2024年01月06日

深大寺「松葉茶屋」


今年の初蕎麦はこちらでした!

1月2日。

小雨も降る寒い中、みんなで仲良く並んで入店待ち〜

IMG_6211.jpeg


並びながらもメニューと本日のお蕎麦をガン見です。
無理な角度でムリヤリ撮影!!

IMG_6210.jpeg

うふ。
十割は茨城・常陸秋さん、八割は北海道・キタミツキちゃん!
もちろんどっちもいきますよー!


そして蕎麦的には馬鹿ヅキにツキまくりの人生の私は
タイミングよくそんなに待たずに入店できました。
(一応作戦も練りましたが(≧∇≦))
蕎麦神様ありがとう!!


店内はそれなりに混んでいますが相席などはせず
スペースはゆったり。


IMG_6183.jpeg




そしてここの人気の秘密の一つとして
お酒とおつまみが楽しいってのがあります。

IMG_6182.jpeg

うっひょー こりゃ楽しいでしょ!!
寒かったし、熱燗に焼き鳥とかやりたくなるっしょ!!(≧∇≦)


しかーし。
私の運命はいつだってすでに定められているのです。
本日のお蕎麦はここで終わりではなく、ハシゴの予定なのです。
てか深大寺に来てハシゴしなかったことなんて一度もないのです!!笑
誠に残念なことに私のお腹は一つしかないので
断腸の思いでいつもの暴走ロードを真っ直ぐに暴走します。


IMG_6181.jpeg

八割と十割、もちろん両方行きますが
ここは八割に「ミニもり」ってのがあるところが
なんとも酒呑みに優しい雰囲気ムンムンです(笑)
私は別の事情(お腹の容量確保)ですが「ミニもり」が、ありがたい!



「八割せいろ(ミニもり)」
IMG_6185.jpeg

わあ〜
素朴な輪郭線、電球の光を散らす肌感が
なんとも風情たっぷり。

IMG_6189.jpeg

かすかな蕎麦の野生と小麦の香り。
口に含むと真っ直ぐでない、手捻りの陶器のような
素朴な輪郭線、質感がいい雰囲気。
噛み締めると意外にガッチリした質感でやや固め。

北海道、キタミツキの二八蕎麦。


「十割せいろ」
IMG_6195.jpeg

打って変わってこちらはひんやりとした薄緑が美しい!!

やや平打ちなのかな?
太さはまちまちな感じがあるが、そういうのも大好きなので大歓迎。
ビシッと揃ってるのもいい♡
そうでないのもいい♡

とにかくこれは、見るからに美味しそ〜〜!

IMG_6200.jpeg

箸先から香りを寄せると、
見た目の通りの青い野生+クリーミーなイメージの白い香りが
淡く漂ってきた。
口に含むとやや平打ちの輪郭線が素朴な印象。
結構パッキパキの質感で、八割もこちらも結構固めなのだが
こちらは噛み締めるごとに美しい蕎麦の香りがブワッと広がる、
それに感動!!
箸先で寄せた香りよりも、
噛み締めて広がる蕎麦の香りがまさに常陸秋らしい、
王道の素晴らしい香りだ。
おいひ〜♡

蕎麦汁はかなり甘め。
出汁の味わいが独特で懐かしいような旨みがある。


IMG_6206.jpeg

まだお昼だけどすでにたくさんのお蕎麦が茹でまくられた蕎麦湯。
濃厚で美味しい。
寒い中せいろしか食べていない私のお腹を温めてくれる、
冬の私の救世主さん。


店内はたくさんいるバイトさんらしい店員さん達の注文の声、
お客さん達の声で大賑わい。

IMG_6184.jpeg

つまみが多いので居酒屋のように楽しんでいるグループ、
小上がりでくつろぐチビちゃんズ連れのファミリー(チビ椅子かわいい)、
そして外席にはワンちゃん連れのお客さんがいっぱい。

IMG_6207.jpeg


あー美味しかった!
蕎麦湯のおかわりもらって
すっかりあったまって感謝〜♡

と、寒い外に出陣!!

次の行列に並びいくのでありました(≧∇≦)












<hs7js85>
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック