2012年06月15日

秋川「蕎麦 よしの」


RIMG0774.jpg
 

滝川街道沿い、ちょうど西多摩霊園の入り口の向かい側。

突如現れるモダンな形の建物は
入口正面から見ると窓も扉もない。
あるものといえばごく控えめな
「蕎麦 よしの」「営業中」という板看板のみ。
その文字すら消えかかっている。
店のすぐ前は街道だというのに
中に人の気配が感じられない佇まいは
ルネ・マグリットの絵をすら思わせる、不思議な静けさに満ちている。



窓も扉もないと書いたが、近づけば無論入口はある。


RIMG0826.jpg


この扉は「いらっしゃいませ、どうぞお入りください」とは言っていない。
かと言って「入ってくるな」とも言っていない。

ひどく自然にそこに「ある」扉だ。

私も自然にそれを開ける。




RIMG0782.jpg

吹き抜けになった店内にもまた、余計なものは何も無い。

意図的な洗練も、息の詰まるような統一感もない。

不思議な、何も無さ。

これは居心地がいい。




「そばがき」
RIMG0791.jpg

きっ

来たぁー・・・

来てしまいました・・・
「よしの」の「そばがき」!!

もう遠目に見ただけでダメ。
香りがブンブンこっちまで飛んできそうだ。
どんな香りかももうわかる気がするほど
私の五感はあのそばがきに集中している。(動物)

ちょっとみなさん見てください。
この美味しそうさ・・・・

RIMG0800.jpg

カァー



思わず目も口も開いたままカラスになってしまいそうなほど
すんんんばらしい姿である。


香りがまた、デジャヴュだか何だかわからないが、
こんな香りが来るだろうなと思っていたとおり。
正統派の、端整な、
もうこの際「世界一!」とでも叫んでしまいたいような完璧な香りが、
「キチッ」「ビシッ」と、決然とこちらに届く。
私は固く目を閉じる。
染み渡る。
染み渡りすぎて、
もうどうしていいかわからないー・・(早く食べましょう)


意を決して口に含んでまた天上の人となる。
なんですかこの極上フワサクエアリーさんは!!!
「フワ」で「サク」で「エアリーにとろ〜」なのだ。

ポテッとした肌に均一に織り込まれた空気は
まるでよく泡立てたメレンゲの泡のよう。
歯に当たると微かに「サク」として
ハッと思うとそのまま液体と消えていく。

えっ あなた 夢!?!!

今そこにいたのに、
こんなにもかぐわしい空気の中で姿を消すとは。

ああ 今日はもう本当に
私はどうしていいかわからない。





「せいろ」
RIMG0806.jpg

RIMG0809.jpg


じわーーーー・・・

私とつながるように香る、滋味深き香り。

どちらかと言えば地味に、おとなしく現れたその香りは
やがて舌に広がり味わいとなり、だんだん甚大になっていく。
もはや口いっぱいが「地味な滋味」で染め尽くされている。
なんという美味しさ。なんというニクさ!

密度濃く水気も多い、ややずっしりとした食感だが
平打ちのため歯ざわりはぬたーとしなやか。

はああー 素敵すぎる。
素晴らしすぎる。
なんておいしい蕎麦なんだろう!!



RIMG0815.jpg

ポタージュ蕎麦湯が、またおいしい。



駆け抜けていったかぐわしい夢をたどりながら、
私は、何もない空間に浮かんだような気持ちになる。


ぽっかり、 よしのに、 うかぶ。


外観も店内も、総てそのためにある空間と思えてくる。



秋川の不思議な一軒家。

ぽっかり 浮かびに来ませんか?





2012年7月のライブのお知らせ