2024年02月24日

スキー二日目!

昨日は天候に恵まれませんでしたが例によって最終リフトまでかじりついて遊びました!

今日はいい天気になりそうでワクワク〜
238BC1DF-B205-451E-802B-49F7486AE4FE.jpg



55A29B74-09A0-4C0F-9398-27CBCAF2D787.jpg
posted by aya at 09:30 | Comment(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月10日

銀座「おそば照庵」


意外と行ったことなかった、銀座の裏通りの手打ち蕎麦屋さん。

てか手打ちと知らなかったんですよね〜

この外観だと、長年培ったきた私のアンテナには引っかかりませんでした!


IMG_3451.jpeg

場所が場所なだけに、雰囲気的にはサラリーマンの方々のための
ちょい高級なおつまみが揃っている機械打ちのお蕎麦屋さんに見える・・・



外のメニューを観察してもわからず〜

IMG_3450.jpeg




入り口に近づくと、お蕎麦の産地はわかるのですが・・・

IMG_3448.jpeg

でもここ、正真正銘の手打ち蕎麦屋さんなんです。

控えめなお店だなあー!



もともと居抜きで入ったのか
あまりお蕎麦屋さんっぽくない印象のカウンターのみの店内。

IMG_3429.JPG



お昼にちょい飲み!

IMG_3433.JPG

くすぐってきますよね〜〜!!
くすぐられたわあ〜〜〜〜〜〜!(笑)



そしてこんな文字も目を惹きます。

IMG_3434.JPG

銀座で、女性職人が打った手打ち蕎麦!
それだけで珍しい感じがしますね〜



ランチどきは驚きのコスパで
お蕎麦に天ぷらやご飯がついてきます。

IMG_3435.JPG

私はとにかく生まれ持った炭水化物愛がお蕎麦に全振りされているので
お蕎麦屋さんでごはんのついたランチセットとか頼んだことないんですが
今日は行きがかり上そういう流れとなりました。


とにかくお蕎麦をガン見です。

IMG_3444.JPG

女性職人が打った蕎麦と聞いたからか、
いかにもそれらしく見えてくる、はんなりと優しく柔和な佇まい。

箸先から香りを寄せると、
白くまろやかな香りにシャープな野生がふわっと軽やかに乗った感じの香りが
ほわ〜と漂ってくる。
口に含むとかなりの細打ちで、繊細な輪郭線が心地よい。
舌触りはちょっとぺたぺたぷにぷにして、
噛み締めるとクニュンと絶妙なコシがあり
こういう蕎麦の特性だが足が早いのでできるだけ早く食べる。



IMG_3438.JPG

天ぷらも優しい感じ。
バリバリサクサクではないふんわり優しい天ぷらだ。



しかし私にはこの時、こともあろうにお蕎麦より、
この時給仕をしてくれた女性スタッフの方が印象に残ってしまった。

素足のミニスカートに三つ編みおさげ、甲斐甲斐しく可愛い声。
あなたは朝ドラヒロインですかっっ??
って人だったのだが・・・
まさかあの方が打ったお蕎麦ではないですよね??



高遠彩子のおっさんモードが発動して
ドキドキしちゃっておとなしーくお店を出てきたのでした〜笑









posted by aya at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月03日

カッコだけバイカー(笑)

IMG_8158.jpeg


丼飯を完食したバイカーお姉さん風(笑)

(実際はバイクは乗れません (^^;) スキー用にバイカーのプロテクターを着用する軟弱骨細女)




posted by aya at 20:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月02日

神田「眠庵」



拙著「蕎麦こい日記」(飛鳥新社)において
私が「教えたくない裏通りの名店」と紹介したこの店。
教えたくない、隠しておきたい、というのはまさに本音である。

実際店の前に立っても店があることがわからない位
路地の隙間の奥にひっそりと隠れている。
のはずなのに、その蕎麦のあまりの素晴らしさに
隠れるどころかガンガン人が集まってしまう超名店なのだ。

眠庵ではかなり初期から定期的に「蕎麦会」が開かれてきた。
内容は全国8カ所の蕎麦を食べ比べるというもの!♡♡♡
要は一度に8枚のもりそばを食べることになるので、
一般的にはかなり特殊な会であり、私個人にとっては天国のような蕎麦会だったが
人が集まる会が開きにくくなった頃に中止されてしまった。
しかしそんな眠庵も昨年末に開店19周年を迎え
ようやく4年ぶりに再開された今回の蕎麦会!

もうどれだけ楽しみにしてきたことか〜♪
蕎麦の香りや魅力を引き出す魔術師である店主による、
超絶品の全国のお蕎麦、8種類の食べ比べ〜!!♡


ちなみにこの蕎麦会はその内容が少々特殊なため
(店が出すのは蕎麦8種、つまみやお酒は任意の持ち寄り)、
長年参加者はほぼ店の常連に限られてきていたが、
今回から店のブログで参加募集の告知もされるようになった。
私も友人を誘ってみたが、その告知に
「基本的に汁なしで召し上がる蕎麦愛好家(中毒者)が参加条件」
なんて厳しいことが書いてあるもんだから、上品な私の友人は尻込みしてしまいました(笑)。
そうでも書いておかないと、普通の蕎麦を食べる会だと思っていらした方が
お蕎麦を残してしまう可能性が高いので仕方がないのですが〜

ちなみにお蕎麦は8種類出ますが、1枚が通常の半分位の量なので
量的には4枚くらいだと思います。(それでも多いか!)
地方に行ったら1人で4軒ハシゴとか
闘いのような人生を送ってきた私にとっては何でもないんですが(笑)

今回も病的な蕎麦好きを中心に集まったメンバー。
私なんてもう食べる前から既に蕎麦のオーラを
ティンカーベルのようにキラキラと纏いながら、ワクワクMAXで迎えました一枚目ーー!!

1枚目
千葉(千葉在来種)2015年産

IMG_5412.jpeg

おおーー!
いつもながら一枚目に対峙した感激は大きい。
たくましさの中に優しさを合わせ持った姿に
ときめきが止まらない!!ヤバイ!胸が苦しくて息が止まる!!


IMG_5418.jpeg

箸先から香りを寄せずとも
ふんだんに、バンバン豊かに香りまくってくれるこの幸せ。
ムワーッとした強いたくましさがありつつ軽やかで綺麗な香り、
はなやかな香ばしさがたまらない!!
味は香りよりはすっきりめだがそのバランスがまた好み。
こちらは成田のスゴイ農家さん、上野さんが育てたお蕎麦で、なんと8年前のもの。
眠庵はお蕎麦を最高の状態で数年寝かせ
また違った美味しさに育て上げるということを早くからやっていて
新蕎麦にはない熟成の蕎麦の深みを私に教えてくれた店である。
(ちなみに蕎麦の熟成には「打ってから寝かせる」というものがありますが
 もちろんそれとは全く別物です)
そしてこれはかなりコシが強い!
昔は眠庵の蕎麦と言えばなんとも尊い儚さの中に凛としたコシがある、
宝物のような食感が魅力だったが
年々食感がたくましく、太さも昔よりは太くなった。
そんな変遷もまた楽しく、しっかり噛み締めることができる分
その魅力に耽溺できる時間も深く長くなったと言うものだ。
ちなみにこの上野さんの千葉在来のお蕎麦、
元は常陸秋そばらしい!
お引越し先の土でさらにたくましく美味しくなっていますね〜♡




2枚目
埼玉(常陸秋そば)2012年産
IMG_5420.jpeg

蕎麦会では一枚目のみが店主の盛り付けで
笊は据え置きのまま、2枚目以降は小鉢に盛り付けられた蕎麦が運ばれてきて
それを各人が笊の上でぐりんっとひっくり返して盛り付ける。
よってここから盛り付けは私なので
いまいち写真映えしないものもありますがお許し下さいませ〜
(そんなに蕎麦の肌とかラインとかガン見しているのは私くらいかと思いますが笑)

IMG_5423.jpeg

一枚目よりぐっと優しそうな姿。
これなんと、今は亡き川越の
「三たてそば やじま」の矢島さんが育てたお蕎麦なんです!!
(矢島さんは自分で育てたお蕎麦を打ってお店で出している「農家のお蕎麦屋さん」でした)
2012年、亡くなった年のお蕎麦が、今こんなにもフレッシュな香りをほとばしらせて
私の前にある・・・
濃厚な香ばしさが素晴らしく、
その中には白いクリーミーなイメージもあり、
食べているとそれが余計中からあふれまくってくるのがたまらない。
なめらかなでややむっちりした舌触り、程よいやさしいコシ。
お店でいろいろお話ししてくれた矢島さんのことを思い出しながら
このたまらない香りに酔う。
やじまさぁーん・・・ものすごーーーく美味しいですよ〜!!
こんな素敵な幸せを、ありがとうございます〜〜
矢島さんにも、眠庵の店主にも感謝。



3枚目
富山(とよむすめ)
IMG_5426.jpeg

在来種が多い富山ですが
この「とよむすめ」は「もとは葛生在来だけど新潟が作り始めた品種」
とのことです。
今までの2枚に比べると粗挽きで逞しそうな見た目?

IMG_5427.jpeg

と思いきや、お米のような豊かなふっくら香りの中に
在来らしいたくましさがチラリ見え隠れする感じ!
味わいは意外とすっきりで、ぬるりとろり、ぬめりが強い、コシも強い。
ぬめりのせいか輪郭線なくまあるい印象。
はあああ〜 豊かな優しさに抱かれて私までとろけそうです〜
美味しいよう〜〜




4枚目
栃木(常陸秋そば)2023年新蕎麦
IMG_5431.jpeg

なんと本日初の新蕎麦であります。
「新も良しひねもまた良し人と蕎麦」
とは拙作でありますが、新蕎麦には新蕎麦の魅力があるので楽しみ!


IMG_5436.jpeg

まず、新蕎麦かどうかとかより
私はこの益子の農家さん、鈴木さんのお蕎麦のファンなので
やっぱりたまらないですねええええーーー!!
香ばしさ、ふくよかさ、甘さ、全てがあって飛び出さない、この抜群のバランスの良さ!!
味わいも上品ながらしっかりあり、
完璧と言っていい美味しさに毎度のことながらノックアウトされる。
近年の眠庵らしい、もっちりしたコシをかみしめ、そこから溢れる豊かな幸せにひたる。
ああああ幸せだああ〜〜〜〜



5枚目
宮城(秋保在来)2006年
IMG_5440.jpeg

なんとびっくり、これは17年も前のお蕎麦なのだ。
秋保にあった伝説の超名店「たまき庵」の蕎麦。
私にとってもたくさんの思い出の詰まった「たまき庵」だけに
見つめているだけでもう胸がいっぱいである。


IMG_5444.jpeg

ウワ
 
うわわわわわわ!!!
なんちゅう面白い香り〜〜〜!!

麦茶から甘さを取り除いたような、と書くと意外と平凡そうに感じるかもわからないけど
全く嗅いだことのない不思議な香ばしさ!!
味わいも独特で、舌にのせただけですでに個性的な甘さを感じる。 
(店主曰く「トロピカル」だそうだが私は要素は感知できず)
しかし噛み締めると不思議と甘さはそんなにない。
面白い美味しさ!!
そしてそんなに古いお蕎麦とは全く思えない!!
シンさんどうしてるかなあ・・・(寂)




6枚目
福井(大野在来種)2022年

IMG_5446.jpeg

すんなり明るく柔和な姿。
いやー!これも香りそうだなあ〜!!

IMG_5447.jpeg

キターーーーー
もうもうもう、たまらないとしか言いようがない。
男性らしい強烈な香ばしさ、ふくよかさの中に
豊かな優しいまろやかさも感じる香りが最高すぎる。大好きすぎる!!
味わいは優しいのが優しいままじわーっと後をひく感じが在来らしい。
そしてこれもぬめり強めで、ぬるりむっちり、迫力ある豊かな質感。
やっぱりさー、福井のお蕎麦は美味しいよね〜!!♡
福井大好き!と4分の1福井の血が流れていることを
あらためて誇りに思ってしまう私なのでした(≧∇≦)



7枚目
北海道(キタワセ)2021年
IMG_5453.jpeg

出たーー!
これは最近何度か眠庵で出会っている
有名な「名寄の問題児」蕎麦(≧∇≦)
なにしろ変わり者なんです、面白すぎるんです!
見た目からもただモノじゃない迫力が、なんとなく伝わるような・・・


IMG_5454.jpeg

おおお〜
この濃厚な香ばしさが暴れ散らばった感じは、まさに野生児そのもの。
参加者からは「歯茎にくる」とか「酸味がある」という感想が聞かれたが
私にはいわゆる素朴な蕎麦の美味しい味わい、その下の方を支える苦みが感じられた。
苦味の中にジワーッとした生命力の強さを感じ、しかもそれが口の中に残る。
とにかくこんなキタワセはありえません!!
キタワセと思うとますます可笑しすぎます。すごいなあー!!





8枚目
埼玉(内緒の品種)2016年
IMG_5458.jpeg


8枚のお蕎麦の順番も練りに練って出してくる店主だけに
毎回トリのお蕎麦はすんごいのが出てきます(≧∇≦)
今回は埼玉・三芳!!


IMG_5461.jpeg

こーれーがーねーーー!!!
普通にぼんやり食べたら、素晴らしく濃厚な香りの、ただただ美味しいお蕎麦なんです。
しかし、とにかく目の前にあるお蕎麦の香りを全部ぜんぶ吸い込みたいっ!!
という強烈な本能がDNAに書き込まれてしまっている私には
この個性にどびっくり!
なんちゅうか、ものすごーーーく言葉は悪いですがバンドエイドみたいな?
突き詰めればアンモニアみたいな?超個性的な香りの要素を持っている。
こういう悪い例えは私はやむをえずよくしてしまうのだが(例・カビとか古い家とか。ひどいね笑)
決してその蕎麦の品質が悪いわけではなく、
そういう変わった香りの個性を持った穀物ってあるんです!
(塩素州のするキャベツとかと同じかと〜)

ごちゃごちゃ書きましたが、これだけ変わった個性でも、
最初に書いた通り普通にぼんやり食べてたら全く気がつかないと思います。
というか蕎麦汁をつけて食べたら絶対にわかりません笑。
ただただ美味しいお蕎麦です!
味わいは意外にもスッキリで、でも甘さだけはしっかり。
今日の中では質感固めなお蕎麦でした。
いやー、今回のトリは面白いのが来たなあ〜!





8枚食べてもう幸せいっぱい。
血中蕎麦粉度と美容、健康、機嫌指数が正比例する私は
これ以上ないくらい満ち足りた気分で
今宵の魅力溢れるお蕎麦たちとの邂逅の思い出にうっとりと浸る。

しかし宴はまだまだこれから。

テーブルの上にはマンハッタンのように林立する持ち寄りの銘酒。

そしてこれから、食通のメンバーが選びに選んだおつまみが
ドコドコ出てきますよ〜〜



幸せな夜は長い。







<おまけ>

IMG_5469.jpeg
当日は眠庵開店記念日だったので毎年恒例化している常連さんからの贈り物。
谷中「薫風」の特大どら焼き♡



IMG_5467.jpeg
私も毎年ケーキを買ってお祝いをプレートに手描きしてます
今回は建物築100周年のお祝いを兼ねていました〜




posted by aya at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の蕎麦>千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月28日

お魚山登頂!!

 
登山の帰りにすごいの食べた

IMG_7908.jpeg





posted by aya at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする