2024年03月13日

群馬・藤岡「鏑屋 響」


地元の人にも、遠方からのお客さんにも大人気の、
素敵なお蕎麦屋さん。

「素敵なお蕎麦屋さん」って言いたくなる感じなんですよねー!


遠くから見るとシンプルな雰囲気なのですが・・・

IMG_4822.jpeg




近づくとほら。素敵でしょう!?♡


IMG_4823.jpeg


IMG_4826.jpeg

IMG_4828.jpeg

ついときめいて激写しまくり。

店内の暖かな灯りに誘われるように
すいいぃ〜〜と引き寄せられていく。

今日はこんなところで手打ち蕎麦が食べられるなんて
嬉しいなあ〜♡



少し暗めの店内にはアンティークの美しい家具やお花が飾られ
これまた素晴らしく良い雰囲気。

IMG_4830.JPG

セットされたテーブルはまるで美しい舞台のようだ。



予約をしておいたのですんなり入れたが
店内はすぐに満席に。
人気の程が伺える。



それもそのはず。
ここ、こんなに素敵な雰囲気で、お料理もとーっても美味しいのに、
え??ってくらいリーズナブルなんです。


いつもお蕎麦屋さんでは「せいろそば」に全身全霊集中し過ぎて
アラカルトばかりの私ですが
ここでは、大変評判の良いコースメニューを行きたいと思います!



蕎麦遊膳「鏑」 お願いしまーす♡

IMG_4831.JPG
(間違えて昼のを撮っちゃったけどこの時は夜でした。お昼だと200円ほどお得らしい)


「先付」
IMG_4840.JPG


わ。

素敵な演出にまたまたときめいてしまいます〜

IMG_4839.JPG

ねっとりこっくり、でもすっきりな胡麻豆腐、おいしい〜


そして、運ばれてきてびっくりしました。

えええええ〜〜〜〜!

「蕎麦点心(2人前)」
IMG_4848.JPG


ナニコレ 嬉しすぎるんですけどーーーーーーっ!!!♡


IMG_4846.JPG


IMG_4843.JPG


IMG_4845.JPG

ときめきすぎてまたまた激写!

こういうふうに、こちょこちょいっぱい並べてくれると
結構どんなお料理でも華やかで美味しそうに見えたりしますが
シビアな蕎麦犬高遠彩子はしっかり細かく内容もガン見しております。

ここのは、違う。
一つ一つ全てが選び抜かれた美味しそうなものばかり。

センスと思いやりが伝わるお料理の数々に、
食べる前から大感激〜


⚫️里芋の揚げ団子
⚫️ニシンの煮付け
⚫️イワシ揚げ浸し
⚫️蕗、茄子、きのこ、蓮根、ワラビのあえもの
⚫️桜エビとそら豆のマッシュポテト
⚫️マグロ
⚫️ホタルイカ

もうね〜〜〜〜
見た目通りの美味しさ、センスの良さに
静かな店内でおとなしく興奮するのが大変でございましたよ(笑)

里芋にはなんと中に明太子入ってました!
(齧った写真も撮ったけど自粛(笑))
ニシンの煮付けうまあああ!
あえものも、なんともじんわり美味しい、最高の春の恵み。
マッシュポテトは洋風小洒落た味付けがニクイ。
マグロはワサビと醤油だけ!いいねええええ〜
ホタルイカ沖漬けだぁーいすき♡

2,000円台のコースの中にこんな盛り合わせ入れちゃいます?
この後天ぷらやお蕎麦、デザートまでつくんですよ??
お店として大丈夫なのか心配になっちゃうくらいですが
だからこそ、「めっちゃオシャレな実家感」も感じて
この上もなくくつろいじゃうんですよね〜
(フロア担当の奥さんはずーっと声が明るくて超感じがいい〜)




「海老天ぷらと季節の野菜天ぷら(2人前)」
IMG_4856.JPG

海老おっきいぃいぃーーー!
天ぷらそのものも、盛り付けも美しい。

華やかに聳り立つ舞台の裏側では・・・

IMG_4858.JPG
御覧ください、このカボチャさん蓮根さん茄子さんの影なる頑張りを。
自分たちだってとってもおいしいのに
主役俳優が見栄えするよう下からしっかり支える縁の下の力持ち役、
つい応援したくなってしまう(笑)

パリッとした衣で結構オイリーなのだがヘビーではない感じ。
程よいボリューム感でサクサク食べちゃう〜 おいしい〜
特にエビが大きくて立派で、ぷりぷり半生感が美味しかったです♡
てか何度も言いますがこの値段のコースにこの大きな海老って・・・
ありえません〜〜〜!



「せいろ」
IMG_4867.JPG


わあ〜〜

瑠璃色の宇宙のようなお皿に盛られたこの演出。

「こう見せたい」というお蕎麦愛が伝わってきて、
その愛と私の蕎麦愛が響き合い、
食べる前から・・・はいもう黙ります、早く食べろ!(笑)


IMG_4876.JPG

うわあ・・・

箸先から寄せた香りはおとなしいのだが
なんとも上品な素敵な香り。
何より食感が印象的で、なんですかこの極上のやわらかさは!!
ふんわりしっとりとした極細の束感、殊更でないコシ。
ちょっと柔らかすぎる?と感じる一歩手前の、絶妙のやさしい食感。
香りも味わいも淡いのだが、なんとも上品で美しく
その極細ふんわりやさしい食感とも相まって
天女の羽衣に抱かれたような美しい世界に連れて行かれた気分。
群馬、赤城の二八蕎麦。


IMG_4877.JPG

蕎麦汁は万人に愛されそうな大変美味しい汁。
甘過ぎず辛すぎず上品すぎず粋すぎず。絶妙ですねえ〜
ただ不思議なことにこの蕎麦汁は蕎麦につけず
単体で味わった方がその魅力を感じやすいような気がしました。



IMG_4880.JPG


デザートの抹茶羊羹も美味しい!!
(苦味があると、苦手の甘いものが突然イケるどころか大好きな私(≧∇≦)♡)



外はまだまだ寒い3月の夜。

店内には立派なお花がそこここに飾られ、
お店の奥さんの明るい優しい接客に終始包まれ、
こんな素敵なところで美味しいものをいっぱい食べて
この幸せとありがたさはなんでしょう。

てかこのコースお安すぎませんか!!??


アラカルトも色々気になるメニューあるのだけど、
やっぱりここは次回もコースにしちゃいそうだな〜♡







IMG_4825.jpeg









<s8>
posted by aya at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関東の蕎麦>群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック