゃん、
囲炉裏風テーブル席の大家族、
地粉で打たれた郷土蕎麦、
外に降る雪・・

と雪国風情満点の店内のテレビは
なぜかBSニュース(?)。
英国人経済評論家による吹き替えなし字幕なしの経済評論が
延々と展開されていた。

誰も見ていなかったけど
あの赤ちゃんの睡眠英語学習かしらん・・・?








.
posted by aya at 15:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | 甲信越の蕎麦>新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする