2015年09月29日

根津「蕎心(そばごころ)」


近頃変化目覚ましい根津に、また新しいお蕎麦屋さんが誕生した。

特にこの根津のしっぽのほう、動物園にも近い南側は
千駄木側と比べるとぐんと静かでお店も少なかったエリア。
そこに今年に入っていろいろお店が増えているらしい。

街そのものがごく自然に東京情緒に満ちているので
新しいお蕎麦屋さんといってもこの風情爆発ぶりである。


IMG_0201.jpg


私はのけぞりました。

よく「昭和レトロ風にしました!」というお店は見かけるが
この店は建物そのものが正真正銘のザ・昭和。
店舗部分は綺麗に改装してあってよく見るとその部分には狙ったような昭和感はないのだが
全体にわくわくするような「三丁目の夕日」感がにじみ出ている。

二階部分は昭和独特の「看板建築」になっていて
しかも角地なのでその景色は昭和建築のミニチュア見本のように可愛らしい。

IMG_0271.jpg

以上は、一緒に居た某国立大学建築学科准教授(義兄)に
解説頂いた上での私の感想です(* ̄∇ ̄*)
兄・・そんな偉い人に全然見えないところがますます素敵・・ぷぷっっ


いよいよ扉を開けると「いらっしゃいませぇー!」の元気のいい声とともに
お揃いの店名ロゴ入りTシャツを着た女性スタッフ達が笑顔で迎えてくれる。
真新しく、モダンな和風と言った感じにまとめられた店内。
しかしながら店の印象としてはなんとなく夏祭りの夜のような、
ご近所みんなお友達!というような家庭的な活気に満ちている。


そして実はですね、この「蕎心」には二階もありまして。
一階奥のこれまた昭和な、急な階段を登ると
一階全体と同じ大きさの広々とした畳の間があり
そこでわたくしまたまた驚きました。

いくつかの大きな座卓を囲んですでにくつろぎまくっているお客さんがたくさんいて
そこはまた一階以上に「夏祭りの日のご近所さん気分の世界」であった!

IMG_0227.jpg
(これはちょっと空いてきてから撮った写真)


綺麗に改装されているのだが
建物そのものが古いのと(よく見るといろいろなところが微妙にまっすぐでない)
実際にご近所さんのお客さんが多いらしいのが
私が「夏祭りの日のご近所さん情緒」を感じる所以だと思われる。
いいなあ〜この全く狙ってない昭和感!


メニューは蕎麦もおつまみも
名だたる名店で修行してきた店主の経歴を感じさせる定番がバッチリ。
そこに季節限定の美味しそうな種物が楽しい。

お酒のメニューにも感激。
ちょっとちょっとこれは、素晴らしいセレクションじゃあないですか〜

IMG_0210.jpg

嬉しいのは私がだぁーい好きな「旭興」があること。

いやいや、「旭興」については私なんかが語ってはいけません・・・
なんと今夜誘ってくれた兄は「旭興」の酒蔵の隣で生まれ育ったという生粋の旭興育ち(!)。
産湯が旭興だったが故に大の日本酒好きになった、というのは嘘ですが
姉も兄も、私とは別の星の人のようにお酒が強いことは確かです(^^)
そして「旭興」で大盛り上がりの兄と私をよそに
まずはこの店自慢の生ビールで悠然とスタートする姉、さすがです。
(ここはサントリーの”マスターズ・ドリーム”があるのだ!)


「旭興」
IMG_0213.jpg

うほほー この限定入荷の旭興は比較的しっかりめの味わい。
でもおいっし〜〜
江戸切子のグラスが嬉しい〜〜
と、飲んで5秒後にうひゃははきゃきゃきゃっと酔っ払った私に姉も兄も真っ青(* ̄∇ ̄*)
大丈夫なんだってば!
いつもこうなんだってば!
私は舌から入った5mlのお酒で5秒後に酔っぱらい15分後には冷めるという
ミクロな単位でお酒を楽しむコトリ星人なのです(^^;;)


「そば刺し」
IMG_0215.jpg

大好物の「そば刺し」があるのも嬉しいところ!
そばがき、そば刺し、「そば」と名のつくものはみんな私の手を逃れられません(^^)

IMG_0216.jpg

ムハーッと濃厚に香る、フレッシュなかぐわしさ。
ムッチリ密な質感とそこから溢れ出る旨み。
おおおおおいしい・・・ここのお蕎麦が美味しいのがもうわかっちゃった・・・!
この店にはすでに何度も来ている姉も「そば刺し」を食べるのは初めてだったらしく
「そば刺しってこんなにお蕎麦の味がするの!?」
と驚き私と同じように何もつけずに食べてました♪



「そばがき」
IMG_0230.jpg

蓋付きの小鍋に入ってやってきたそばがきさん。
蓋をあけると、モハァ〜〜〜ッとかぐわしい湯気が!!

IMG_0232.jpg

微粉のなめらかぽってりでもない、粗挽きザックザクでもない。
そのちょうど真ん中ぐらいの、優しく素朴な、一歩控えた印象のそばがき。
でもその魅力は全然一歩控えておりません!
ほわあ〜〜〜と漂う正統派の素晴らしいかぐわしさにまず大喜び (≧∇≦)!
これはもう蕎麦粉そのものが素晴らしいが故のかぐわしさだ。
ふんだんに空気を含んでいるため、意外なほどほっくりと箸で切れ
口に含むと思った以上にほわっもちっポテーと軽い。
あああ〜〜おいしいよう〜〜〜


「焼き鳥」
IMG_0220.jpg

タレをつけてつやつやといかにも美味しそうに焼かれた焼き鳥は
店主の修行先のひとつである「神田まつや」仕込み。
むっちり肉厚感のあるいい鶏肉で甘辛の味付けも丁度良く、
私こんなに焼き鳥好きだったっけ?と思うほど美味しい。
あらーこんなになんでもかんでも美味しいと困っちゃうんですけどー
今夜は楽しくて笑いっぱなしだしね!(^o^)



「穴子一本揚げ」
IMG_0221.jpg

本日は穴子を食べる予感がして(←「食べたい」という日本語の歪曲表現)
夕方からアレルギー用の薬を服用してまで頼んだ穴子の天ぷら。
食ーべちゃった食べちゃった、美味しかった〜♪



そしていよいよ・・・

「せいろ」
IMG_0238.jpg

つやつやとみずみずしく輝く微粉の肌、はっきりとした輪郭線。
おおらかで潔い流線型が美しく、濃いめの肌はいかにも香ってくれそうだ。

IMG_0240.jpg

箸先に手繰り上げてびっくり、なんて素晴らしい香り!!
フレッシュな美しさもムハーとした力強さも深い甘さも全部併せ持った
蕎麦という穀物の素晴らしい香り。
「おいっしーーーい!」
まだ口の中に入ってないのに叫ぶというのは例によって大変おかしな人なのだが
この香りに身を浸せばどうしてもその声が出てしまうというものだ。
パッと見は微粉と思ったが見入れば荒めのホシがチラホラ。
しかし口中で感じる肌はやはりツルツルなめらか微粉系。
見た目からしてちょっと固そうかな?と思ったはっきりとした輪郭線は
口中でもくっきりはっきりとしているが硬さはなく、しなやかなコシがある。
クリーミーなまでに密な質感を噛みしめると
そこからふんだんにあふれ続ける濃厚な香りと旨味が実に美味しい。
店主は「池之端藪蕎麦」「神田まつや」「小松庵」という錚々たる名店で修行したそうだが
ウン!♡ウン!♡ウン!♡と頷きたくなるほど、
それら名店のいいとこ取りと言ってしまいたい美味しさ (≧∇≦)/

つゆは甘さも辛さもくっきり濃いめだが、
下町老舗風というより出汁に洗練を感じる一歩上品なもの。



甘いものに目がない兄のお気に入りデザート
「そばろあ」
IMG_0262.jpg

一口ちょうだい、とスプーンでもらったら
一口そのものは小さいのに上の炒った蕎麦茶部分を取りすぎ
兄にぶうぶう言われました(^^;;)
(甘いもの苦手+炒った蕎麦茶大好きなものでつい手が勝手に・・(* ̄∇ ̄*))



姉が頼んだ限定の、揚げ餅の乗った冷たいぶっかけも美味しそうだったなあー!

昼には丼つきのランチもあるのでお気軽にどうぞ〜♪







IMG_0268.jpg
posted by aya at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>文京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

anan


昨日発売の「anan 9月30日号(彼と一緒に東京観光)」
老舗蕎麦特集(P70)に掲載されています〜



スクリーンショット 2015-09-25 16.38.08.jpg



高遠彩子が選んだ東京・粋な老舗蕎麦屋4店!


写真も綺麗で、とってもかっこいいページになりましたので
是非ご覧下さいね♪


posted by aya at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | aya>お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

京都・北山「じん六」(祝・新装開店!)


ファン心理とは残酷である。

愛しいからこそ、いつまでもそのままの姿でいて欲しいと願い、
ちょっとした変化に勝手に傷ついてしまったりもする。
しかし何事もいつまでも同じであり続けるというのは難しく
変わらずにいたくても状況が許してくれないことが多い。

私は「じん六」旧店舗が大好きだった。
緑に恵まれた美しき北山通りから一軒ぶん奥まったところにあった、うんと天井の高い店。
そう大きくはないのに堂々として、しかし素朴さも慎ましさもあり
なにか精神的な美を感じさせるような存在だった。
去年の2月に取り壊す直前に駆けつけた時の私のブログは
恋人への最後のラブレターのようだ。
http://ayakotakato.seesaa.net/article/389895153.html


今年の2月には近所の料亭を昼間だけ借りて営業している仮店舗も訪れ
大好きだったあの店舗がもうない悲しみを目の当たりにはしたが、
不便な場所でも恐ろしいほど凄いお蕎麦を打ってしまう店主の腕前に心から驚かされた。
http://ayakotakato.seesaa.net/article/414209335.html


そして今回訪れた新店舗!

どどーーん

IMG_8961.jpg

もともとあった場所でマンションへの建て替えとなり
その一階に入ることになった「じん六」。
立派なマンションの外装は前回2月に仮店舗に来たときにほぼ出来ていたので見ていたが
気になるのはどんなお店になったのかどうか・・・

ああどんなかな どんなかな
傷つきたくないな 


はらはら

どきどき






IMG_9056.jpg


うわ


うわぁー 素敵!


なんだかすごく感じがいい!!


水浅葱色の壁にどっしりとした木の風合い。
洋風のマンションにもなじむおしゃれな雰囲気ながらモダンすぎず、
静かな慎ましさの中に堂々とした風格もある。
旧店舗から大ファンだった同じ暖簾が下がっているのもたまらなく嬉しい。


よかったぁ〜〜
好き!新しい店舗も好き!
(と自分を励ます。まだ中も見ないと安心はできない・・・)


例によって張り切りすぎて開店時間前に到着してしまった私。
やっと開店時間となり恐る恐る中へ入る。


お、

おおおおおお

IMG_8964.jpg

広い!



IMG_8967.jpg


モダンなおしゃれさも感じさせるシックな外観からすると
店内はシンプルでスタンダードな明るい雰囲気。
キメキメ洗練過ぎない雰囲気にほーっと和む。

何より空間が驚くほどたっぷりとられているのが素晴らしい。
東京都心の店ならこの倍の席数を詰め込むだろう。

私は大好きだった旧店舗に他のどこにもない深い美しさや居心地の良さを感じていたが
今度の店にもまた意表をつかれる安らぎが在った。在ってくれた。
この、都会のような田舎のような、広々さっぱり飾らない感じ、
いいじゃあないですか〜〜(^o^)


IMG_8974.jpg



メニューの内容も体裁も以前のまま。

IMG_8971.jpg


IMG_8968.jpg


以前と同じものを見つけては喜んだりほっとしたりしているのだから
本当にファン心理とはめんどくさいものだ。(^^;;)

IMG_8983.jpg




ここへ来ると毎度同じ注文ですが、本日ももちろん♡

「そばがき」と「蕎麦三昧(三種の蕎麦)」♡

ここはお蕎麦はもちろん「そばがき」が宇宙一レベルに美味しいので
もうもうもう、私の興奮はすでにマックス!
まだ何も出てきていないのにマックス!


ぎゃー

IMG_8976.jpg


またまたまた

なんですかこの宇宙人のようなミドリ色は!!
さすがは「じん六」自慢の福井の蕎麦粉・・

はあ〜〜〜
香ってくれちゃいますよこの方は!
絶対に、超絶においしいですよ・・

IMG_8980.jpg


(>_<)

(>_<)

もうどうなってもいい・・・・

このまま私ごと溶けてしまいたい・・・

鼻腔を抜けて私の全身を染める超フレッシュで濃厚なかぐわしさ。
全方向から攻めてきて口いっぱいにぎゅうううーーと深まる濃厚グルタミンな味。
微粉のとぅるとぅる肌はふっくらモワ〜トロ〜としているがとろとろすぎず
もっちりとした食べごたえもちゃんとあるのがニクイ。
モワ〜トロ〜ぺたモチッとした超上品なその肌のすべてから
爆発的に濃厚な美味しい味が染み出してくる。

「あ”〜〜〜  全てのそばがきがこうあってほしい!!!」
と浮気者の私は目の前にいるあなたに永遠の愛を叫ぶ。
(一人客だが他のお客さんは遠くだから大丈夫。←え?)





一枚目「群馬・赤城」

IMG_8990.jpg

いかにもフレッシュな美しい緑色!


IMG_8991.jpg

モンワ〜〜〜〜

「じん六」ならでは、そこまでやりますかという程
全く冷水で締めていない、なまぬるいまでのもったりした温度。
だからこそ、その香りも味もものすごい存在感を持って感じられる。
炊きたてのお米にも似た要素を感じる、深く優しい穀物の香り。
野性的なのだがよくある青い野生でも爽やかな野生でもない、
ふっくらとやさしい野生だ。
食感もやさしくやわらかいのだがやわらかすぎずすべすべするする、
ごくわずかにもっちりとした不思議な食感だ。

こんな赤城もあったのか!と目の覚める思い。
おいしいなああ〜〜〜



二枚目「秋田・羽後(階上早生)」

IMG_9003.jpg

先程の赤城よりもややたくましさを感じさせる輪郭線。
こちらも香ってくれそう〜〜〜♪

IMG_9007.jpg

見入るほどにときめく粗挽き肌。
箸先に手繰り上げるとちょっと個性的なかぐわしい香りが濃厚に漂う。
クセがある香りといえばそうなのだがズシーッと重みのある素晴らしいかぐわしさだ。
口に含むと、粗挽きのザラザラ肌がみずみずしく心地よく口中をめぐり
どこまでもやさしくやわらかいのに程よいのコシもあるという最高の食感!!
そこからあふれくる味わいには、
蕎麦のかぐわしさの上澄みのような華やかさや爽やかさはなく、
下の方向の(相変わらず表現が我流爆発ですが)深い味だけが舌に濃縮されて押し込まれる感じで・・・
おおおおおおいっしーーーーー!!
美味しすぎる!この地味〜な濃さは一体なんでしょう!
土の豊かさを思わせる美味しさ・・・・おもしろーーーい!!
   
店主によると最近は「クセのある蕎麦」を2枚目として真ん中に挟むらしい。
はい、十分に個性的でインパクトのある美味しい2枚目でしたー!


個性的といえば「じん六」は汁も大変に個性的である。
きゅいーーーん!と鋭角なものを感じる強い汁。
何をしても普通の人ではない、日本屈指の蕎麦への情熱と感性と行動力を持った店主であるから
私は何でも楽しんでいる。



三枚目「福井」

IMG_9018.jpg

うはははは

うははははは

もうこの緑っぷり、ふっくらとした美味しそうさっぷりには
食べる前から壊れてしまいそうです うははははははははは・・・・・


IMG_9052.jpg

あああああああ

またもや・・・・最高濃度の味、香りの濃さ!!!

これまたほとんど冷水でしめていないもわ〜とした温度の蕎麦から
なまぬるい空気が運ぶフレッシュで濃厚なかぐわしさがものすごい。
口に含むと、なまあたたかく、強く、もう蕎麦から出汁が取れるのでは!?というくらい
濃厚なグルタミン系の旨みがぎゅーーーーー!
もっちりふっくらやさしくやわらかいコシに身を任せれば
もう豊かな蕎麦畑の上のおふとんで酔っ払って寝ている気分・・・
ああしあわせ ほんとにしあわせ 来てよかった・・・


と、しあわせに満ち足りて大人しく帰るかと思ったら大間違い。
なんとこの人、このあとお代わりなんてナマイキなことをします。
「そばがき」+「蕎麦三昧」食べたのにねえ・・・(^^;;)


だって次にまたすぐ来られる距離でもないし、
特に美味しかった「秋田」と「福井」をリピート♪


しかしそのリピート注文をするちょっと前にまたまた蕎麦犬的大危機が。

蕎麦がやってくるとなぜか嗅覚が突然それまでの100倍くらいになってしまい
今まで気にならなかった店中の香りが鼻の中に入ってきてしまうという
特異な病気?を持つ私。
これを簡単に蕎麦犬現象と呼んでいるのだが、この時は私の斜め前に
大テーブルの相席としてちょっと色っぽい京都のマダムが座ってきたのだ。

そ、そのまだむがですね・・・
大変華やかな、かぐわしい、スズランの香りの香水をまとっておられまして・・・


リピート秋田来た!

マダムスズランお願い、しばらく動かないでね〜〜〜

IMG_9044.jpg


だめだ、マダムスズランは歩いてきて暑いらしくてもぞもぞしてて
もう私は満開のスズラン畑をランランラ〜ンと歩いているとしか思えない!!
うううう
目の前のお蕎麦の香りだけを吸い込みたい!
努力だ、集中だ、心眼で蕎麦の香りだけを見つめよう!!


あ ちょっとできたかも


リピート二枚目「福井」
IMG_9033.jpg

スーーーーーーッ

ハアァーーーーーーーー



一番隅の席で怪しい気功師のような呼吸法で
この福井の香りだけを鼻の中に愛しく呼び寄せんとするおかしな一人客・・・



ファンとはめんどくさいものですが
それも愛ゆえ、大目に見てくださいね(^o^)




IMG_8972.jpg




2015年2月の「じん六」
2014年2月の「じん六」




posted by aya at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関西の蕎麦>京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

ライブのお知らせ


10/3、Giulietta Machineのライブに出演します。

今回は素敵なトランペットの音色が加わって
またまたカッコイイことになっております〜♡


昨日のリハ風景

IMG_0052.jpg

全員が入るように写そうと思って
自分は足を上げて右下に足の先っぽだけ参加してみました(^^)v


10/3(土)@代々木バーバラ
http://www.yoyogi-barbara.jp
◉Giulietta Machine
江藤直子(Pf,Vo)大津真(G)藤井信雄(Ds)西村雄介(B)西岡竚虎(Tp)高遠彩子(Vo)
◉チキリカ
18:30/19:00前2300/当2500+d
(Giulietta Machineは後半の出演です)


12.50.12.jpg






posted by aya at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | aya>お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

青蓮院門跡


日本の庭は宇宙。

大好きな襖絵と日本庭園に会いに、京都に来ています。

相阿弥作、龍心池の庭。

IMG_3932.jpg




このお庭も、その奥の小堀遠州のお庭も素晴らしいけれど
この青蓮院で一番好きなのは門前の楠の巨木。


IMG_8939.jpg



等伯か広重かという、この迫力。


IMG_8946.jpg


私にとってはハイジのアルムのもみの木のように、
帰ってきたい場所なのです。







posted by aya at 10:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | aya>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする