2024年05月13日

石神井公園「きくち」

うふ。
本日は少々珍しい試みでございます。

いつもどんなに超名店に行って死ぬほど感動・悶絶・耽溺しても
とにかく書く方が追いつかなくて、書かないままになってしまうことばかりの私。
(何せさらっと 手短に書くことができない。愛は濃厚にウザ長く語ってナンボ(笑))

本日はね、 これから、 愛する愛する超名店に行くのです!♡
で、 それが楽しみすぎて、前回の写真を見ていたら
やっぱり書きたくなったので できるだけ手短に語りまーっす♡♡♡♡♡


もう、ここに立っただけで胸躍り平静ではいられません。

IMG_0650.jpeg


暗闇に浮かぶ、あっけらかんと
いかにもなんでもなさそうなふりをした粋な姿。
ニクイ、ニクすぎる!!

IMG_0647.jpeg




本日のメニューも、もう〜絞ってきますよね!!
イイトコばっかりついてきますよね!!

IMG_0653.jpeg



常連さんがいい時間を過ごすカウンター席。

IMG_0657.jpeg

奥のグループ客さんも常連らしくいかにも楽しそう。



いっこめはコレいきます♡

IMG_0660.jpeg

IMG_0659.jpeg


入り口は濃厚だけどキリッと感あり。
その後すいーんと消える。おいしー!!


「生海苔とブルーチーズ の佃煮」
IMG_0663.jpeg

もうこのメニューを考えた時点で、あなたは大勝利なのです(≧∇≦)
反則すぎる、美味しすぎる!!
もう完全にぶっ倒す覚悟で飲ませに来てる、そのまま押し倒される〜〜〜
でも生海苔よりブルーチーズ が優ってるのでこれはワインの方が合ってたな〜♡
生海苔の爽やかさが次の一口を誘い、
ブルーチーズだけで食べるより早いペースでペロペロ食べちゃう。そんで飲んじゃう!
完全に思うツボ客(笑)



そして早くも、ここのスペシャリテたあーーいむ!!!

「粗びきそばがき」
IMG_0666.jpeg

ああもう・・・対峙しただけで幸せすぎてわなわなする・・・
食べたいけど、 今この幸せの時間を長引かせたくて、
あなたを見つめていたい。

本日は福井、大野在来。

IMG_0672.jpeg

おおおおおおっっ♡

今回はですね、
ぶっ飛ばすような殴りかかってくるようなフレッシュさではなくて、
青いけれど一定のまろやかな穏やかさもある、
素晴らしいフレッシュな香りでございます!
味も強烈に濃くはなく、
しかしギュッとしたうまみ、味わいがしっかりある。
ざらざらもっちり、ギリギリエアリー ではないが軽さがまたニクイ。
全体にバランスの良いまとまりのある
上品なフレッシュさ、荒びきさに完全にノックアウトされる。
もう〜〜〜〜っ ほんとにーーーーー!!!
どうしてこんなに素晴らしいものが作れるのですかーーーー(T_T)♡



「ラム肉の酒粕味噌漬け焼き」
IMG_0674.jpeg

羊好き、酒粕好きの私がこれを頼まないことがあろうか、否ない。
メニューを見て1番に目につき突っ込みましたコチラ。
案の定激烈に美味しいです!!
和の甘い味付けが大の苦手な私ですが、この甘さはもう全然大好き。
(愛は いつだって矛盾に満ちている)
ブリンブリンの食感、芳醇なラムの香り。
あさつきの胡麻あえも甘いんだけど大変においしい。
添えられているのは赤い唐辛子の柚子胡椒。
もうねー飲ませるのがうますぎて迷惑でございます(笑)!!



「そら豆の天ぷら」
IMG_0677.jpeg

前回ここで食べた天ぷらは、もうそれこそどんな一流の天ぷら屋も裸足で逃げ出すような
超絶級の美味しさでしたが
http://ayakotakato.seesaa.net/article/480684458.html
今回のは、それに比べると印象はおとなしめ?
でも限界までの薄衣、カリッとじゃなくてふわっとした、
実に上品な 美しい衣の中に春の香りが閉じ込められていました♡




IMG_0680.jpeg

こちらはもともと好きなお酒。
今回甘いと案内をいただきましたが、あれれ?
酸味が苦手な私にはちょっと酸味強めでした。







「椎茸の天ぷら」
IMG_0681.jpeg

「右はかえしがかかっています、左は塩でどうぞ」
という、もう嬉しすぎちゃうご案内♡
うっまーーーーー!!
限界までの薄衣だけどこちらには少しサクッと感あり。
本当ーーに、衣感が限界までないんです。
なんという上品さ!


そしてまたもう一つのスペシャリテがやってきました・・・

「だし巻き卵」
IMG_0687.jpeg

見た目は色が薄いです。
そんなに胸躍るような見た目ではないと、 正直言って思います。
それが食べると、 それこそ椅子から転げ落ちるほど
「別物」「別格」なのでございます!!

IMG_0692.jpeg

舌に乗せた瞬間、毎度衝撃を受ける。
この質感は神!? 神なの!?
舌に乗せたのに、乗せた実感がないってどういうことなのか。
液体がそのまま舌にのったような? 
皮感がない、固形感がない。
でも飲めそうなほどジューシーなだし巻きともまた違うんだな〜
出汁の味がめっちゃ濃いのに味は濃すぎないのもいい
とにかく大気圏をブチ抜けて最高の最高の最高!!
これ以上のだし巻き卵は無い、と断言いたします!!!
大好きだあああああああ


ハアハア・・・
また そばの前に、こんなにエネルギーを使い果たしてしまった・・・
(食べるのも書くのも大変(笑))


「もりそば(二産地・一枚目)赤城」
IMG_0700.jpeg

ああああ
もうだめだ
もうわかりました
これはもう最高でしかない


IMG_0707.jpeg

爆発的フレッシュな芳しさ!!
温度高めだからこそフレッシュすぎてなまなましく感じるほどの香りだ。
質感がまた驚くべきもので、 一瞬茹ですぎか?と感じるほど
限界までのやわらかさやさしさがありつつ、
でもコシもギリギリある感じ。ニクイ!!
繊細な細切りでふんわり柔らかくみずみずしい。
このなまなましくさらけ出されてるような
ドキドキするほどの稀有な魅力。
あああ〜おいしいいいいいい〜〜〜〜〜〜
やっぱり最高だあああーーーーーー!!



「もりそば(二産地・二枚目)乗鞍在来」
f="https://ayakotakato.up.seesaa.net/image/IMG_0716.jpeg" target="_blank">IMG_0716.jpeg

おー、見た目は先ほどの赤城よりやや白く
こちらのほうが微粉かな?

IMG_0723.jpeg

これまた 箸先から香りを寄せただけで
「押される」感じすらしたほどの爆発的な芳しさ!!
フレッシュさより誠実で素朴なバランスの良さにうっとりさせられる香りだ。
見た目の通り味わいも白い印象で、
クリーミーでまろやか、でありつつ濃厚なうまみ。
食感はこちらの方がしっかり目だけどそれでもやさしい。
もう〜〜〜〜〜それぞれに魅力爆発、
それぞれに頂点を極めすぎちゃって、
私はもうヘナヘナでございます・・・

大好きだああーーーーーーーー!

ひたすら、吠えていたい・・・



IMG_0731.jpeg

ここは蕎麦汁もバカ旨い。
大変まろやかでよく合わさっているが、粋なキリッと感が憎すぎる。


蕎麦湯
IMG_0729.jpeg

超濃厚な蕎麦湯。
これまたおいしすぎてびっくり!!
いかに素晴らしい蕎麦粉が使用されているかが伝わってきて
ものすごく腰低ーーーくおかわりをお願いしちゃいました(≧∇≦)




IMG_0730.jpeg

これだけおいしいお店ですから、釜湯も宝物のようにおいしい♡


はあああーーー



復習しただけでもヘトヘトになる位なのに、
今日はこれからここに行くんです♡

ウキャッ♡

わーいわーいわぁーーーーい

行ってきまぁーーーーす!










posted by aya at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>練馬区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック