2020年07月15日

三越前「御清水庵 清恵」


こんなに愛しているのに
会う度私を悩ませ苦しめるお店・・・


私は福井の郷土蕎麦、「越前おろし蕎麦」が大好きだ。

もともと蕎麦の香りを本能で求め続ける虫のような私は、
どこのお蕎麦屋さんに行っても「もりそば」一本。
私と蕎麦の間に入るものは水も空気も許さぬ、とばかりに
最後まで汁なしで食べてしまう。

しかし福井の「越前おろし蕎麦」は別。
「越前おろし蕎麦」とは「大根の絞り汁」と「鰹節」で食べるお蕎麦なのだが
それがもう犯罪的な美味しさなのだ。
いわゆる「大根おろしで食べるおろし蕎麦」じゃあないんです。
「大根の絞り汁」ってところが超ポイント!!ズルすぎる美味しさ!!



こんな感じでーす♪

IMG_8806.jpg

この写真は以前福井で食べた「越前おろし蕎麦」。
でも東京にも、
めちゃくちゃ美味しい「越前おろし蕎麦」が食べられるお店があるんです。
東京での貴重な専門店なので、当然「越前おろし蕎麦」を食べたいわけですが・・・

食べたいのですが・・・

お蕎麦そのものが悶絶おいしすぎてその香りに溺れ続けたくて
全然おろし汁につけられない!!
どうしたらいいのぉーーー!!


・・・というわけで、毎度毎度お蕎麦の香りへの愛と
「越前おろし蕎麦」への愛のハザマで
苦しみのたうちまわらなくてはいけないお店なのです。




銀座線「三越前」駅より徒歩1分という最高の立地。


IMG_4788.jpg


ビルの一階を覗いてみると、そこだけはめ込まれたような入り口がある。
手作りの風合いを感じる木のしつらい。

IMG_4785.jpg


これだけの名店の入り口としては、小さく素朴な姿だ。



しかしひとたび店内に入るとこの素晴らしき世界!!

IMG_4905.jpg

「日本橋」を望むリバービュー。
こんな気持ちのいい空間で、昼間から一杯やりながら
福井の郷土おつまみと悶絶美味しいお蕎麦食べたら
幸せすぎてどうにかなりますよね?

ハ〜イ今日はどうにかなっちゃいますよウヒャヒャヒャ〜〜〜!! (≧∇≦)




まずはメニューを眺めます。うふ。

IMG_4751.jpg
(川を背景に眺むメニューの美しさよ!!)

悩ましさ問題はもうすでにここから始まっている。
まずね、お蕎麦は決まってるんですよ。
「おろしそば」。そりゃそうですね♡

でもここのランチタイムには、プラス150円とか200円でいろいろ組み合わせられる
めちゃめちゃ魅力的なセットメニューがいっぱいあるんです。
(メニュー右上参照)
例えば「とろろ昆布のおにぎり」は、
おにぎりのまわりにとろろ昆布をめいっぱいまぶして
もふもふのトトロちゃんみたいのがやってくるんです!♡
それがまためちゃ美味しいんです!!

いつでもどこでも「もりそば」1本、
その愛をぐらつかせたことのない私をも誘惑するこの魔力・・・

周りのサラリーマンやOLの方々は、社食かってくらい慣れた口調で
どんどんセットメニューを頼んでいます。

ウッ・・・
私もセットメニュー食べたい・・・

セットメニューは定番のものに加え日替わりの「小どんぶり」ってのもあって
常連さんほどそれを頼むみたい。


こんなのとか〜
IMG_4784.jpg


またある時はこんなのとか♡

IMG_4886.jpg



そしてさらに困ったことに、ここはお酒もおつまみも素晴らしいんです。
ご覧ください、この福井の珍味の数々!

IMG_4750.jpg

そしてお酒は私が大好きな黒龍がぁ〜〜〜♡


今日はもともと白昼から暴走する気で参じましたので
そのまま突っ走らせていただきます!!


「黒龍 純吟」
IMG_4735.jpg

うっまー!!♡
入り口は柔らかいのに深くギュンとしていて
しかも後味はスッキリ。
さすがは福井が誇る名酒である。
日本橋と水辺を眺めつつ、午前中から美味しいお酒。
極楽すぎてバチ当たりそう・・・




「小鯛の笹漬け」

IMG_4746.jpg

ぎゃーーーーー
こんな美味しいもの出さないでええ
(オマエが頼んだのだ)

お酒通でもないし、量的にも全然飲めないくせに
美味しいお魚が出てくると「これを飲まずにおらりょうか!!」と
いっちょまえの酒呑みたいなことを言い出す私。

これはヤバイ・・・
美味しすぎてお酒がすすみすぎる・・・
小浜名産「小鯛の笹漬け」恐るべし。
昆布〆かってくらい濃厚な旨みと、ムッチリした肉質。
ああ〜 おいしいよぉ〜〜
福井って本当に素晴らしい!!
(ちなみに私は福井クォーター&母は曽祖母の代から日本橋なので
なんだかこの店には勝手にご縁を感じています (≧∇≦))



「鯖の燻製」
IMG_4742.jpg

うがーーーーー!!!
もうもうもう、私の好みど真ん中すぎて
食べる前からぶっ倒れそうなメニューでございます!!
なんたって鯖を愛しすぎて一生分食べちゃって
アニサキスアレルギーになったくらいの私である。
(注:「アニサキス症」とは違うので焼き魚もシーチキンおにぎりもアウト)

しかも「こうばしい」という香りの要素に滅法弱いので、
燻製はなんでもかんでも大好物。
鯖の燻製なんて大大大好きに決まっている。

全ての魚を断たなくてはいけないアニサキスアレルギーになって6年目。
最近は鯖以外のお魚は自己責任で食べてしまっていたが
さすがに鯖だけは怖くて食べられなかった。
しかし今日はですよ!?
こんな美味しそうな「鯖の燻製」を見せられたらですよ!?
食べないではいられないですかーーー!!
4時間後にまたきうきうしゃに乗ることになってもそんときゃそん時だ!

食べちゃえ

エイ


うわ おいしいーーっ!!
まさに私好みどストライク!!
これはヤバイです。ヤバすぎる美味しさであります。

炙ってあるのがとにかく犯罪。
ほっこりふっくら。皮パリ感が素晴らしく、
脂ののった鯖の旨みが最高。
燻製の香りがたまらないったらありゃしない。
こんなのねー、飲んじゃいますよー?
どうしてくれるんですか?
ああ このギュンとした黒龍がめちゃくちゃ合う・・・



「へしこ」
IMG_4893.jpg

福井が誇る珍味であり素晴らしい保存食でもあるへしこ。
鯖を発酵により熟成させることで
うま味も栄養価もマシマシになっております。
滋賀の名産「鮒寿司」にも通ずる、鮮烈な酸味と塩分。
これまたお酒を呼ぶ一品!




「ホタルイカの沖漬け」
IMG_4749.jpg

私の人生において、「ホタルイカの沖漬け」をメニューで見かけて
頼まなかったことがあっただろうか。いや ない。
私ってどうして呑兵衛でもないのに食べ物の好みが
呑兵衛そのものなんでしょうねえええ〜
これを一口、口に入れたら3秒以内にお酒が入ってこないと
絶対イヤですよね〜 (≧∇≦)




「にしんの甘辛煮」
IMG_4892.jpg

和の甘い味付けはなんでも苦手な私だが
お酒の最高の友「にしんの甘辛煮」は別なんです。
愛はいつでも不条理なもの。
ああ〜 福井って本当に素晴らしい・・・




「天ぷら」
IMG_4910.jpg

わがままを申しまして「天ぷらおろしそば(おろしそば+別盛り天ぷら)」の
天ぷらだけ先に持ってきていただきました。
えび二本、かぼちゃ、なすなど。



そしていよいよ、ときめき最高潮の瞬間を迎えるにあたって
この店における大変重要なマイルールを告白します。

「おろしそばは大盛りを頼むべし!!」

お蕎麦の量が少ないと言っているのではない。
お蕎麦が美味しすぎて、一枚全部お蕎麦だけで食べたいのに
「越前おろしそば」としておろし汁にもつけて食べたいのでそれができない。
なので半分はお蕎麦だけで食べ、残り半分をおろし汁につけて食べるため
お蕎麦の量が多めに必要になってくるわけです。



「おろしそば(大盛り)」
IMG_4913.jpg

越前おろし蕎麦のつけ汁と、なくてはならない鰹節。
そして蕎麦湯があらかじめお湯のみに入ってついてくる。



まずはつけ汁さんにはお控えいただき、
愛して止まない「御清水庵清恵」のお蕎麦の世界に見入ります。
IMG_4776.jpg

むわ〜と濃厚に香る、こうばしくたくましい蕎麦の香りにうっとり。
口に含むと、すこし太めの輪郭線でむっちりふっくら。
もぐもぐ食べる蕎麦だが硬さは全くなく、噛みしめるたびに
深く強い在来種のうまみと甘みが広がる。
食べている間中香ばしさかぐわしさが私の全身を染め
その夢から離れたくなくてつゆが全然つけられない。
この素晴らしいむっちりふっくらさは、
かなり小麦粉の配合量が多いのかと思ってしまうほどだが
それにしてはお蕎麦の香りと味わいが濃厚すぎる。
聞いてみると外二(蕎麦10:小麦粉2)であった。
福井の蕎麦の香りと味わいに
全身をゆったりと浸しているような気持ちになる蕎麦だ。


いつまでもあなたと二人きりでいたいけれど
私には決めたことがある。

というわけで、半分食べたところでついに思いを断ち切り、
いよいよ「越前おろし蕎麦」としての食べ方に突入する。
本当は最後までお蕎麦の香りに溺れていたいという思いもあるので
半ばイヤイヤな感じもあるのだが・・・

IMG_4927.jpg

ああああ なんというおいしさ!!
やっぱり「越前おろしそば」大好き!!
この大根の辛さと甘さ、つゆそのものの美味しさがとにかく最高!くせになる!

お蕎麦の香りを偏愛する私は、たまに試しにつけ汁につけるチャンスがあっても
99%「やっぱりお蕎麦だけで食べればよかった・・・」と後悔するのが常である。
しかし「越前おろし蕎麦」のつけ汁は
後悔どころかいくらでも、この何倍でもお蕎麦を食べたくなってしまう
麻薬のような美味しさである。

ああー おなかがもっと、あと2つくらいあったらいいのにー!



水辺と日本橋を眺めつつ、
メニューをみて悩み苦しみ、
最高に美味しい福井のお酒とおつまみに浮かれた後
〆には越前おろし蕎麦の魅力に振り回される。

来れば必ずこうなることはわかっているのに
毎度新鮮に誘惑されてしまうのだ。


私の心を何十年もかき乱し続けてくれる、
日本橋の名店である。


IMG_4938.jpg




posted by aya at 22:58 | Comment(1) | 東京の蕎麦>中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暫く前ですが伺った時、席に座ろうというとき店主が来て「ご飯?飲み?・・・」って一言・・
何でわかるんだ? 顔に「あたしゃ 酔っ払い」なんて書いた覚えはないのに。
必然二階の小部屋で首都高の下を流れる日本橋川、ゆるゆると川を走る観光船を長めながら、私もゆるゆると一献・・・余り目にしないものを選び(ズイキの酢の物、へしこ、鯖の燻製・・)へしこに酒を少々かけてゆるめて一献、ズイキで一献、ゆるゆるとした時間ゆらゆらした頭・・・
そして〆   たしかここ蕎麦屋だったよな・・・
Posted by at 2020年07月16日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。