2010年03月03日

埼玉・浦和美園「しのうち」



車がないとかなり不便なのだが
苦労してたどり着いた先には
それは素晴らしい空間が・・・





RIMG1704_.jpg





あらっ、これですか?


予想していたよりも小さく新しく、
一見普通な外観にやや拍子抜けする。




しかしですよ・・・
眺めれば眺めるほど、この佇まい。
どこまでもさりげないが、どこまでも隙がない。


全く、名店の美意識にはやられっぱなしである。


道路脇の看板、俳句か何かかと思ってしまいました。
いきなり道路端で詠われても困るが。


RIMG1707.jpg





お気づきの方も多いかと思いますが、開店直後だというのに
店の前の駐車場は既に車がいっぱい。
しかも遠方からの高級車も多い。




かーっ高級車で蕎麦!
おれぁイヤだねそんな嫌味ッたらしい気取った店は。
なーんて安鶴風に言い捨てるのはまだ早い。


あたいの目が黒いうちは・・ではなく、

この「しのうち」の蕎麦が500円のうちは・・である。






RIMG1687.jpg




細打ちの、繊細な優しさをもった蕎麦が、
湖面の静かなさざなみのように
それは美しい曲線を笊の上に描いている。

箸でたぐり上げると、なるほど・・
この店らしいといえばまさにこの店らしい、
少し控えた、しかし研ぎ澄まされた美しい香り。

口に含むとやわらかにほどけ、
繊細な曲線が口内を踊るように撫でていく。


ほえー!
こりゃあよいお蕎麦ですよ。



RIMG1690.jpg



500円だというのに量もたっぷり。
笊の上の蕎麦に箸をあてたらもう底に届いて「ガツン」なんてことはない。
豊かに、ふんわりと受け止めてくれるのだ。
もう、この湖で気持ちよく泳いでしまいたいくらいである。



ここで、


「ふーん、500円で量もしっかりってことは、
ラーメン屋みたいなカウンターで、水汲みはセルフサービスとか?」


っていうような合いの手をいただけると
この先非常に書きやすいのだが、
どなたかお願いできます?



しのうちの店内は純日本風、まさに「庵」の風情のつくり。
テーブル席もあるにはあるが、
メインとなるのはいくつか小さく分かれている座敷である。

全くの個室の部屋もあり、その静謐で落ち着いた空間は
日常の慌ただしさをを忘れさせてくれるに十分だ。

私のいる部屋からは、一番奥にテーブル席、
その手前では個室でくつろぐ人が見えている。
聞こえてくるのは、静けさの向こう、カタコトと忙しげな厨房の音のみ。





RIMG1677.jpg





それぞれが離れているので大変だろうに、
一つ一つの座敷にいちいちきちんと上がって
お茶や猪口や笊や蕎麦湯をよいタイミングで
運んできてくれる丁寧な接客。


これで「せいろ」500円。
全く、格好いいにもほどがある。



ちなみに「かけ」も、大変よいです。
すっきりと、大人の味わい。



RIMG1700.jpg




そのうちと言わずしのうち、明日あたり如何?





posted by aya at 09:19 | Comment(10) | TrackBack(0) | 関東の蕎麦>埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『しのうち』の良さの中には、
あの立地も入っているのでしょうな。
お品書きの雰囲気も素敵でした。
Posted by TC at 2010年03月03日 23:56
TCさま

こんにちは☆
しのうち、確かにそうですね〜。もう少しでも便利な場所だったら、違う雰囲気になってくるでしょうね。
お品書き、私も素晴らしいと思いました。厚紙に和紙を貼った全くの手作りで、丁寧な字体も全体の薄さ簡素さも「しのうち」にぴったりですよね。
Posted by aya at 2010年03月04日 09:35
ふーん、500円で量もしっかりってことは、ラーメン屋みたいなカウンターで、水汲みはセルフサービスとか?



…遅過ぎですね。。。先日行ってきましたもので、つい…。

だいぶ前にも二度ばかり出掛けてみたことはありましたが、いずれも駐車場がいっぱいでパスしたので、
三度目の正直で。相変わらず繁盛してました。埼スタでJリーグの試合のある日とかは、やはり特に
混むらしいですね。
Posted by Z33 at 2010年11月08日 18:55
Z33さま
「しのうち」いらしたんですね。
そうですよね〜、あそこは車で行きたい店だけに駐車場混みますよね。
しばらく行けていない店のレポートはとても嬉しいです!

Posted by aya at 2010年11月09日 17:14
隠れた名店ですね。
ここの暖簾分けの店が秩父の奥の小鹿野にあります。ここもなかなかいいですよ。

http://smz.que.jp/foods/sinouchi.htm
Posted by ふつ〜 at 2011年08月04日 13:10
ふつ〜さま
暖簾分けの秩父のお店、まだ行ったことがないので是非、と思っておりました。いいのですね〜、ますます行きたくなりました!
Posted by aya at 2011年08月06日 01:01
小鹿野まで行かれるかどうか分からないですが、もしものために・・・。
3年前に移転して住所変わってます。ご注意を。
http://www.geocities.jp/ttmonji/gurusoba140Sinouchi.html
Posted by Z33 at 2011年08月06日 02:03
Z33さま
私はぼんやりしてるのでありがたいです〜
ブックマークしました!


Posted by aya at 2011年08月06日 09:32
初めてコメントを書きます。
以前から楽しく蕎麦のブログを読ませて頂いています、またお店選びの参考にも。(何件か行ってます。)

すいません、10年前のブログに書き込むとは、こちらの「しのうち」さんは私も何度かお伺いして、丁寧でとても美味しいお蕎麦です。

暖簾分けのお店が紹介されていましたが。
でしたら、こちらのご主人が修行されていた埼玉県川口にある「浄心庵」がとても素敵で、当たりませんですが蕎麦もお店の佇まいもテーブルなども同じです、とても美味しいです。
ぜひ高遠さんは食べてもらいたいです。
よろしくお願いします。
Posted by para at 2020年10月19日 12:23


>paraさん
いつもお読みいただきありがとうございます!「浄心庵」は行ったことがないので、ぜひ行ってみたいと思います (≧∇≦)ありがとうございます〜
Posted by aya at 2020年10月23日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック