2024年01月06日

深大寺「玉乃屋」


初蕎麦の続き!

ハシゴで流れてまいりまして2軒め、
だーーい好きなお店でございます!
やっぱり〆はここっしょ♡


ムードがいいにも程がある。

IMG_6288.jpeg

瓦屋根の可愛らしい建物、赤い毛氈・・・
そして何より!


IMG_6286.jpeg

この大きな「手打」の文字に胸射抜かれて
ヘナヘナでございます!
カッケーーーーー!!!


今風に言えばテラス席というのでしょうか。
外席があるのでムードはますます爆発♡
ペットもOK。

IMG_6284.jpeg

私がかつて「蕎麦こい日記」(飛鳥新社)にまとめた連載をしていた時
蕎麦の美味しさに加え「ビジュアルの楽しさ」も求めて
「オープンエアの席でニット帽かぶってたぐりたい」
なーんて夢膨らませて深大寺に取材に来たのも
こんなお席があるからでした。


ふんふん、本日のお蕎麦は
北海道・弟子屈のキタワセ!
あの製粉会社さんの蕎麦粉ですね〜♪

IMG_6282.jpeg 

そしてここはお蕎麦が
「細打ちせいろ」「太打ち田舎」「もり」
と三種類ありますので♡♡♡
私のお腹はもう予約でいっぱい(≧∇≦)!
めっちゃ忙しいんであります。
しかも隣のお店からハシゴしてきたから二軒目なんスけど〜!
どうしますこの人〜 (≧∇≦)(笑)




こちらも外には大行列がありましたが
蕎麦神さまのご加護と私の作戦のおかげで
あんまり並ばずに入れちゃった馬鹿ヅキぶり!
店内はもちろん満席ですが、こちらには一定の落ち着いたムードがあります。

IMG_6219.jpeg

こちらはおつまみメニューよりもお蕎麦メニュー充実のため
昼酒居酒屋っぽく使う人が少ないからかもしれません。


IMG_6214.jpeg

私のお腹は三種類のお蕎麦で予約いっぱいとは言え、
体は冷えているし、何かあったかいものも食べたくなってきました。

ってなわけで一枚は鴨せいろにしちゃった!
 
「鴨せいろ(外二)」
IMG_6221.jpeg

ぎゃーナニコレ!!
こっ ここの鴨せいろには
卵がついてくるんですね!?!?
やっば〜〜!♡♡♡
(何せ浅草尾張屋のざる育ち、生卵に滅法弱い!)


「もり(外二)」
IMG_6230.jpeg

箸先から香りを寄せると、葉っぱのようなさわやかさとマイルドさを持った野生の香りがふわ〜。
噛み締めるとむっちりと程良くも豊かなコシ、質感が素晴らしい。
味わいとしてはすっきり。
最初の香りを追いかけて夢中でたぐる。
味がわかんなくなっちゃうから鴨汁ちゃんはあとでねー(≧∇≦)





「十割・細打ちせいろ」
IMG_6240.jpeg

野趣あふれるムードで笊の上におおらかにひろがる蕎麦。
美味しそう〜!!


IMG_6243.jpeg

陽炎のようにゆらめく白い影・・・
素朴な印象の肌にドキドキ。
 
香りはいかにも北海道キタワセらしい野生を持ちつつ
洗練された美しさも感じるかぐわしさ、
そこにさらに、素朴な渋い黒めな野生も感じ
いやーーん 素晴らしいんですけどーーー!!♡
質感はみっちりねっちり密なのだが繊細な細打ちなので気にならず。
そして噛み締めるたびにそれはそれは美しい、王道の蕎麦の香りが
バンバン口中に膨らむのがタマラナイ!!
この香りのふくらみ方は偶然にもお隣のお店の十割に似てるんだなあー
長年お蕎麦を食べ(過ぎ)ているが、こういう、何の関係もない店が地域が近いだけで共通点を持つことってあるんです。不思議!




「十割・太打ち田舎」
IMG_6234.jpeg

小さめの正方形のお盆にきちっと納まったこの姿。
余計なものは何一つない、自然な完全美。
世界に誇りたい日本の絶景に、いつまで見入っていたい。



IMG_6239.jpeg

こちらはお蕎麦としては先程の細打ちせいろと同じなので
さすがに同じかぐわしさ、同じ美しい味と香りの広がり方。
しかしやはりこちらはモグンモグン噛む蕎麦です。
噛むごとに素晴らしい香りが生まれ続ける蕎麦なので、太打ちもいいなあー!


散々お蕎麦の香りと味に耽溺しておりましたが、
鴨汁ちゃんのことはもちろん忘れておりません。

IMG_6222.jpeg

鴨汁は奇を衒わぬごくスタンダードな美味しさ。
脂っこすぎず、程よいボリューム感でとても美味しい。
というか、実はこちら、もりそばのつけ汁はかーなーり、個性的なんですよね。
酸味もお酒っぽさも強めな、攻め攻めシャープな蕎麦汁。
それからすると鴨汁のお味はごくスタンダードなホッとする美味しさです。
鴨肉もゴロゴロ入ってます。
何より卵つきが反則ですよねーーー!
嬉しすぎる(≧∇≦)♡♡♡


蕎麦湯は意外と、風味弱く、打ち粉フルな感じ・・・

IMG_6246.jpeg
 
蕎麦湯ってのも奥が深くて、蕎麦の味わいが淡いのに蕎麦湯がめっちゃ濃厚な味わいの店もあれば
蕎麦の風味がすごく豊かでしかも流行っててお蕎麦をたくさん茹でた後のはずなのに
蕎麦湯にぜんぜん風味が感じられない、
つまりはお蕎麦の旨みが釜湯に溶け出しにくいお蕎麦もあるっぽい、
んですよねー
こちらはその後者の感じ!


蕎麦湯ですっかり温まって、蕎麦湯たんぽをお腹に抱えて外に出たら。。



緋毛氈の可愛い外席に後ろ髪を引かれ、もう少しここに居たくなってしまいました。
 
というわけで、世にも珍しくこんなものに大挑戦!!

「蕎麦しるこ」

IMG_6251.jpeg

IMG_6266.jpeg

甘いもの苦手につき全く完食はできませんでしたが(^^;;)
蕎麦だんご?には蕎麦の雰囲気がかすかに感じられて嬉しかった♡



深大寺ハシゴ蕎麦は、やっぱり最高に楽しいなあーー!
また来まーす♡

IMG_6281-f93ba.jpeg










<ss8jh95jf90>
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック