2012年06月30日

中野坂上「ら すとらあだ」


駅上の交差点付近が開発整備され
立派になった中野坂上。
しかし交差点から1本目の路地を入るともうこんな感じである。


RIMG1880.jpg

この看板。いいでしょ〜?

「理容 ムトウに行けばアナタもこのモデルのようになれます!」
ってことなんでしょう。
色画用紙に写真を張り付け、住所は手書き。
なんとも心温まる手作りの看板だ。


交差点から1本目の路地を右に。
このナイスな看板の角を左に。
そしてすぐまた右に曲がったあたりに
「ら すとらあだ」はある、はずなのだが・・・

RIMG1877.jpg

見当たらない・・・

近くには小学校があるらしく
下校中の小学生がのどかに歩く住宅街。
1本間違えたかな・・・

あれ?

えーっ これがお店なんだ!

RIMG1876.jpg

アハッ これはさすがにわからない。
面白いなあ〜


靴を脱いで店内に入る。

RIMG1744.jpg


すっきりした板の間には毛足の長い絨毯が敷かれ
大きな窓からの自然の光が実に気持ちがいい。
住宅改造風でもない、かといって店舗らしくもない
個性的な空間。
小さなテーブル席のほかにカウンター席もある。


今日は暑いので、まずは・・・・

RIMG1756.jpg

玉村本店の志賀高原ビール、Miyama Blonde。

RIMG1741.jpg

真新しい、北海道の胡桃の木のカウンター。
ワンカップの空き瓶に飾るように入れられた「てぬぐいおしぼり」。
しずく型のグラスに注がれたビール。
乙な眺めに、もうすっかりいい気分だ。



開店間もない店ゆえ、ただいま味の研究中という、
「柚子味噌」。

RIMG1759.jpg



あらっ 今日はなんだかペースが異様に速い?!

RIMG1762.jpg

これおいしい〜
結局本日一番好きなお酒だったかも。


こちらも、味の研究中だそうで
今後つけ汁としてメニュー化しそうな
「きのこ汁」
RIMG1769.jpg

これまた、おいしい〜!
これでもかという程きのこいっぱい、
ざっくざく具だくさんのきのこ汁。
タマネギの甘みとバターの芳醇な香り。
ずっしり豊かなごちそうスープだ。



天遊琳
RIMG1772.jpg

伯楽星
RIMG1775.jpg
(器がひとつひとつとてもいい。このガラス器もすごく好き)

なんだか今日はペースがすごくて
私は味見が精一杯なのですが〜

なかでも私が美味しかったのはコレ!


RIMG1787.jpg

純米吟醸 満天星 夏の生(夏まんてん)。
RIMG1784.jpg

ちょっと透明すぎ?と思ってしまうほどスッキリすぅーっと入れるけど
その後に澄んだコクがある。
詳しくないので知りませんが諏訪泉にしては
びっくりな味わいらしいです。



「おひたし」
RIMG1778.jpg

出汁の味わいもしゃっきり感を残した食感もちょうどよく
美味しいおひたし。



これも試作品だそうです。
「豆腐の白味噌鍋仕立て」
RIMG1793.jpg

甘い味付けが得意でない私には
白味噌はやっぱり甘いのだが
お蕎麦屋さんで小さな豆腐の鍋が食べられるのはとても嬉しい。
しかも豆腐は自家製!
味噌仕立てにしてしまうのは勿体無いほどだ。




「だし巻きたまご」
RIMG1811.jpg

ふっくらふんわり、軽〜いだし巻き。
私には甘くないというだけでも素晴らしいのだが、
それ以上にとてもおいしい。
食感は軽いけれども味わいはしっかり重めで
たまごやき食べた!という満足感があるのだ。



そしてここのお酒ラインナップは
すごいことになっております。

RIMG1790.jpg

RIMG1799.jpg

RIMG1802.jpg

もはや全くついていけず味見もできなくなった私。
今日は夏まんてん味見の時点で
もう真っ赤っかの宇宙人声でしたから〜(^^;;)


でも真っ赤っかだろうが宇宙人だろうが
心は常に一点に集中しております。


もうすぐ逢える・・・!

もうすぐ食べられる・・・・!!



ここで告白致しますが、
わたくし今週はちょっとした「生命の危機」にさらされていまして。

なんと9日間の蕎麦抜き生活をしていたのです (>_<)

スケジュールの都合上やむを得ずそういうことになっていたのだが
これだけ長い期間お蕎麦を食べなかったのは、
海外滞在中を除いては実に10年ぶり以上だろう。


そんな蕎麦飢餓状態であったから
今日はもう何と言うか、
気持ちとしては嬉しいを通り越して「感無量」。

「信じられない、大好きなあの人にまた逢えるなんて」

そう思うとなんだか照れくさいほどで
だからといっていきなりモジモジされても
「ら すとらあだ」さんも気味悪いと思うのだが・・



RIMG1832.jpg

あああああ
きた

きちゃった

なんだかすごく綺麗な色みたい

RIMG1838.jpg

わああああっ・・

この、ものすごいほどの穀物感。
淡緑の肌を埋め尽くす白い影、無数のホシ。
ザックザクの蕎麦粒子たちが集まって描く輪郭線は
猫柳の枝のように揺らめいている。
そしてその風味がまた素晴らしすぎる。
ふわーーーーっっ!と勢いすら感じるほどの
濃厚フレッシュなかぐわしさ。
たった今芽吹いた蕎麦の芽をそのままハグハグ頬張ったイメージだ。
(イメージイメージ、実際の芽はそんな味しませんが)
食感はごく軽く、しかしその中からも濃厚な蕎麦の味わいが。
福井県山室町の在来種。
おいしい・・・めちゃくちゃおいしい・・・
あああ お蕎麦ってどうしてこんなに素晴らしい食べ物なんでしょう
浸透圧で私が全部とけそうです(発言全て意味不明)




2枚目「山形・最上早生」は、ガラスの器で。

RIMG1852.jpg

少し橙がかった色つきガラスが
「暮しの手帖」ぽい懐かしいムード。
素敵だなと思ったら先程とても気に入ったお猪口(伯楽星を飲んだもの)と
同じ作家のものだそう。

RIMG1855.jpg

先程の福井よりやや太め。
見るからにフワンとしたイメージだったが
食べてもフワンと軽く、そしてモチモチ!
香りは先程の福井より軽いが独特の食感の中から溢れる
白く品の良い味わいがたまらない。
おいしい〜 おいしい〜
ああもう私は、しあわせだ。


食後は蕎麦湯に加えて、
「ら すとらあだ」にはコーヒーがある。

宇宙(人声)から帰ってきた私に
店主がたっぷりめに淹れてくれる。

RIMG1865.jpg


まだ看板もメニューもない「ら すとらあだ」。


いろんな意味で日本人離れしていると私が感じている、
自由な感性を持った店主ゆえ
これからどんな道(strada)を進んでいくのか
実に楽しみな店なのだ。


RIMG1869.jpg

posted by aya at 13:15 | Comment(14) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>中野区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

そばっち


関東はもんのすごい暴風雨ですが
みなさまご無事でご帰宅でしょうか?

こんな夜は和んでいただきたく、
私がひそかにお気に入りのコヤツをご紹介・・

JR「いわてキャンペーン」のイメージキャラ、
「そばっち」!


蕎麦というものはラーメン以上に
「イラストにすると超まずそう」な食べ物。

その蕎麦をキャラクターにする、という不可能系無理難題を乗り越え
生まれたコヤツが・・・



RIMG1047.jpg


なっ
なかなかカワイイ仕上がりじゃないか・・・
っていうかすんごい好きなんですけど・・・

前掛け?姿も甲斐甲斐しくてカワイイ。
(お蕎麦はもう少し明るい色のほうがよかったかも?)



「そばっち」ばかり注目していたけど
「おもっち」とか「うにっち」もいるらしい。

RIMG1051.jpg

やっぱり「そばっち」がいちばんカワイイと思ってしまうのは
身贔屓、なのでしょうか!?

「おもっち」は「ずんだおもっち」なのかな?




RIMG1053.jpg

こーんなカワイイ奴に「おでんせ〜」とか言われたら
「行くよ〜!」って叫びたくなっちゃうけど

でもよく見るとこれはもしや「共食い」では?

食べた蕎麦が頭の上にたまっていくんでしょうか。
深く考えると怖いですが・・







posted by aya at 23:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | others>お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

コラソン動物園


私が昨日贈った
ささやかな父の日のプレゼント・・


DVC00246.jpg

「秋田犬」携帯ストラップ!


私の家族は揃って柴犬・秋田犬に目がないので
実家は日本犬カレンダーギャラリー状態。
(本物も2匹いるのにねぇ)

今回も父のために新たなる秋田犬グッズをかなりディープに探しまして
この「コラソン動物園」というネットショップを見つけました。
このお店がかわいいぃぃい!!

「コラソン動物園」

cats_01.jpg
(websiteより)





作業工程のページ
を見るととても凝った作りでびっくりしました。
東久留米で、オリジナルでひとつひとつ作っているんです!



DVC00247.jpg

横から見るとわかると思いますが
透明のプラスチックに裏から彩色しているので
毛色のグラデーションがふわっと、とてもきれいなんですよ〜



「世界の猫シリーズ」
今にも猫たちの鳴き声が聞こえそう!
最近猫好きの人に会う度についこのページを見せたくなっちゃうんだけど
携帯じゃうまく見せられなくて残念。
昨日もターシャさんにお見せしたかった(>_<)


鳥シリーズ
もリアルで綺麗。
バードウォッチャーばばさんに紹介したら
とても喜んでもらえてうれしかった!
「俺の一番好きな鳥もいる!」って(^o^)



しかもね、このお店はカラーオーダー(無料)というのがあるんです。
自分のペットの写真を送ると似たイメージに彩色してくれて
「うちのこグッズ」を作ってくれるんだって!
「コラソン動物園」カラーオーダー


うっわー
「うちのこ」がいる方やギフトに、
めちゃめちゃいいではないですか!!



・・と、何でも気に入るとまわし者かってくらい
つい褒めちぎっちゃうのですが
私はまわし者では無論なく・・・(^^;;)


動物をいとおしむ気持ちというのは
その人にとって大切な癒しだったり、支えだったり、すると思うので
私は「コラソン動物園」、
本当にスバラシイなあ〜〜と
真面目に感動してしまうんですー!!



これも欲しいなあ♪♪

img10584436808.jpg
(アメリカン・ショート・ヘア)


img10584439168.jpg
(メイン・クーン)



posted by aya at 18:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | others>お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

茨城・新鉾田「村屋東亭」


RIMG0709.jpg

「日本中にその名を轟かせる名店」、
なんて書くと大袈裟と思われるかもしれないが
蕎麦が好きな人にとっては全く大袈裟ではない。

毎回目の覚めるような、
蕎麦脳がリセットされてしまうような蕎麦が
なんでもなさそうにぽんと出てくる超名店。
5年ほど前、雑誌リンカラン(ソニー・マガジンズ刊)で
茨城蕎麦特集を組んだ時も、迷いなく取材に訪れた店である。

茨城は名店だらけの蕎麦パラダイスなので
つい浮気ばかりして今回は久しぶり・・・



RIMG0710.jpg

ああー うれしいなあ 来て良かったなあ!
店の前に立っただけで嬉しさに満ちあふれてしまう。
初夏の紅葉が色鮮やかな暖簾とよく合う。


午前中の店内。

RIMG0682.jpg

RIMG0678.jpg



「もりそば」
RIMG0691.jpg


午前中の光のなかで
「村屋東亭」の蕎麦と二人きりになれるしあわせ。

RIMG0695.jpg

あああああ

なんという・・・

「常陸秋そばの最高の香りがここにある!!」 

フレッシュな、しかし凛として落ち着いた、
どうしようもなく美しい香り。
そうなのです そうなのです。
「常陸秋ってこういうものでしたね!!」
ということを教科書のように思い知らされる。

香ばしさもある。甘さもある。
すーっと導かれるような深さも、ちょっとした青さも、
なにもかもが素晴らしい。
王道過ぎて完璧すぎて、何を書くのも野暮に思えるほどである。

コシだの食感だのを見つめようとしても、ただただ
「おいしい!完璧!」
としか思えなくなってくる。
よく見るとちょっと不揃いな感じもするのだが
口中では微塵も感じない。

ああー もう ただただ 

最高

うれしいよう おいしいよう





そしてここにくると毎回どうしても食べたい、

「みぞれそば」
RIMG0683.jpg

自家製豆腐と紫大根、ブロッコリー、アスパラなどの野菜が
飾るように盛られた蕎麦。
色合いがきれい。こんな服が着たい。(また理解されづらいことを・・)

RIMG0688.jpg

この自家製豆腐が「あたたかい」というところがまず大ヒット。
ほんのりあたたかい、おいしい〜お豆腐と、
ひんやりしゃっきりしたおろしの辛味、最高の蕎麦が絡み
もうこれはオイシイに決まってます!
ずるいメニュー!!だいすき!!



ここの汁がまた見事としかいいようがない。
潔いまでに甘味を抑えたシャープな汁だが
キュッとキレがある旨みが「余裕の洗練」を感じさせる。

私は蕎麦湯に汁を入れることをあまりしない無粋の者だが
さすがにここでは入れたくなる。



ふわっ

憎いほど粋に香る、昆布の香り。



汁ってこういうものでしたか・・・



私の日常に頻出して過ぎている蕎麦というもの、汁というものへの認識が
ピシッとリセットされた午前中。



さあー リセットされたから
いっぱい食べなきゃね!!(?)


RIMG0706.jpg


posted by aya at 08:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 関東の蕎麦>茨城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

秋川「蕎麦 よしの」


RIMG0774.jpg
 

滝川街道沿い、ちょうど西多摩霊園の入り口の向かい側。

突如現れるモダンな形の建物は
入口正面から見ると窓も扉もない。
あるものといえばごく控えめな
「蕎麦 よしの」「営業中」という板看板のみ。
その文字すら消えかかっている。
店のすぐ前は街道だというのに
中に人の気配が感じられない佇まいは
ルネ・マグリットの絵をすら思わせる、不思議な静けさに満ちている。



窓も扉もないと書いたが、近づけば無論入口はある。


RIMG0826.jpg


この扉は「いらっしゃいませ、どうぞお入りください」とは言っていない。
かと言って「入ってくるな」とも言っていない。

ひどく自然にそこに「ある」扉だ。

私も自然にそれを開ける。




RIMG0782.jpg

吹き抜けになった店内にもまた、余計なものは何も無い。

意図的な洗練も、息の詰まるような統一感もない。

不思議な、何も無さ。

これは居心地がいい。




「そばがき」
RIMG0791.jpg

きっ

来たぁー・・・

来てしまいました・・・
「よしの」の「そばがき」!!

もう遠目に見ただけでダメ。
香りがブンブンこっちまで飛んできそうだ。
どんな香りかももうわかる気がするほど
私の五感はあのそばがきに集中している。(動物)

ちょっとみなさん見てください。
この美味しそうさ・・・・

RIMG0800.jpg

カァー



思わず目も口も開いたままカラスになってしまいそうなほど
すんんんばらしい姿である。


香りがまた、デジャヴュだか何だかわからないが、
こんな香りが来るだろうなと思っていたとおり。
正統派の、端整な、
もうこの際「世界一!」とでも叫んでしまいたいような完璧な香りが、
「キチッ」「ビシッ」と、決然とこちらに届く。
私は固く目を閉じる。
染み渡る。
染み渡りすぎて、
もうどうしていいかわからないー・・(早く食べましょう)


意を決して口に含んでまた天上の人となる。
なんですかこの極上フワサクエアリーさんは!!!
「フワ」で「サク」で「エアリーにとろ〜」なのだ。

ポテッとした肌に均一に織り込まれた空気は
まるでよく泡立てたメレンゲの泡のよう。
歯に当たると微かに「サク」として
ハッと思うとそのまま液体と消えていく。

えっ あなた 夢!?!!

今そこにいたのに、
こんなにもかぐわしい空気の中で姿を消すとは。

ああ 今日はもう本当に
私はどうしていいかわからない。





「せいろ」
RIMG0806.jpg

RIMG0809.jpg


じわーーーー・・・

私とつながるように香る、滋味深き香り。

どちらかと言えば地味に、おとなしく現れたその香りは
やがて舌に広がり味わいとなり、だんだん甚大になっていく。
もはや口いっぱいが「地味な滋味」で染め尽くされている。
なんという美味しさ。なんというニクさ!

密度濃く水気も多い、ややずっしりとした食感だが
平打ちのため歯ざわりはぬたーとしなやか。

はああー 素敵すぎる。
素晴らしすぎる。
なんておいしい蕎麦なんだろう!!



RIMG0815.jpg

ポタージュ蕎麦湯が、またおいしい。



駆け抜けていったかぐわしい夢をたどりながら、
私は、何もない空間に浮かんだような気持ちになる。


ぽっかり、 よしのに、 うかぶ。


外観も店内も、総てそのためにある空間と思えてくる。



秋川の不思議な一軒家。

ぽっかり 浮かびに来ませんか?





2012年7月のライブのお知らせ




2012年06月12日

代田橋「手打蕎麦 まるやま」


毎度のことであるが、この店について書く時
私はかなり体力を消耗する。

「張り切って書く」ことによる消耗ではなく
「全力でブレーキを踏み続ける」という消耗だ。

そのくらい大好きで、興奮しすぎてしまうのだ。
興奮しすぎるとどうしても我を失い
理解されづらい感情と感動を
理解されづらい言葉でまき散らしてしまうので
「落ち着いて落ち着いて、ちゃんと人間の言葉を話して・・」
とブレーキを踏み続ける。

そりゃあ私としては興奮にまかせて
アクセル全開、バーッと書いてしまう方が余程楽なのだが・・・


というわけで、落ち着いて。



「〆張鶴・純米吟醸」
RIMG1554.jpg

これが初っ端からすんばらしく美味しい。
お酒一年生の私にも清らかにするーっと入ってきて
旨みがひろがる。
これは飲んじゃいますよ〜、飲めなくても飲んじゃいますよ〜


お酒とともに出してくれる、
「まるやま」の「一品」がまたいい。

RIMG1551.jpg

目に美しく、心と体に嬉しい「野菜の煮物」。
お通しと言ったら普通小さ〜い器に
味が濃いものがちょこっっとだけ入っているではないですか。
こんなふうに、色とりどりの野菜を出してもらえたら
「ちゃんと栄養あるものをお食べ〜」と言われているみたいで、
なんだか自分の家に帰ってきたみたいですよ・・ただいまですよ・・うう・・
ああー 「まるやま」はいいなあぁ〜・・・



「しらすおろし」
RIMG1557.jpg

大好物!



「焼き葱」
RIMG1558.jpg

毎回頼んじゃう大好物。
メニュー自体がいい。味が美味しい。
素晴らしいおつまみだ。


「まろやか豆腐」
RIMG1563.jpg

これも大変美味しい。
とてもなめらかなのにクリーミー過ぎず
しかも味わいが濃い。
さっぱりとしながら食べ応えがあって、
私好みのお豆腐!




そして頼んじゃいましたよ〜

来ちゃいますよ〜

お楽しみの「まるやま」の穴子!!


「穴子天ちらし」
RIMG1570.jpg

どっかーーーん
容赦なくでっかいです!
ゴージャスに大きな穴子くんに
山のめぐみ達が軍隊のように押し寄せております!
なんという、贅沢な一皿。
パリッパリの衣に包まれた肉厚の穴子にかぶりつくしあわせ。
野菜もひとつひとつがいちいちおいしい。
あああ 「まるやま」はいいなあぁ〜


「獺祭・純米大吟醸(生)」
RIMG1576.jpg

〆張鶴リピートしてましたが
ゴージャスな天ぷらが出たので
ここでちょっと趣向を変えてみました。
獺祭もいいですねぇ〜
でもやっぱり私には〆張鶴の方が飲めちゃうなあ〜(危険)
さっきからほっぺたが死にそうに熱いけど
楽しいからなんでもいいや〜



と、ニヤニヤへらへらしていたら。

そのまんま本日のメインの瞬間に飛び込んでしまいました!
突然大舞台の真ん中でロミオに会ってしまった気分!!


きゃあぁ


「二種せいろ(せいろと田舎せいろ)」
RIMG1585_.jpg

うわ  

うわわわわ

これはもう大変ですよ酔っ払ってる場合ではありません
今日はすごい 今日もすごい 素晴らしすぎる
美味しいのがもうわかりすぎて心が苦しい
どうしようどうしよう

ほらぁー

「せいろ」
RIMG1591_.jpg

もう 

見た目からしてダメ。

見た目からしておいしすぎる・・・!!

しっとりとした肌の上のめくるめく陰影たちは
私の口中をザラザラザラ〜と滑るように撫でていく。
ザラザラでありながららスベスベするる〜なのが大変に心地よい。
しかも香りが、味わいが!
筆舌に尽くし難い程まろやかで白く美しい蕎麦の香りなのだ。
こんなに美しいのに、それが「ふわりと淡く」とかではなく
うっとりするほど濃厚なのだからもうただただたまらない。
何をどうしたらこうなるのですかまるやまさん。
一見柔らかそうだが表面は比較的しっかりとしておりまする。
程よいコシがあるのでもうその味わいのひろがり方と言ったら・・
はああぁ・・・もうダメです・・



「田舎せいろ」
RIMG1597_.jpg

見た目は「せいろ」よりぐっと黒いのでたくましい風味を思わせるが
実際はこれもまた「せいろ」に通ずるまろやかで美しい香り。
先程の「せいろ」は大分でこちらの「田舎せいろ」は栃木・益子であるから
この「まろやかな美しさ」は蕎麦粉云々よりも
「まるやまの腕」「まるやまの味」と言っていいだろう。
同じく美しいとは言え、
こちらは「せいろ」と比べるとズシッとした厚みを感じる香りで
噛みしめると滋味深い風味と濃厚な甘みが楽しめる。
あぁ〜 「田舎せいろ」もおいしいなあ!!
密度が比較的薄くフカフカとした食感で、噛めばあっさりと噛み切れる。
一般的にイメージされがちな
モグモグ噛むようなギッチリ田舎蕎麦とは違うのだ。


そして今日はまだまだ暴走しますが
止めないでください。

だってこんな美味しそうな限定お蕎麦があるんだもん!!


RIMG1600.jpg


去年はいろんな「あっさり系冷かけメニュー」が楽しかったが
今年はこんなにわくわくする楽しい「冷あんかけ」が!!


「夏野菜の冷あんかけそば(吉野葛仕立て)」
RIMG1615.jpg

きれいでしょうーー!
新鮮な野菜の風味と、カリッパリッという食感がたまりません。
しかもこのとろみのついた出汁のおいしいこと。


これ あたしのぶん♪(^o^)

RIMG1621.jpg

もう大っ変にお腹いっぱいなのに
全部食べ尽くし、飲み干しましたー。



帰りのお腹いっぱいぶり、しあわせいっぱいぶりときたら
それはそれは大変なもので・・・


うれしがりすぎ、ニヤニヤしすぎの、

私にとっては夢のような時間だったのだ。





2011年12月の「手打蕎麦 まるやま」
2011年07月の「手打蕎麦 まるやま」
2010年10月の「手打蕎麦 まるやま」
2010年3月の「手打蕎麦 まるやま」



2012年7月のライブのお知らせ


posted by aya at 13:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>杉並区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

A.S.K.&Milluqueライブ


RIMG1644.jpg


7月10日のライブの会場である
「自由学園明日館」を見てきました。

大正10年に建てられたという、
フランク・ロイド・ライトデザインの美しさ。

都心にあるのに外国に行ったくらいに感じる異空間でした。

写真は自由学園内のカフェで。


ライブ是非いらしてくださいね!




a.s.k.&miluque_1.jpg

a.s.k&Miluque_2.jpg



a.s.k. & Miluque
~ Concert for Nawashiro Project~

2012年7月10日(火)
重要文化財 自由学園 明日館 講堂
18:00open 19:00start
3000円 (学生券1500円)

*出演
林正樹(pf)
アマンダ・ティフィン(Vo/pf)
ファビオ・ボッタッツオ(Gt)
セバスティアン・カプテイン(Dr/Perc)
松永誠剛(B)
高遠彩子(Vo)

音響 福岡功訓(Fly Sound)
協力 Taguchi スタジオノアカノウプス

e+(イープラス)0570-06-9911 

posted by aya at 22:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | aya>お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

rain



miluquelotus.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=keA7LleeX9Y



rain
青いドレスを着てみる
rain
土曜の朝 何もない

鏡に合わせてみる首飾り
雨音に小さなスローワルツ


rain
しばらく見ない映画を
rain
また見るように 





posted by aya at 22:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | aya>お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

今日のおひるー



いつもはとーっても邪魔な人なのに

この店では

あなたなしではいられない・・




「尾張屋」の、海苔。


DVC00232.jpg

ブログ書く余裕がないと
蕎麦とのツーショットを撮り出す人(^^;;)







2012年01月の浅草「尾張屋」
2012年01月の浅草「尾張屋」
2011年09月の浅草「尾張屋」& レミ・パノシャン・トリオ!!
2011年06月の浅草「尾張屋」(ここは蕎麦屋ではない )
2010年05月の浅草「尾張屋」







posted by aya at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | aya>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする