2012年04月03日

新潟・南魚沼「そば屋 長森」


4月。

車窓は一面雪景色である。

RIMG0686.jpg


こんなところにお蕎麦屋さんがあるのかな、
と不安になったころ、


RIMG0684.jpg

あった!あれだ!

もうすぐだぁー



八海醸造が運営する「魚沼の里」。
和菓子カフェや資料館や、ショップが点在するなかに
「そば屋 長森」はある。

RIMG0796.jpg



八海醸造直営の手打ち蕎麦屋。
いい店名だと思っていたがこれはそのまま地名である。
南魚沼市長森。

RIMG0782.jpg



腰をかがめて潜り戸を入る。


わあ・・

RIMG0775.jpg

RIMG0776.jpg

「板の間」という言葉そのままの、広々とした空間。
吹き抜けの天井はうんと高く、
めぐらされた古材の太い梁が頼もしく建物を支えている。


広間に座る。

幅広の4枚の障子につけられた雪見窓からは
まさに4月の雪が見えている。
午後になり雨交じりだがちらちらと降っている。

RIMG0702.jpg


「長森」の蕎麦は3種類。
「田舎そば」「二八そば」「十割そば」。

こんな素敵なところで、そんなにいろいろ蕎麦があるなんて
ああもう うれしくてワクワクして全然のんびりできない!!(>_<)

「田舎そば」
RIMG0718.jpg

黒々、いかにも歯ごたえのありそうな
太打ちの田舎蕎麦。

RIMG0719.jpg

ギュー!!
ものすごいたくましさの、濃厚な甘皮の香り。
香りだけで満足してしまいそうなほど贅沢なかぐわしさだ。
口に含むと見た目の通りのザラザラの舌触り、もぐもぐしっかり噛む食感。

実は「長森」の3種の蕎麦のうち、
この「田舎そば」だけがふのりつなぎなのだが
これはまったくそれが感じられない珍しい蕎麦。
滋味深くこうばしい蕎麦の味わいだけが
ジワーッと口いっぱいに、これでもかとあふれるようで
実においしい田舎蕎麦なのだ。

ここで、このあとの2枚が予想以上に手際よく
立て続けに運ばれてきてやや慌てた私。
店の人が
「ふのりが入っていない2枚目、3枚目はのびやすいので・・」
と案内してくれたので、
私は1枚目の「田舎そば」を食べきらずに
先に「二八そば」「十割そば」を食べることにした。


「二八そば」
RIMG0728.jpg

RIMG0734.jpg

どこかはかなく繊細な印象の、平打ちの肌。
はじめの香りはごくおとなしかったが
次第に二八らしい甘い香りが漂ってきた。
ややちゅるっとした舌触り
平打ちゆえのヒラヒラはんなりとした食感が
雪見窓に似合っている。



「十割そば」
RIMG0739.jpg

こちらも太さは二八とおなじくらいの細打ち。

RIMG0746.jpg

箸先にたぐりあげた香りは控えめ・・
と思いきや、これが見逃せないほど
「ビシッ」と端正な、ストイックなイメージのかぐわしさ。
思わず背筋が伸びる思いがした。
写真では伝わりにくいが、
口に含むとくっきり固めの輪郭線を持った蕎麦で
コシも強い。


そして帰ってきた (半分残してあった)「田舎そば」。
これがびーっくりの展開に!
先程食べたときはふのりが入っていることが全く感じられない
珍しい蕎麦だと思ったのだが、今度食べてみようとすると
箸先で「ふのり〜・・」
口に含んで「ふのりー!!!」。
実に郷土色あざやかな「布海苔蕎麦」に大変身しているではないか。
確かに食感はのびたりはしておらず強いコシもそのままなのだが
これは面白いなあ〜


蕎麦が3種類もあって楽しいのに、
「長森」ではつゆも2種類用意してくれている。

RIMG0710.jpg

「江戸風の辛い汁」と「薄く甘い田舎風の汁」。

江戸風も甘めで、両方かなり個性的な汁なのだが

RIMG0757.jpg

たっぷりの薬味がテーブルに置いてあるサービスは実に嬉しい。
ごまが特に嬉しい!


サービスといえば、
床座りが苦手なひとのために置かれた
低い籐椅子もとてもいいアイディアだ。

RIMG0691.jpg



潜り戸を外に出れば
建物の中で見た夢は終わる。

RIMG0781.jpg






でもこのあとはまたはしごしちゃうんだぁー
おっ「長森」は「松よし」のすぐ近くだったんですね。
RIMG0806.jpg
でも「松よし」さんはまたまた中休み時間なので
今回は別のところへ〜





(以前、松よしさん常連の知り合いが無理を言って頼んでくれてしまい
 中休み中開けてくださった時は申し訳なくて本当に慌てたけど
 みんなで美味しく、楽しかった!)
DVC00001.jpg
松よし






posted by aya at 22:26 | Comment(9) | TrackBack(0) | 甲信越の蕎麦>新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今季の品書きには、やっぱり「鷹の巣の十割蕎麦」はなかったですかね?
昨夏のあの豪雨被害では、まあ仕方ないとは思いますが。
Posted by Z33 at 2012年04月06日 23:10
Z33さま
私もちょっと期待したのですが今年もありませんでした〜

Posted by aya at 2012年04月09日 23:46
お店の雰囲気がいいですね〜、旧き良き佇まいはそのままに清潔感ある店内。雪降る寒さの中、こんなお店で暖まりながら食べる蕎麦美味しそう〜〜〜!二ハのザラついた麺体と透明感・・・・誘惑されます。

先週、高橋氏の蕎麦会に行ってきました。
あの爽やかな味と風味にやられちゃいました(笑
Posted by やまもと at 2012年04月10日 00:13
やまもとさま
誘惑されてくださってありがとうございます(^o^)
高橋さんレポ見ました。堪能、誘惑されました!!
くろワンちゃんかわいい・・(>_<)
Posted by aya at 2012年04月10日 14:42
見て下さったんですね〜、ありがとうございます!
ayaのような食べてる気になってしまうレポートにはなってませんが・・・うっ、お恥ずかしい。
犬いつも変わった犬ですね〜と言われてます(笑
Posted by やまもと at 2012年04月10日 22:02
あっ!!
ayaさんって書いたつもりが呼び捨てになってました。
ここに書いて良いのか迷いましたが・・・
すみません・・・失礼いたしました。
Posted by やまもと at 2012年04月10日 23:55
やまもとさま
ワンちゃん変わってるんですかー
真っ黒い犬は真っ黒の中に真っ黒のおめめが光っててかわいくて笑っちゃいます。
呼び捨て、ちょっと欧米っぽかったですよん(^o^)
Posted by aya at 2012年04月13日 21:17
鷹の巣の十割蕎麦は、昨年食べました。
これは運がよかったのかな。

秋近くだったかな、
店の裏の景色がとてもよかったですよ。
Posted by 夢八 at 2012年04月14日 13:01
夢八さま
去年は食べられたのですね!私は一昨年行ったときは時間外で入れず、その時はあったのかなあ〜
景色、本当に素晴らしいですね。
Posted by aya at 2012年04月16日 00:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/262739814
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック