2014年08月26日

広尾「傅心」


広尾の駅上と言っていい好立地。

RIMG1205.jpg

外苑西通り沿いにあるとは言え、そのさりげない外観は知っている人でないと
なかなか気づかないかもしれない。



店は階段を上がった二階にある。

RIMG1098.jpg





RIMG1157.jpg

段差を作ることで小さなホールのような華々しい奥行きを感じさせる店内。



ここの料理は味も美味しいがその姿の美しさが素晴らしい。
相当の美意識の高さを感じさせるものばかりが次々出てくる。

この野菜と器の色彩。

「夏野菜のジュレかけ」
RIMG1121.jpg



この稚鮎の美しさ!!

「稚鮎の天ぷら」
RIMG1135.jpg

RIMG1136.jpg

日本料理の世界では稚鮎の天ぷらは「泳いでいるように」盛り付けるのが理想らしいが
この稚鮎はまさに、躍動感さえ感じさせる日本画のような眺め。



「酢の物盛り合わせ」
RIMG1130.jpg

お値段も大変にゴージャスだが内容もゴージャズ。
こんな豪華な酢の物盛り合わせ、初めて見た!
酢の物好きにはなんと幸せな贅沢だろう・・



そして「傅心」の美意識でそばがきを作ると
こんなものすごいことになっちゃいます。

「蕎麦がき」
RIMG1166.jpg

ええええええ
ナンデスカ
このもんのすごい荒挽きっぷりは!!

RIMG1175.jpg

(>_<)

こっ

この、蕎麦畑がそのまんま丸められたような強烈なルックスもすごいのですがっっ

それ以上に、この超絶たまらないフレッシュなかぐわしさは何なんですか!!

吹き抜ける青いような美しさと、打ち抜かれるような濃厚な香ばしさ。
欲しいものが全部ここにある感じの最高の香ばしさ!!

口に含むと見た目の通り、ザラザラ大粒の粗びき粒が
ドロドロザラザラ〜〜と口中にとろける。
ふっくらさ、エアリーさはあまりなくドロドロザラザラつぶつぶ〜〜
そしてグルタミン酸を感じるほどの穀物の強烈な旨みがたまらなく美味しい。
ああああああ 素晴らしい


そしてこれだけの超粗挽きのそばがきを普通に「蕎麦がき」と名乗っちゃうお店が
「粗挽そば」を打つとこういう事になります。

さあ皆さん一緒にびっくりしましょう!!

じゃーん

「粗挽蕎麦」
RIMG1187.jpg

モノスゴイ、の一言・・・・!!

RIMG1184.jpg

それはもはや、蕎麦というより芽吹き始めたユキヤナギの枝の如くの姿。
ポコポコした舌触りの肌を噛みしめると
トウモロコシから甘さを除いたようなスッキリした深い香ばしさが生まれ、
味わいはほんのりと滋味深い。
つながりは全体に短めだがこれだけのインパクトであるから、
蕎麦というより極上の「つまみ」のようだ。
自家製粉、福井大野の蕎麦。
面白いことやっちゃうお店だなあー




「せいろ蕎麦」
RIMG1193.jpg

同じ福井・大野の蕎麦だというのに
打って変わってこちらは端正な輪郭線、美しい緑!

RIMG1196.jpg

穏やかな蕎麦の香りを淡くまとう密な肌。
しとっ ピタピタとした肌を噛みしめるとやわらかで自在なコシが迎えてくれ、
こういうのを「上手い蕎麦」というのだろうなあ、と思う。
そしてそんな上手い打ち手があんな強烈な粗挽きを出しちゃうところが
面白いなあー、と思う。


同じ打ち方で産地だけ違うお店も楽しいが
2種の蕎麦のコントラストが鮮やかなお店もこんなふうに楽しい。


手打ち蕎麦なら何だって楽しいんでしょ、と言われそうだが
その通りでーす(^o^)


posted by aya at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック