2017年02月16日

京都・北山「大坪屋彦七」


植物園沿いの美しいメインストリートに立ち並ぶおしゃれなショップやケーキ屋さん、
裏手に広がる高級住宅街。

おしゃれエリアのイメージの強い北山エリアだが
近年ますます「手打ち蕎麦屋激戦区」となっている。
不思議ですけど、ウレシイことですねえ〜!
(2軒ハシゴしようとした間にもう一軒見つけた時は倒れそうになったが。←でも行った)

その中でも渋い系、飲み担当(^^)のお店がこちら。

北山通りから北に入るとそこはのんびり美しい住宅街。
空が広い。

IMG_5909.jpg

こんなところにお店が・・・?と思っていたら
左手に「蕎麦屋」の幟が見えてきた。
向かいは公園という好立地。


IMG_5902.jpg

モダンなデザインがユニークな建物。
よく見ると普通の住宅の前にちょこんと付け足されたように店舗が建っているらしい。
(どうやら住宅とつながっているらしい!)



IMG_5907.jpg

店の向かいは公園なので子供達の元気な声が平和に響いている。



店前のメニュー。

IMG_5905.jpg

うっふっふ、私はもう決まってるんです。
「もり」と「生粉打ち」の「二色そば」♡


IMG_5906.jpg

お酒は富山の地酒が多いし
おつまみに「富山の珍味」というページがドーンとあったりして
(コロッケランキング一位の丸長精肉店のコロッケ!)
なんだか富山度高いなあ〜と思ったら
長く富山でお蕎麦屋さんをしていた店主が5年ほど前に京都に移って来て始めたらしい。
うわ〜なんだか七尾から京都に志を賭けて出て来た
長谷川等伯みたい!(大ファン(≧∇≦))



のんびり前の公園を眺めながら待っていると
開店前だというのに続々お客さんが現れたので驚いた。
開店すると、私たちは大人数だったので奥のテーブル席に案内されたが、
しばらくするとカウンターも全て満席になった!
決して便利とは言えない住宅街のお蕎麦屋さんなのにすごい〜〜!
京都では結構こういうことが多いのだ。
自分の好きな人(蕎麦)が大人気で嬉しいような、
ライバル心で焦るような・・・(๑˃̵ᴗ˂̵)


外観もユニークだが店内も面白い。

IMG_5896.jpg

カウンターの上は古い建物から欄間などを集めて来てコレクションしたような
面白いコーナーになっている。


地酒が色々たのしそう〜♪

IMG_5897.jpg


「そばがき」
IMG_5820.jpg

まさに「練り上げた!」感じの迫力の姿。
土佐醤油が添えられているがこんなに香り高くては
ぜったいに最後までつかえませんよ・・・


IMG_5832.jpg
(取り分けた私のぶん♡)

深い香ばしさ、甘さ、さわやかさ。
バランスのとれた誠実な蕎麦のかぐわしさを濃厚にまとい
食べる前から私をノックアウトしてくる。
食感はザラザラふっくらもっちりで、これはおいしいなあ〜


「二色そば」は一枚ずつ順番にやってくる。

「もり」
IMG_5843.jpg

ぬったりと、いかにも香ってくれそうな肌。
意外と粗挽き、素朴な印象。

IMG_5849.jpg

ムワーとたくましく力強いかぐわしさ。
野生的にどっしりムワーとした香りなのだが
嫌味がまったくないのがすばらしい〜!
食感は程よくずっしり一本一本が独立して大変心地よいコシがある。
こういうのを蕎麦打ちが上手い、というのではないのかな?と思わせる見事な食感。
二八らしい甘みもあるのだが香りのせいか男性的なイメージで、
味わいの濃いおいしい二八蕎麦。



「生粉打ち」
IMG_5863.jpg

うわー!こちらはさらに粗挽き、
黒っぽく素朴な肌がたまらない。
素晴らしい眺め〜〜♡
IMG_5877.jpg

おお〜香りはさきほどの「もり」と同じ方向で
ムワーと野生的にどっしりたくましい。
しかしこちらは香りにも味わいにも甘みが全くないのでストイックな印象だ。
コシもこちら は弱めでしっかりした感じ、
二八と十割の違いがわかりやすく鮮やか!
見た目の印象ほどではないが粗挽きの素朴な舌触りも嬉しい。
でも「もり」の食感や味わいのバランスが素晴らしかったので
ちょっとだけ「もり」の方が好きかな〜♡


「お昼のサービス品」である
「白海老のかき揚げ」400円。
IMG_5861.jpg

白海老の濃厚さもあってトロッネトッとした食感。


「鴨せいろ」の鴨汁もひとくち味見させてもらっちゃいました♡

IMG_5841.jpg

甘みも味もガツンと濃い目!
お酒のおつまみにもなりそうな鴨汁。


ここは地酒が楽しそうなので次回は夜に是非「富山の珍味」と共に・・

「甘海老に塩辛」
「白海老の塩辛」
「昆布締めさしみ白海老・かじきの2種盛り」

かー、たまりゃん(≧∇≦)♡

posted by aya at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関西の蕎麦>京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446921094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック