2019年03月24日

神奈川・天王町「蕎麦cafe 粉々奈」


弥次さん喜多さんよろしく東京から品川方面に下っていくと
川崎あたりで蕎麦不毛地帯が始まり横浜あたりでそれが極まる。
といつも思っていた。
実家が横浜なのでつい地元に期待したくなるせいもあるかもしれない。


それが、知らぬ間にこんな店が出来ていて驚いた。


IMG_1389.jpg

相鉄線で横浜から各駅3つ目の駅「天王町」駅、駅前。
(余談だが相鉄線というのは急行になると横浜から近い8駅を全部飛ばして
あとの8駅は全部止まるという乱暴な電車である。)



IMG_1390.jpg




蕎麦カフェ&バー?
手打ちなのかな?
お蕎麦おいしいのかな?

とやや不安になりつつも
蕎麦に関してのみ抜群の嗅覚を誇る自分を信じて近づくと


IMG_1392.jpg


駅前が大工事中ということもあって、やや寂しい雰囲気のビル。。

気を強く持って階段を上がると


IMG_1395.jpg


ええええ なんかすごい雰囲気?

と思ったら違った。
お店、ここを開けるんですか?


IMG_1394.jpg




中に入ると、あんれ まー!

IMG_1397.jpg


IMG_1403.jpg


ほっこりかわいい家具や照明、ゆったり流れるジャジーなボサノヴァ・・・
突如現れたすてきな空間に大喜び。

なにここカワイイ〜〜 すっごい好きーーーー!



しかもこの可愛さなのにメニューがヤバイ♡


IMG_1402.jpg

まず1番にささやく言葉が「豚のモツ煮こみ」って。
完全に私を口説きにかかってますね?
春カキフライってなにー! 泣きそう。

そして見捨ておけないこちらの黒板。


IMG_1399.jpg

「合鴨とネギのアヒージョ」
「ひとくちウニたっぷりクリームコロッケ」

などの甘いささやきも気になりますが、なんたってかんたってこちらでございます!!

IMG_1401.jpg


きゃあ〜〜〜〜〜 やっぱり手打ちだあ!北空知だってー♡


もうもうもう、とにかくお蕎麦食べます!せいろいきます!
お蕎麦のメニューはどこですかぁ〜〜?


IMG_1409.jpg



おおっなんかいろいろ美味しそうなメニューがあるようですが
もう蕎麦しか見えない私には「せいろ」しかありえません。
でもお腹も空いてるしお蕎麦だけではナンなので「天せいろ」にして
まずせいろだけ食べてデザートに天ぷら食べよう!(おかしいのでは)

すみませ〜〜ん、「天せいろ」お願いします〜〜

と大暴走して注文した後にこんなページがあることに気がついた。

IMG_1406.jpg

IMG_1407.jpg

IMG_1410.jpg


がぁーーん

なんかいろいろ美味しそうなものがいーっぱいあるんですけど・・・

早まったか自分、という思いもあれど
やはり一番会いたい人(蕎麦)といかに最善の形で会うか、
ということを考えれば私の選択は正しかったのだ。


IMG_1414.jpg

おおおおお

ちょっとちょっと、これは期待以上ですよ!?!?




IMG_1422.jpg

IMG_1435.jpg

ふわぁーーーーっっと軽やかにふんだんにかおる野生に満ちたやや鋭い香り。
これはもう言われなくても思いっきり北海道とすぐわかります。
二八らしいあまい香りがその野生を優しく支えていて
そのバランスが素晴らしい。
口に含むと意外に密な質感、しっかりとした舌触りなのだが
噛み締めると硬さはなく絶妙なコシがある。
全体に軽やかフレッシュで、大変美味しいお蕎麦である。

蕎麦汁はちょっと不思議な個性。
甘ったるくもなく出汁も良い香りでおいしいのだが
ふしぎなずっしり感、濃さ。
たくましいのではない、このマイルドなずっしり感、あまり出会ったことのない感じ。


お蕎麦に食いつきすぎて天ぷらのアップを撮り忘れてしまったが
天ぷらがまた美味しくてびっくり。
いわゆる蕎麦屋の天ぷらより天ぷら屋の天ぷらに近い、
薄衣がふんわりさっくり、キスなんか本当に一流店なみの繊細な美味しさだった。
エビもこんなに大きくてお蕎麦もしっかり量がありこの値段は安い。


量しっかりと書いたが大盛りにするとこうなる。

IMG_1419.jpg

どどーんとすごい山盛り。

これは「つけ肉そば」なのだが、これまた悶絶の反則技である。


IMG_1417.jpg

ぴぴぴぴぴーーーー!!
こともあろうに生卵をつけるとは!
そんなの美味しいに決まってます、ズルイです、超反則です!!

甘辛のがっつりウマイ肉汁と生卵・・・
米久のすき焼きと手打ちそばがいっぺんに口の中を奇襲してきたかと思いました・・・
ぶたにくばんざい!



食後の蕎麦湯のこの眺め。
かわいいインテリアの中で眺める蕎麦湯って・・・
幸せすぎる。

IMG_1448.jpg


幸せ余って先ほどから黒板で気になっていメニューを頼んでみることにしました。

「自家製そばチーズケーキ」

甘いものは9割がた苦手の私なんですが、お蕎麦が入ってると
猫にマタタビ高遠に蕎麦粉・・・


IMG_1450.jpg


えっ
なんですか そのうしろのビンは?


IMG_1452.jpg



ぎゃーーーーーーーーーー

店主さん!なにがしたいんですか!
完全に口説かれました。もう食べる前から倒れそうです。
こんなの絶対に好きに決まっています。
なんたって私蕎麦茶を鼻の下に貼っておきたいくらい
蕎麦茶の香ばしさが大好きなんです!!
(蕎麦茶は蕎麦の実を炒ったものなのでお茶というより穀物。
なぜ蕎麦だとこんなにも鮮やかに身体反応するのか本当に不思議です)


すみませんが欲望に任せてフリフリさせていただきます。

IMG_1455.jpg


おいひーーーーーーーー!!

もうね、もうね、問答無用に美味しいです!!
ぎっちりねっちりしたチーズケーキ。
それそのものに蕎麦の香りがするかどうかはよくわからなかったのですが
(蕎麦茶ふりすぎて (^^;) )
とにかくこの蕎麦茶が反則すぎます。合いすぎます。

告白いたしますが写真では上品にかけていた蕎麦茶、
ほんとうはこのあと一口ごとに追加爆フリフリしましたごめんなさい。



帰り際には小柄な女性が対応してくれ、その人が蕎麦を打っている店長さんと聞いてびっくり&なるほど!

こんな人がここで毎日バンバン蕎麦を打ちしているというのは意外であり、
このほっこり素敵な店の雰囲気、あれもこれも頼みたくなる珍しいメニュー、
そしてあのちょっと個性的だった汁などは女性店主ならではなのだな、と嬉しくなった。


ここなちゃん!(と呼びたくなる)

今度はぜったい夜来てあれもこれもいっぱい頼むからね〜〜〜
楽しみ!!




IMG_1441.jpg


posted by aya at 13:02 | Comment(0) | 関東の蕎麦>神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

小岩オルフェウスライブ♡ありがとうございました


E5BC9CF3-F381-4E4A-8496-183FBCBCF3F5.jpg


昨日のドラムシンフォニー@小岩オルフェウス、
たくさんのご来場ありがとうございました!

とっても楽しいライブでした〜!


楽器としての出演の私は人形っぽさを演出して座って歌ってみました(^^)


3482FDB2-DE78-4C5A-843E-DC94A40EC8B7.jpg



次回もお楽しみに♡




posted by aya at 12:03 | Comment(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

3/1 シアターオルフェウス


<ライブ出演のお知らせ>

あろうことかこの私が、こんなモノスゴイユニットに参加させていただくことになりましたー!



スキャン.jpg



スキャン 2.jpg



わくわく♪わくわく♪


3/1シアターオルフェウス@小岩、

是非いらしてくださいね。
posted by aya at 01:20 | Comment(0) | aya>お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

国立「そば芳」


久しぶりの店に来ると、
その店に流れている時間と、
自分に流れている時間というものを思う。
その二つが確かに重なるのが、その店にいる時間なのだ。

前回私がこの「そば芳」の暖簾を出てから
この店にはいろんなことがあって、店は新しくなって
私にもいろいろなことがあった。

私はこの店の蕎麦に会いたくてまたここに戻ってきて
今日もほんの数十分だけ、二つの時間が重なるのだ。


IMG_7026.jpg

新しくなった店の外観にはなぜか店名がない。
外からは店の中の様子は伺えず
「営業中」と書いてあってもやっているのか不安になる。
ブランコ通りという小さな可愛らしい商店街にはクラシックピアノ曲がぽろぽろと流れ
夕暮れのこの時間はたまたまなのか人通りもない。


少し心細くなりそっと扉を開けてみると、こうなっていた。

IMG_7062.jpg

店は2階らしい。

2階に上がると小さなカウンターに先客がいた。
店主がいらっしゃいませとぽつりと言って迎えてくれ
すぐ厨房に消えた。

深いけれどすこしかすれたような店主の声。
師走のラジオの音。
年越し蕎麦の張り紙。


IMG_7028.jpg

IMG_7029.jpg


ああこんな日はぬる燗に「天ぷら」とか、「かきあげ鍋焼き」とかいいよなあー、
と思いつつ、一人でお酒を飲むほどではない「酒量だけは小鳥」な私。
結局いつものオーダーをして(寝言でも言いそうな「せいろ一枚」)
この店の時間を眺める。


IMG_7061.jpg


IMG_7034.jpg


客席は綺麗にととのえられていたが、私の席からは作業スペースが丸見えだった。
年の瀬でやたらに賑やかなラジオの音のせいもあり、店はなんとなく雑然とした印象ではあった。


しかし「せいろ」が運ばれてきて私はハッとした。



時流れて再び対峙した「そば芳」の蕎麦。

その盆の内側の、店主が守り抜いて来た美意識の完全さに
私は心打たれ、しばし見入った。


IMG_7042.jpg



茶の湯の道具の景色にも劣らぬ、盆の内側の世界。

IMG_7045.jpg


ストイックなまでにシンプルな木のせいろ。
楕円の盆。箸の置き方。
それぞれに個性的でありつつゆるぎない美を感じるところが
ますます茶の湯を連想させた。
賑やかなラジオの音、盆の外側の世界との対比が鮮やかだ。



IMG_7046.jpg

極太だった以前からすると拍子抜けするほど、
「やや太」くらいになった「そば芳」のせいろ。
輪郭線もやわらかく、やさしそうに重なっている。

IMG_7047.jpg

鼻腔を吹き抜ける、深い香ばしさ。
甘くない、男性的な印象の美しい香ばしさの海に引きずり込まれ、
ラジオの音が聞こえなくなる。埋め尽くされる。

噛み締めるとこれまたびっくり、やわらかジューシー!
ジューシーというと聞こえは悪いかもしれないが
ややネチッとした質感ながら重さが全くない、密度を感じない軽やかさで
その軽さがみずみずしさの中にあるため
噛みしめるたびにやわらかジューシーな印象を受けるのだ。

食感は軽いが香りも味わいもずっしり深い。
なんて香ばしい、なんて美味しい、と追いかけるうちに
あっという間に食べ終わってしまった。


蕎麦湯はあらかじめ盆の上にセットされた小さな湯桶に入っている。
蕎麦汁はこっくりと甘めの汁だ。



気がつくと蕎麦を食べる私を店主が面白そうに見ていた。
「お箸、自分のを持ってるんだー」。

話しかけられたついでに
「お蕎麦、細くなったんですね」と聞くと、笑いながら、
「歯が悪くなっちゃって」。

すこしかすれた、深い店主の声。


そうだったんだ・・・
自分の歯が悪くなってしまったから
この店の蕎麦の最大の特徴だった、あの極太をやめたんだなあ

でも、自分が素直を美味しいと思うものを作るっていいな。


店を出た私は
自分が美味しいと思うものをあの場所で作り続けている店主のことを思いながら
また次にここに来る時まで、私の時間を歩き始めた。










復活♡

かんぱーい!


812939F4-7BEA-4EEA-8BB7-E37C4D13CEB3.jpg


ついに快気祝いでございます。


4B6317FE-A7D4-476B-9109-07EE27751074.jpg



死んでるんではないかと思われるほどシ〜〜〜ンとしておりましたが、実は期間限定で闘病しておりましたとさ!


キョーレツな風邪のようなものなのですがとにかく劇症型で、高熱+その他症状いろいろ+強い薬の副作用という三敵と三ヶ月間闘いまくり、もうヘロヘロのへなへなでしたが、お蕎麦を食べればこの通り (≧∇≦)/
健康のありがたさと歌える幸せ(今日も昼間リハでした)に感謝しつつ・・・蕎麦湯お代わりください♡




952167CC-B861-407C-B016-E70A8BAFD6E1.jpg

392209B7-B97E-42E1-AAC1-F13998B4B41C.jpg

071D15A8-B6E7-42DB-A53D-12FDD1E8BA5A.jpg
posted by aya at 00:10 | Comment(0) | aya>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする