2011年09月30日

長野・木曽町「時香忘」


何年か振りなのに
こうして来てみれば前回がつい昨日のよう。

車を降りてまず一番に迎えてくれる山の空気!

RIMG3865_.jpg


川沿いにある「時香忘」は一日中
山の空気と川の音に洗われているかのようだ。



RIMG3871.jpg

店のエントランスから建物まではだいぶあります



RIMG4001.jpg

だいぶあります


RIMG3988.jpg

だいぶあります




RIMG3997.jpg

とうちゃく〜
来る度に、一体どんな土地の形なのか把握しようと思うのだが
いつものことながら行きはソワソワ、帰りは蕎麦酔いふにゃふにゃで
結局どうなってるのか今もわかりません。
よくわからないままの方が楽しいのかもしれない。

吹き抜けの、気持ちの良い店内。

RIMG3975_.jpg

人気の店だけに午前中から続々とお客さんが集まってくる。


まずは、

「蕎麦がき」

RIMG3892.jpg


RIMG3896.jpg

ほわぁ〜と濃厚に漂う、野趣あふれる香り。
極粗挽きの肌がいかにもおいしそう!
噛みしめるとぎっちりと密な食感、モッチリとした歯ごたえ。
ひとつひとつはコロンとコンパクトながら食べ応えのある、
山の地らしい蕎麦がきだ。


そして本日は張り切って予約までしておりまして
3種類のお蕎麦を食べるんだぁー!

うれしいなー!


まずはこちらが前日までに要予約の
「野点そば」

RIMG3915.jpg

RIMG3918.jpg

こ、この肌・・・!!
小枝のような輪郭線、ネコヤナギの穂のような白い陰影。
見た目も物凄いだけあってこのお蕎麦、
ただのお蕎麦ではありません。
「蕎麦の実を粉にせず実のまま打ち上げる」というびっくり蕎麦。
蕎麦ウンチクはなるべく知らないままでいようと心がけている私には
さっぱりわからないが何だかものすごいらしい。
つなぎは0.18%だけ「山菜から取り出した葉脈」を使っているそうだ。
「通常の10倍以上の時間をかけてこねあげる
 モチモチの食感をお楽しみください」
と説明にある通り、モッチモチの独特の食感。
無数の凹凸が口中を流れ、
ほんのりと野性味のある香りを見つめるひととき。



「夜明け蕎麦」
RIMG3936.jpg

RIMG3950.jpg

見たことのない方は必ず驚くであろうこのルックス。
「昼夜蕎麦」という名で呼ばれたりもする、
田舎蕎麦と更級蕎麦を重ねて仕上げた二色蕎麦である。
技術的にとても難しいとされるこの蕎麦を
こちらでは湯捏ねせず小麦粉も入れず
0.12%の葉脈をつなぎとして加え、水だけで打っているそう。
田舎蕎麦のねっとりざらざらした食感と
つるりと流れるような更科の食感が同時に感じられて
何とも珍しい感覚。
田舎らしい力強い香りなどは見た目ほど感じられず
上質の更科蕎麦が持つ上品な美しい味わいが印象的だ。




「極粗挽きおやまぼくち もり蕎麦」
RIMG3958.jpg

RIMG3973.jpg

せっかく来たのだから
この店のスタンダードといえる蕎麦もやっぱり食べたい。
極粗挽きの蕎麦粉に0.12%のオヤマボクチを
つなぎとして加え1時間かけこねあげている蕎麦だ。
オヤマボクチとはヤマゴボウとも呼ばれる植物で、
昔から長野の飯山辺りでは
このオヤマボクチをつなぎにした蕎麦が打たれてきた。

今日は「時香忘」の蕎麦としてはどの蕎麦もあっさりめの印象だが
この強いコシとややぬめるような表面のつるり感は
まさにこの店らしい。

噛み締めるごとに淡く浮かぶ香りを追いかけて
じっくり、じわじわ、味わい楽しむ。


素敵な仲間と楽しい蕎麦。

山の中。川の音。


ああ、しあわせなお昼だ。



RIMG3860_.jpg




10月の出演のお知らせ
posted by aya at 08:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 甲信越の蕎麦>長野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ayaさん、おはようございます。

時香忘、開業2年目に伺ってから早6年が経ちましたが、その間、どんどん有名になっていきましたね。

>「昼夜蕎麦」という名で呼ばれたりもする
この蕎麦は未だ食してないですが、次回訪問時の楽しみにしています。
この蕎麦、名古屋の某店では蕎麦と饂飩でやってますね。

店主の高田さんは、お元気でしたか?
Posted by そばの横好き at 2011年10月01日 07:48
そばの横好きさま

>開業2年目に伺ってから早6年が経ちましたが

自分が一体どの店にいつ何回行ったんだか、何事も記憶喪失の私には、ぱっと数字が出てくる方は尊敬!ブログ始めてからも書いている店は一部なので全くめちゃくちゃです(^^;;)
時香忘さんとは以前はお話もしましたが今回はとても忙しい日だったのでお姿は見ず仕舞いでした。今回は全体に淡白な印象でしたが、名古屋のあの蕎麦と比べれば全然蕎麦感が違いますね(^o^)
Posted by aya at 2011年10月01日 11:56
昼夜蕎麦、一度食してみたいです。
素敵な蕎麦ですね。
Posted by 25¢ at 2011年10月04日 15:27
25¢さま
見た目がまず楽しいですよね!
食べるときも「両方の味がするかな?」とドキドキです(^o^)
Posted by aya at 2011年10月05日 12:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228152053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック