2012年08月06日

茨城・久慈郡大子町「月待の滝 もみじ苑」


茨城県久慈郡大子町にある「袋田の滝」。
日本三名瀑のひとつに数えられているだけあって、
その高さ120m・幅73m!

RIMG0898.jpg

(゜O゜) すごい。




その「袋田の滝」からも車ですぐの、久慈川と八溝川の合流するあたりに
「見落し八景」と呼ばれる奇岩、絶壁、淵などがある。
中では最も「見落とされにくい」のが「月待の滝」だ。
「もみじ苑」はその「月待の滝」に隣接した蕎麦屋である。


RIMG0908.jpg

道路から建物は見えないので見落としてしまいそうだが
赤い毛氈の腰掛が目印。


RIMG0911.jpg

目鋭い方は「日本一やさしい裏見の滝」ってなんじゃい、
と思われたことでしょう。

「月待の滝」は滝の裏に回って見ることができる「裏見の滝」。
裏見の滝は国内に数あれど、
「アクセスの良さ」「「駐車場からの近さ」「滝付近の足場の安全さ」
などを考えると、ここは日本一「やさしい」滝なのだそうだ。

確かに、道路から少し下るとすぐに店が見えてくる。

RIMG0917.jpg

RIMG0922.jpg

店舗は2階建てになっていて
それ以外にも茶屋のような離れの建物が。

RIMG0959.jpg


こんな観光地らしい雰囲気の店となると、
まあ普通はあんみつとかソフトクリームとかがあって、
蕎麦屋とはいってもメニューに焼きそばとか冷やし中華まであったりするものだ。

そのとおり、この「もみじ苑」のメニューを見てみると、
そばメニューの他に
「フルーツパフェ」「あんみつ」「滝見だんご」「コーヒー」「クリームソーダ」「流しそうめん」
などなど、観光地らしさムンムンである。



しかしここの蕎麦を見くびってはいけない。

何しろ店主はこんな熱い男である。

RIMG0944.jpg

蕎麦メニューも

「もりそば」(そばの基本で当店が一番力を入れているそば)
「太切そば」(甘皮が多めに入った太切のもりそば)
「十割そば」(石挽そば粉と地下水だけで打つ少し黒目のそば)

の他に
「石挽そばがき」「ちぎりそば」「おろしそば」「八溝三昧そば」。

また、これは予約のみだが「カラー選別・緑のそば」なんてのもあり、
メニュー説明には
「当店自作のカラー選別機でそばの実を色分けし緑の実だけを集めて作る全国初の選別そば」
とある。



山小屋のような店内。

RIMG0941.jpg




でも何といっても、やっぱり滝を望む席に座りたい!
というわけでテラス席に。

どぉーです、この出来すぎた夢のような眺め!

「もりそば」
RIMG0964.jpg

ロケーションだけでも素晴らしすぎるのに、
この「もりそば」ときたら・・・

RIMG0970.jpg

ウワー!
何ですか このとんでもなくフレッシュな香りは!!

山のような、フィトンチッドのような、
高山植物のような、野草のような・・・(文章はイメージです)

とにかく目をギュッと閉じて上半身斜めになる他は堪能しようのない、
素晴らしすぎる香りである。
この大子町で採れたものを中心とした常陸秋そばだというが、
地のものというのはこんなにもフレッシュに、
ぴちぴち飛び跳ねるように香ってくれるものなのか。

嗚呼もう私は「万歳」と諸手を挙げ閉眼しこのまま固まってもいい。
(それじゃ食べられないのでは)

しかもこの、繊細な、フワッと軽いコシ感。
甘く濃くひろがる味わい。

え〜〜〜、ちょっとこれ、おいしすぎますよ・・
こんな場所でこんな絶品蕎麦が食べられるとは。



全身全霊しあわせまみれの中ふと見上げると、
これまた時を止めたくなるような眺めが。

テラス席の屋根を伝って落ちる、水の輝き。


RIMG0949.jpg

RIMG0955.jpg

RIMG0992.jpg


「このまま何もせずずっと眺めていたい・・」


と言ったそばから次の蕎麦に喰らいつくのはどうかと思うが、

「十割そば」
RIMG0973.jpg

「もりそば」よりやや黒目の肌に
クッキリとした褐色のホシが散りばめられている。

RIMG0979.jpg

これまた、先程の「もりそば」に似た最高のかぐわしさ!
しかもこの「十割そば」にはさらにもうひとつ、
ズシッと支えるややひねたような穀物の香りがある。
見た目では差を感じなかったが
口に含むと「もりそば」よりこちらの方が細く、
繊細にぱらぱらとほどける感じが非常に心地よい。
甘みも味わいもジワーッと濃く、
これもどうにもこうにもおいしい〜 おいしいよう〜




「太切そば」
RIMG0980.jpg

太切と名乗るからには確かに太いが
角のないやさしい輪郭線からすると結構やわらかそう・・?

RIMG0985.jpg

おお〜
これは先の2種とは全く違う、蕎麦の甘皮のぎゅうううと濃厚な、たくましい香り。
しかしそういう蕎麦にありがちな生々しさの全くない、
極めてフレッシュなかぐわしさである。すばらしい!!
見た目の通り角のない輪郭線はふるつるっっと口に入ってくるが
噛むと思いのほかしっかりした歯応え。
モグンモグンと噛みしめて食べる蕎麦である。

蕎麦汁は鰹が濃く凝縮されたような甘めのもの。

お腹いっぱい過ぎて「フルーツパフェ」「あんみつ」などのデザート類には
とても辿り着けないが、
汁と蕎麦湯と、滝の音。


RIMG0956.jpg


食後、いよいよ滝を見に行く。
確かに、暗く長いトンネルを抜けた先にある「袋田の滝」に比べれば
ここはすぐそこに滝があるので気軽に簡単に滝に近づくことができる。

RIMG0997.jpg




墓でなく「滝の裏へ廻る」。

RIMG1006.jpg


水の壁、水の音、水の休日。




夏休み、都心から遠くない天国への脱出をお考えの方は是非〜(^o^)




RIMG1007.jpg




posted by aya at 20:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | 関東の蕎麦>茨城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

茨城・日立市水木町「花みずき」


地図で見ると水木海岸からすぐなのだが
海側から到達するのは最初は難しい。

国道245号線沿いのGS・キグナスの前の幟が目印。
海側に小道を下ると、畑に囲まれた「花みずき」に会える。

RIMG0820.jpg

天然木と石の装飾がユニークな外観。

RIMG0883.jpg



店内に入ると、こんな張り紙が。

RIMG0878.jpg

いいですね〜
茨城に来た嬉しさに浸りますね〜
突然軍鶏りたくなってきました。

しかもすごいです、こんな看板も。

RIMG0865.jpg

「樫村ファーム」の有機野菜。
おいしそうだなあー!!



店内は広く、こんな部屋とか、

RIMG0874.jpg

こんな空間とか

RIMG0877.jpg

どこに座ろうかな?と迷ったが
バイトらしい若い店員さんが一番奥の部屋の案内してくれたので
そこに座る。

メニューを見ると

「期間限定のランチセット」
(つけ豚そば、そばとうふ、そばサラダ、豆乳アイス)

「日立三品そば」
(ゆば、こんにゃく、そばとうふ)


などのアイディアメニューが楽しそうだったが
やっぱりわたしはこうなっちゃうのだ。

「ざる」
RIMG0849.jpg

ふんわりのんびり、見るからに優しい印象の蕎麦。

RIMG0851.jpg

見た目も優しいが香りも優しい。
甘くフレッシュな穀物の香りがふわぁ〜
表面はつるつるしているわけではないのだが
噛み締めた食感がプルッとしているのが印象的。


そしてやっぱりいっちゃいました。
入り口のポスターで茨城に来た喜びに浸らせてくれた
「奥久慈しゃも」!


「つけ軍鶏ざる」
RIMG0840.jpg

RIMG0843.jpg

軍鶏らしい、しっかり固めの歯ごたえ。
ふにゃふにゃやわらかいものより、
こういう噛みしめて味わいが出る食べ物、大好き!
焼いた焦げ目がまた香ばしくておいしい。




隣席には近所の人らしい親娘。
年配の父親と50代くらいの娘さんが
たまに一緒に御飯を食べるらしい。
ジャージ姿のお父さんは首から診察券?を下げている。

「お父さん払うぞ」
「私あるよ」
「こないだお前が払った」

どちらが払うか譲り合っている。
食べている間も言葉少なく始終無表情だったが、
お互いを思いやっている関係が伝わってくる親娘。

静かな店内。
窓からはのんびりとした畑の眺め。

RIMG0860.jpg


土日限定で十割そばもあるので、次回は是非!








posted by aya at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関東の蕎麦>茨城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

茨城・常陸太田市「慈久庵鯨荘 塩町館」


茨城県常陸太田市に「鯨ヶ丘」と呼ばれる場所がある。

「鯨の背のように盛り上がった台地」というところから来た地名で
かつては太田城という城があり、佐竹氏の城下町として栄えたところだ。

今はすっかり静かな町並みとなったが、
どこもかしこも情緒ある景色ばかり。


その鯨の背の上、高台の街並みの中に
ひときわの威風を誇る「慈久庵鯨荘 塩町館」。

まず、その見事な佇まいに圧倒される。

RIMG0734.jpg

1887年築の、堂々たる構え。
かなり手が入れられパリッとした雰囲気だが
全くの新築ではこの雰囲気は出せないだろう。
この店だけでなく街全体がレトロなムードであるのも大きい。


RIMG0737.jpg






店に入りさらに驚く。

大きーい・・・




RIMG0809_.jpg

RIMG0812_.jpg



古さと新しさが混在する、広々とした空間。

吹き抜けの二階も客席スペースになっているようだ。

あまりに素敵な店内なので
どこに座ろうかウキウキ迷う。

RIMG0749.jpg



あの窓際の席もいいなあ

RIMG0806.jpg




この店はもともと、同じく常陸太田市の「慈久庵」が出したうどん店。
蕎麦が出されるようになったのは少しあとからだ。
そう思うとうどんも食べたいところだが・・迷う〜
とりあえず、血中蕎麦粉上げていいですか?(^o^)

「そばがき」
RIMG0776.jpg

おおっなんだかものすごい「とろザクそばがき」みたいですよ

RIMG0782.jpg

ふわ〜 ふわドロ〜〜〜
これはすごいそばがきだ。
何とも爆発的な滋味なる香り。
穀物というより植物、いや野菜と言いたくなるような
生々しいほどフレッシュで青い香りだ。
こういう要素の芳しさを持ったそばがきには出あうが
それがパーンと誇張された感じ。

ジャリザリ〜〜〜ふわドロ〜〜
おいしいよう〜〜
 



うふ。

「せいろそば」
RIMG0785.jpg


きゃ〜〜
うれしなつかし、慈久庵なそのルックス。



RIMG0797.jpg

見入れば見入るほどに、慈久庵。
しと〜〜〜 しっとり。
みずみずしく繊細に重なりあう、極荒挽きの肌。
大小とりどり、色とりどりのホシ。
透明感のある肌にゆらめく陰影にしばし目を奪われる。

先程の「そばがき」の香りを
私は「植物のような、野菜のような」と形容したが
この「せいろそば」の香りはもはや花にも近い。
香りがないとされる花に顔を寄せた時のような
まろやかで、ちいさく華やかなかぐわしさ。

限界までやわらかい蕎麦は
口に含むと節のようなコブのような、大きなゴツゴツのざっくり感があり
ジャリッと、たまに強い刺激を感じるほどの粗挽き感が楽しい。
食感はややぐったりとしてコシらしいコシも感じないのだが
いやいやいやいや・・・
噛んだ刹那ハッとさせられる。
こんなにもやわらかいのに、
容易にすぱと噛み切らせることなく
その手前でスッ・・と最小限の力で受け止めてくるのだ。
うう この食感・・・ 参りました。




RIMG0800.jpg

蕎麦湯と共に楽しんだ汁は、独特のすっきり感。
最初はちょっとあっけない気すらするのだが
これまた後から、パンチのある旨みが膨らんでくるような汁だ。





RIMG0752.jpg

ひろびろと、あまりにムードある店内に
ゆったりくつろぐどころか
逆にワクワク落ち着かなくなってしまう子供のような人・・
が、私以外にもう一人いた。

向こうの席の一人客のお兄さん、
それはそれは楽しそうに店内をワクワクウロウロ。
ほら「お蕎麦お持ちしました」ってお店の人が言ってるよ〜
早く戻ってこないと私が食べちゃうよ〜

RIMG0803.jpg






帰り際、さっき寄ろうと思った場所に行ってみる。

鯨ヶ丘から下の街を見下ろす風情ある階段。

あの場所で風に吹かれてみたいと思ったのだ。


が、先客がいた。

RIMG0817.jpg

肉体労働者風の出で立ちの若者。
足を開き腕を組み、風に吹かれてもう長いこと身じろぎもしない。

彼には今あの場所が必要なのだ。


私は次回来た時の楽しみとして
今日は譲るとしよう。

posted by aya at 11:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | 関東の蕎麦>茨城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

茨城・新鉾田「村屋東亭」


RIMG0709.jpg

「日本中にその名を轟かせる名店」、
なんて書くと大袈裟と思われるかもしれないが
蕎麦が好きな人にとっては全く大袈裟ではない。

毎回目の覚めるような、
蕎麦脳がリセットされてしまうような蕎麦が
なんでもなさそうにぽんと出てくる超名店。
5年ほど前、雑誌リンカラン(ソニー・マガジンズ刊)で
茨城蕎麦特集を組んだ時も、迷いなく取材に訪れた店である。

茨城は名店だらけの蕎麦パラダイスなので
つい浮気ばかりして今回は久しぶり・・・



RIMG0710.jpg

ああー うれしいなあ 来て良かったなあ!
店の前に立っただけで嬉しさに満ちあふれてしまう。
初夏の紅葉が色鮮やかな暖簾とよく合う。


午前中の店内。

RIMG0682.jpg

RIMG0678.jpg



「もりそば」
RIMG0691.jpg


午前中の光のなかで
「村屋東亭」の蕎麦と二人きりになれるしあわせ。

RIMG0695.jpg

あああああ

なんという・・・

「常陸秋そばの最高の香りがここにある!!」 

フレッシュな、しかし凛として落ち着いた、
どうしようもなく美しい香り。
そうなのです そうなのです。
「常陸秋ってこういうものでしたね!!」
ということを教科書のように思い知らされる。

香ばしさもある。甘さもある。
すーっと導かれるような深さも、ちょっとした青さも、
なにもかもが素晴らしい。
王道過ぎて完璧すぎて、何を書くのも野暮に思えるほどである。

コシだの食感だのを見つめようとしても、ただただ
「おいしい!完璧!」
としか思えなくなってくる。
よく見るとちょっと不揃いな感じもするのだが
口中では微塵も感じない。

ああー もう ただただ 

最高

うれしいよう おいしいよう





そしてここにくると毎回どうしても食べたい、

「みぞれそば」
RIMG0683.jpg

自家製豆腐と紫大根、ブロッコリー、アスパラなどの野菜が
飾るように盛られた蕎麦。
色合いがきれい。こんな服が着たい。(また理解されづらいことを・・)

RIMG0688.jpg

この自家製豆腐が「あたたかい」というところがまず大ヒット。
ほんのりあたたかい、おいしい〜お豆腐と、
ひんやりしゃっきりしたおろしの辛味、最高の蕎麦が絡み
もうこれはオイシイに決まってます!
ずるいメニュー!!だいすき!!



ここの汁がまた見事としかいいようがない。
潔いまでに甘味を抑えたシャープな汁だが
キュッとキレがある旨みが「余裕の洗練」を感じさせる。

私は蕎麦湯に汁を入れることをあまりしない無粋の者だが
さすがにここでは入れたくなる。



ふわっ

憎いほど粋に香る、昆布の香り。



汁ってこういうものでしたか・・・



私の日常に頻出して過ぎている蕎麦というもの、汁というものへの認識が
ピシッとリセットされた午前中。



さあー リセットされたから
いっぱい食べなきゃね!!(?)


RIMG0706.jpg


posted by aya at 08:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 関東の蕎麦>茨城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

茨城・境町「蕎楽」


まだお正月の晴れやかさの残る青空。

RIMG2409.jpg


「蕎楽」の前のバス停に降り立った私の心は
それより更に晴れ渡っている。
大好きな「蕎楽」!
しあわせに満ち足りると余計なことは何も考えられなくなるものだ。

今日は超のつく蕎麦好きのまゆきちと一緒なので
どんなに挙動不審でも大丈夫!(もっとまずいのでは)
ふたりして歓喜の奇声をあげつつ「こんにちはぁ〜」。

ああうれしや久々の「蕎楽」。
のんびり広々とした店内だが
ここの蕎麦打ち場をよく見ればこの店主が普通の人でないことはバレてしまう。


RIMG2429.jpg

RIMG2446.jpg


手短に説明するのは大変難しいが
「蕎楽」の店主は開拓者であり発明家でありいたずら坊主!
そのアイディアと行動力はとどまるところを知らず
もと電気屋という技術もあって思いついた機械を自分でどんどん作ってしまう。
現在は「蕎麦屋」であると同時に「石臼屋」でもあり
この店主の目立て(どんな蕎麦が挽けるかを決める石の刻み)による
石臼は数々の名店でも使われているのだ。
私の下手な説明よりも、蕎楽のHPの「石臼研究所」のページ
ほ〜ら、スゴイことになっちゃってるでしょう?


その店主が目をキラキラさせて「今おすすめだよー」というからには
大喜びで注文しました、「ゆり根のかき揚げ」。

RIMG2450.jpg

日常すすんで天ぷらを注文しない私だが
(実はあまり胃が丈夫でない)
「蕎楽」の天ぷらは本当に美味しいので、いつも必ず。
サックサクで美味しい!
ゆり根、いいなぁ〜


そして「蕎楽」ではこの
「舞茸天ぷら」を食べずしては帰れない。


RIMG2491.jpg


「蕎楽」は舞茸には力を入れていて、その美味しさには毎回驚かされる。
これは「蕎楽」が惚れ込んだ、群馬の山奥で栽培されている舞茸。
勉強熱心な家族経営農家のものだけあって
大資本ものとは香りが違う、大きさ、食べ応えが違う!
舞茸好きにはたまらない絶品天ぷら。


しかしこんな美味しい天ぷらを前にしつつ、
私の心はもう先程から雪の結晶のように純粋に透き遠り
それが風車のようにくるくるとまわっているイメージでいっぱいである。
何言っているのだか訳わからないと思うが
自分でも何言っているのだか訳わからなくなる程、
要は「蕎楽」の蕎麦が好きすぎるのだ。
もうすぐ会えると思うと言葉にならない。


ああ今、眼の前に。

RIMG2468.jpg



「彩美そば」、その美しさよ。

RIMG2471.jpg



写真ではその貴さが伝えきれないのが誠に残念である。
しっとりとおとなしい印象ながら、見入ればその肌の「特別さ」にハッとさせられる。
繊細な凹凸を持った肌、そこにゆらめく白い影。

たぐりあげ、香りを寄せてまた目が冴える。
美しく透き通る香り!
蕎麦の香りの美しいところだけを清らかに浮かべている。
見た目に反してちゅるちゅるとした喉越しの良さ。
ウワーこれはしあわせ。今日来てよかった・・・



2枚目「全粒そば」。
(ちなみに今回は全てまゆきちと1枚を半量ずつ。それでもこのしっかりした量だ)

RIMG2501.jpg

RIMG2525.jpg


「彩美そば」よりもぐっとたくましい印象。
まだ口に含まぬうちから、ふわ〜〜〜と漂う香ばしい香りがたまらない。
しっかりとした歯ごたえ、力強い風味。
3種ある蕎麦の中ではこれがいわゆる「田舎そば」のような性格になるのだと思うが
それがどこか品の良い、優等生な印象であるところが面白い。




3枚目「十割そば」。

RIMG2528.jpg


ウワー
これは・・・
今回は行く前から店主より「今、蕎麦とてもいいよ」と聞いていて
期待はしていたが、うーん、この眺めの素晴らしさときたら!!


RIMG2537.jpg

ドキドキする。
こんなにもこんなにもこんなことをされては、私はドキドキする。
(ついに故障)
ああああ なんですかねこれは!!
繊細に震える輪郭線、素朴な凹凸。
優等生な印象の「全粒そば」というのも面白かったが
「十割そば」としてこの眺めはさらに意表を突かれるではないか。
はかなく繊細な粗挽き。
しかし静かな存在感は凄みがあるほどである。

手繰り上げると、お?意外にも香りは淡い。
眼を閉じて探る。何かある。
下から静かに、これまた意表を突かれる個性的な香りが浮かんでくる。
ざらつきつつしっかりと密な歯ごたえ。
その奥に潜む、掴みどころのない不思議な香りを追いかけ
あああああ、しあわせだぁー
大好きだぁー 蕎楽。


食後は「蕎楽」定番デザート、蕎麦アイス。
しかし今日は興奮しすぎてフガフガ空気まで食べまくったか
お腹がいっぱいでどうにも入らないのでこれはまゆきちだけ。
でもそこはまゆきち、何もかもお見通しで
「あやちゃん、蕎麦の実のとこ食べたいでしょ?」
と一口くれた(^_^;)
「うん、そこ食べたい」と子供のように図々しくもらう私。


RIMG2555.jpg



茨城県といってもすぐそこは埼玉県という最も東京に近い地域。
「東武動物公園」駅前から「境車庫」ゆきバスに乗れば
40分で店の真ん前に着いてしまう。実に簡単だ。


今年は蕎麦の出来がよく、今「蕎楽」にはとてもいい玄蕎麦が入っているそう。

今度の休みはのんびり境町、いかがですか〜







posted by aya at 03:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 関東の蕎麦>茨城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする